屋根は4寸勾配がおすすめ!計算された角度でトラブルのない屋根に

住宅街

家を建てる際、トラブルが起こりにくい屋根にしたいなら4寸勾配がおすすめです。

2寸勾配・4寸勾配・6寸勾配など、屋根にはさまざまな勾配がつけられますが、雨漏りのリスクや施工のコストなどに違いがあります。

どの勾配がよいかは家を建てる人の好みや要望によって異なりますが、デメリットが少なくトラブルのリスクが低いのは4寸勾配です。

本記事では、屋根勾配の違いによるメリット・デメリットや4寸勾配をおすすめする理由について詳しく解説します。
理想の屋根の家を建てるために、ぜひ参考にしてください。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

0120-251-699

フォームで相談する


※1 手数料がかかる場合がございます。一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

電話番号 0120-251-699 0120-251-699

フォームで相談する

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

目次

屋根勾配は大きくわけて3種類

屋根勾配とは、傾斜のついた屋根の角度のことです。
屋根勾配は大きくわけると急勾配・並勾配・緩勾配の3種類あり、それぞれ違った特徴があるのです。
各勾配のメリット・デメリットを知って、理想的な屋根勾配を見つけましょう。

急勾配|6寸勾配以上

急勾配の屋根のメリットは、機能や見た目などさまざまな部分にあります。

角度が付いているぶん、雨水が屋根にたまりにくく雨漏りのリスクが低いことや屋根に高さが出るので屋根裏が広く使えることなどです。
さらに、比較的見た目にインパクトがあるので、デザイン性の高い屋根にしたいという方に最適です。

しかし、屋根の面積が大きくなったり、工事の際に足場の設置が必須だったりするため、工事の費用は高くなります
また、風の影響を受けやすいため、強風などへの耐性が低くなるというデメリットもあるので、覚えておきましょう。

並勾配|3寸・4寸・5寸勾配

並勾配は日本で広く普及している屋根勾配といわれています。

スレートや瓦などさまざまな屋根材にも対応できる勾配なので、好みに合わせた屋根を選択しやすいというメリットがあります。
また、急勾配ほどではありませんが雨漏りのリスクも小さいです。

屋根工事の際は、内容によっては足場を使わないