4Kアンテナは不要?既存のBS/CSアンテナで4K放送を楽しむ方法

2021.02.25

4K放送は既存のアンテナでも見られる?!

「4K放送を見たいけど、4Kアンテナは本当に必要?」

じつは、既存のBS/CSアンテナでも4K放送を見ることはできます。

4K放送の一部のチャンネルは既存のBS/CSアンテナでも見られるため、一部の4K放送だけでよければ4Kアンテナにわざわざ買い替える必要はないのです。

この記事では、4Kアンテナと既存のBS/CSアンテナで見られる4K放送の違いや、4Kアンテナのおすすめ商品、4Kアンテナを自分で設置する方法など詳しくご紹介しています。

この記事を読めば、4Kアンテナに無駄なお金をかけずに4K放送を楽しむことができますよ。

0120-949-337

一部の4K放送を見るだけなら4Kアンテナは必要ない

一部の4K放送を見るだけなら、既存のBSアンテナがあれば4Kアンテナは必要ありません。

4K放送は、「右旋」「左旋」で視聴できるチャンネルが異なります。

右旋 …… 従来のBS放送が使用している電波
左旋 …… 新しい4K8K放送が見られる電波

4K放送の一部は「右旋」を使用して放送しているため、一部の放送だけでも良ければ4Kアンテナは必要ないのです。

電波 右旋 左旋

では右旋ではどのような4K放送のチャンネルが視聴できるのでしょうか。

右旋(既存のBSアンテナ)で視聴できるチャンネル

  • NHK BS4K(別途受信料)
  • BS朝日4K
  • BSテレ東4K
  • BS-TBS 4K
  • BS日テレ4K
  • BSフジ4K

右旋の4K放送は、無料で見ることができます。ただし、NHKの受信料は別途必要です。

4K対応のテレビやチューナーなどの対応機器を購入すれば、既存のBS/CSアンテナで右旋の4K放送が見られるようになります。

左旋(4K8Kアンテナ)で視聴できるチャンネル

無料のチャンネル

  • ショップチャンネル 4K
  • 4K QVC
  • NHK BS8K(別途受信料・8K対応機器が必要)

有料のチャンネル

  • ザ・シネマ 4K
  • WOWOW(4K)
  • J SPORTS 1(4K)
  • J SPORTS 2(4K)
  • J SPORTS 3(4K)
  • J SPORTS 4(4K)
  • 日本映画+時代劇 4K
  • スターチャンネル 4K
  • スカチャン1 4K
  • スカチャン2 4K

左旋の4K放送には、無料のチャンネルと有料のチャンネルがあります。左旋の放送を見るには、4K対応のテレビ、チューナーなどの対応機器、4Kアンテナが必要です。

右旋の4K放送だけでも良ければ4Kアンテナは不要ですが、左旋の4K放送で見たいチャンネルがあるなら、4Kアンテナに買い替えましょう。

もし、まだBS/CSアンテナを設置してないようでしたら、最初から4Kアンテナを設置しておくことをおすすめします。

今後、視聴できるチャンネルは増えていていきます。将来見たいチャンネルが増えることも考えられるため、新しく設置するなら4Kアンテナがおすすめです。

ちなみに地デジの4K放送はしばらくありません。少なくとも2025年頃まで続く※と考えてよいでしょう。

※参考:総務省「4K8Kの政策 -4K放送・8K放送の推進-」

既存のBS/CSアンテナが4K対応か確認する方法

今設置しているBS/CSアンテナが4Kに対応していれば、そもそも4Kアンテナを購入する必要はありません。

4Kアンテナかどうかは、簡単に見分けることができます。

  • アンテナに「4K8K」の文字が付いているか
  • QVCチャンネルが映るか

この2つを確認してみましょう。

アンテナに「4K8K」の文字が付いているか

今設置しているBS/CSアンテナの本体を見てください。

アンテナ本体に「4K8K」と書いてあれば4Kアンテナです。

BS/CSアンテナが屋根上や壁に設置してあり、確認が難しそうでしたら、次の方法を試しましょう。

4K8K対応BSアンテナ

QVCチャンネルが映るか

テレビのリモコンの「CSボタン」を押して、「QVC」を選択してみてください。

QVCとは、4K放送のテレビショッピング番組のことをいいます。QVCが視聴できれば、4Kに対応しているアンテナであることがわかります。

すでに設置しているBS/CSアンテナが4K対応かどうかわかりましたか?

もし対応していなかったら、4Kアンテナを新しく購入し、交換しましょう。4Kアンテナの設置や交換は自分でも簡単におこなえるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

SHマーク付きで安い!4Kアンテナおすすめ商品

4Kアンテナは、インターネットで気軽に購入できます。

4Kアンテナを購入するときは、「SHマーク」が付いているか確認しましょう。

SHマークとは、一般社団法人電子情報技術産業協会が認めた衛星アンテナ・受信システム機器に付けられるシンボルマークのことをいいます。

SHマーク

引用:AVC部会|SHマーク/DHマーク/HSマーク

4KアンテナにSHマークが付いていれば性能が高い証明になるため、安心して使用できるでしょう。

今回は、SHマークが付いている有名メーカーの商品のなかから、価格が安いおすすめ商品をご紹介します。

交換するならDXアンテナBC453S:5,752円~

既存のBS/CSアンテナから4Kに交換するだけなら、単体の商品がおすすめです。

単体の商品は、基本的に取り付け金具や同軸ケーブルは付いてきません。

取り付け金具は、現在使用しているものをそのまま使っていただけます。

同軸ケーブルは、4K対応のものに交換しなければいけません。同軸ケーブルは単体の商品だと付いていないことがほとんどですので、別で購入しましょう。

単体の4Kアンテナは、以下の商品がおすすめです。

DXアンテナ BSアンテナ 【2K 4K 8K 対応】 45cm形 BS・110°CS アンテナ BC453S

Amazon価格 5,752円
楽天価格 6,180円

※上記の金額は2022年3月3日時点の金額です(税込み)

付属品
・F型接栓・防水キャップ・固定バンド

DXアンテナは、テレビ用の受信アンテナ等を製造・販売している有名なメーカーです。
こちらの商品は、SHマーク付きの4Kアンテナのなかでも特に価格が安いおすすめの商品です。

Amazon、楽天で比較したSHマーク付きの4Kアンテナ商品(クリックで開閉できます)

・マスプロ 4K・8K放送(3224MHz)対応 BS・110°CSアンテナ BC45RL 

Amazon価格 6,349円
楽天価格 6,219円

・日本アンテナ 4K8K対応BS/110度CSアンテナ(シロ) 45SRL 2181680

Amazon価格 15,020円
楽天価格 9,595円

新設するならDXアンテナBC453SCK:8,839円~

これから新しく4Kアンテナを設置する場合は、取り付け金具や同軸ケーブルなどがセットになっている商品がおすすめです。

必要なものはすべて揃っているため、何も用意する必要はありません。

セットになっている4Kアンテナは、以下の商品がおすすめです。

DXアンテナ BSアンテナ 【2K 4K 8K 対応】 45cm形 BS・110°CS アンテナ BC453S

Amazon価格 6,250円
楽天価格 6,059円
付属品
取り付け金具、ステップル5個、防水キャップ、固定バンド、スパナ、同軸ケーブル(15m)

同じDXアンテナの4Kアンテナです。こちらもお値段がお手頃でSHマークが付いている安心できる商品です。

こちらの商品は、レベルインジケーター付きも選べます。レベルインジケーターとは、電波が強い角度が簡単にわかる機器のことをいいます。

レベルインジケーター付きの商品は珍しく、他のメーカーではあまり見かけません。

お値段は少し高くなりますが、レベルインジケーターがあれば難しい角度調整も簡単にできるため、初めての方はレベルインジケーター付きの商品を選ぶとよいでしょう。

4K放送を見るのに必要なアンテナ以外のもの

4K放送を見るときは、4Kアンテナ以外にも以下のものを用意しましょう。

  • 4Kに対応しているテレビ
  • 4Kチューナー(テレビに内蔵されていない場合)
  • 4K対応のアンテナケーブル

それぞれ順番に解説していきます。

4Kに対応しているテレビ

4Kの映像を映し出すためには、4Kに対応しているテレビが必要です。

4Kに対応しているテレビには、「4Kテレビ」「4K対応テレビ」があります。

4Kテレビ …… チューナー内蔵
4K対応テレビ …… チューナーが内蔵されていない

4K対応テレビは、4K放送が本格的に始まる前に販売されていた4Kテレビです。

4K対応テレビの場合、チューナーを別で購入しなければなりません。

現在はチューナー内蔵の「4Kテレビ」が多く販売されているので、どちらを購入したらいいか迷ったら「4Kテレビ」を選んでおけば問題ないでしょう。

4Kチューナー(テレビに内蔵されていない場合)

4Kチューナーは、4Kアンテナが受信した電波を映像化する機器のことをいいます。

先ほどお伝えしたとおり、チューナーが内蔵されていない4対応テレビを選んだ場合は、チューナーを別で購入する必要があります。

4Kチューナーには、番組録画ができたり、YouTubeなどのアプリを視聴できたりする機種があります。

4Kチューナーを購入するときは、使用する目的に合わせて選びましょう。

4K対応のアンテナケーブル

アンテナケーブルも、4K対応に買い替える必要があります。

左旋の4K放送は2224 MHz~3224MHzの周波数を使用するため、3224MHzまで対応しているアンテナケーブルに交換する必要があるのです。

▼4K対応アンテナケーブルのおすすめ商品

ホーリック アンテナケーブル S-4C-FB同軸 3m 【4K8K放送(3224MHz)/BS/CS/地デジ/CATV 対応】 ホワイト L字差込式/ネジ式コネクタ HAT30-921LS

Amazon価格 552円
楽天価格 670円

※上記の金額は2022年3月3日時点の金額です(税込み)

こちらの商品は、それぞれの先端がストレート、L型になっているアンテナケーブルです。L型をアンテナ端子に接続すれば、壁に沿わせることができるため、狭い隙間でも場所を取りません。

また、ストレート側がネジ式になっているため、引っ張ってしまっても外れにくい構造になっています。

4K放送を見るのに必要なものは以上になります。すべて揃ったら、4Kアンテナを設置していきましょう。

4Kアンテナの設置方法は2パターン

4Kアンテナの設置方法は、4K放送を「1部屋で見る場合」「全部屋で見る場合」で異なります。

4K放送 配線図(1部屋で見る場合) 4K放送 配線図(全部屋で見る場合)

このように、4K放送を1部屋で見るだけなら、4Kアンテナとテレビをアンテナケーブルでつなげるだけですので、自分で簡単に配線できます。

しかし、4K放送をすべての部屋で見たい場合は、すべての受信機器を4K対応のものに交換しなければなりません。

壁内の配線は素人では難しいので、この場合は業者に依頼するようにしましょう。

当サイトのアンテナ110番では、4Kアンテナの設置・交換がおこなえる業者をご紹介しています。部屋全体で4K放送を見たい方は、ぜひお電話にてご相談ください。

0120-949-337

4Kアンテナを自分で設置する方法

ここからは、4Kアンテナを自分で設置する方法をご紹介します。

従来のBS/CSアンテナと4Kアンテナの設置方法は同じです。まずは必要なものから見ていきましょう。

新設に必要なもの 交換に必要なもの
  • 4Kアンテナ本体
  • コンバーターアーム
  • 取り付け金具
  • 防水キャップ
  • 固定バンド
  • スパナ
  • 同軸ケーブル
  • 4Kアンテナ本体
  • コンバーターアーム
  • 防水キャップ
  • 固定バンド
  • スパナ
  • 同軸ケーブル

新設する場合、全部セットになっている商品を購入すれば、すべて付属品として入っているので安心してくださいね。

交換の場合、取り付け金具は既存のものを使用しましょう。同軸ケーブルは別で用意する必要があります。

次に、4Kアンテナの設置方法をご説明します。

4Kアンテナは、通常ベランダや室内、壁面、屋根上に設置しますが、自分で設置するなら簡単に設置できるベランダや室内の設置がおすすめです。

今回は、4Kアンテナをベランダの手すりに設置する方法をご説明します。まずは全体図をご確認ください。

BSアンテナ 配線図(ベランダ)

設置のイメージがついたら、さっそく設置してみましょう。

4Kアンテナを設置する流れ

  1. アンテナ本体にコンバーターアームを取り付ける
  2. コンバーターに同軸ケーブルを差込み、防水キャップを挿入する
  3. ベランダに取り付け金具を設置する
  4. 取り付け金具のポールの部分にアンテナ本体を取り付ける
  5. 片側の同軸ケーブルをテレビにつなげ、アンテナへの電源供給をオンにする
  6. もう片側の同軸ケーブルとコンバーターを固定バンドで固定する
  7. テレビ画面の受信レベルを見ながらアンテナの方向を調整する

既存のBS/CSアンテナから4Kアンテナに交換する流れ

  1. アンテナ本体にコンバーターアームを取り付ける
  2. コンバーターに同軸ケーブルを差込み、防水キャップを挿入する
  3. 既存のBS/CSアンテナを取り付け金具のポールから外す
  4. テレビ側につなげてあるアンテナの同軸ケーブルを外す
  5. 新しいアンテナを取り付け金具のポールに取り付ける
  6. 片側の同軸ケーブルをテレビにつなげ、アンテナへの電源供給をオンにする
  7. もう片側の同軸ケーブルとコンバーターを固定バンドで固定する
  8. テレビ画面の受信レベルを見ながらアンテナの方向を調整する

4Kアンテナを室内に設置する場合は、室内用の自立スタンドに4Kアンテナを設置しましょう。

▼自立スタンドのおすすめ商品

DXアンテナ 自立スタンド BS・CSアンテナ用 室内でも使える MHF-500

Amazon価格 4,550円
楽天価格 4,399円

※上記の金額は2022年3月3日時点の金額です(税込み)

BS/CS用の自立スタンドは商品が少ないのですが、DXアンテナではお部屋に馴染みやすいデザインのBS/CS用の自立スタンドが販売されています。

4Kアンテナの設置方法は大体わかりましたか?

BSアンテナの詳しい設置方法は「自分でBSアンテナを設置する方法」、室内の設置方法は、「BSアンテナを室内に設置する方法」の記事でも詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

もし、自分で設置するのが難しそうだと思ったら、業者に設置してもらうことをおすすめします。

4Kアンテナ工事の費用相場は39,454円

アンテナ業者に4Kアンテナ工事を依頼するとなると、費用が気になりますよね。

実際に当社にご相談いただいた4Kアンテナ工事費用から計算したところ、39,454円が相場になりました。

※当社実績より算出
集計対象:2018年11月19日~2021年10月4日
対象件数:19件

ただし、工事費用は設置する条件などによって大きく変わります。

実際の施工事例から、費用が安く済んだケースと高くなったケースを見てみましょう。

施工費用が安く済んだケース
BS(4K8K対応)のアンテナの新規設置とテレビのセッティングをしてもらいたい。設置場所はベランダ。
かかった費用:27,500円
施工費用が高くなったケース
BS(4K8K対応)のアンテナの新規設置をしてもらいたい。設置場所は2階建ての屋根上。
かかった費用:49,500円

実際の施工事例を見てみると、ベランダに設置する場合は安く済むことが多いことがわかりました。

反対に、屋根上など高所に設置する場合は費用が高くなりやすいようです。これは、屋根の上など高所での作業は足場が必要になり、費用が高くなることが考えられます。

自分の家の場合どれくらい費用がかかるのか知りたい方は、ぜひアンテナ110番にご相談ください。アンテナ110番では、見積り・現地調査を無料※でおこなっている業者をご紹介しています。

お電話いただければ、対応できる業者をすぐにお探しいたしますので、お気軽にご連絡ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。

0120-949-337

4Kアンテナ工事は過去に助成金制度があった

4Kアンテナ工事は、過去に国の助成金制度が活用できました。

この助成金制度は、従来のBS/CSアンテナから4Kを見るために受信機器(ブースターや分配器など)を交換する際の費用を一部負担してくれるものです。※アンテナは対象外。

助成金の対象となっていた条件は以下のとおりです。

  • 2017年5月11日以前にアンテナを建てた方
  • 事務所や店舗、国・地方公共団体の住宅ではない

助成金制度は2022年1月31日に受付を終了※してしまっているため、現在活用することはできません。

※A-PAB:2021年度 無線システム普及⽀援事業(衛星放送⽤受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業費補助事業)の受付終了について

4K放送をアンテナ無しで見る方法

4Kアンテナを設置すると見栄えが気になる方は、「光回線」「ケーブルテレビ」を利用するのがおすすめです。

1.光回線
光ファイバーと呼ばれる光を通す繊維を使用して、テレビやインターネットが利用できるサービスのことをいいます。通信速度が非常に高いため、テレビだけでなく、インターネットをサクサク利用したい人におすすめです。
2.ケーブルテレビ
光ファイバーケーブルや同軸ケーブルを有線でつないで、テレビやインターネットが利用できるサービスのことをいいます。電波が届きにくいところに住んでいて、テレビを普段からよく見る人におすすめです。

光回線やケーブルテレビは月々の料金がかかってしまいますが、アンテナ無しで4K放送を見たい方はぜひ利用しましょう。

まとめ

右旋の4K放送だけを見るなら、4Kアンテナを買わなくても既存のBS/CSアンテナがあれば見られます。

ただし、左旋の4K放送を見るなら、4Kアンテナが必要になるため、買い替えましょう。

4Kアンテナは、DXアンテナの商品が安くておすすめです。

4Kアンテナの設置は自分で簡単にできるため、ぜひチャレンジしてみてください。

もし、全部屋で4K放送を見たい場合は、屋内の受信設備をすべて4K対応のものに交換する必要があるため、アンテナ業者に任せましょう。

アンテナ110番では、4Kアンテナの設置や交換などアンテナに関する工事のプロをご紹介しています。アンテナ業者をお探しの際は、ぜひアンテナ110番にご相談ください。

テレビアンテナの取り付け・工事ならアンテナ110番にお任せ!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-949-337

利用規約プライバシーポリシー

CM

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

即日対応可能です!お見積り後のキャンセルも可能!

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK!0120-949-337 メールで無料相談

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。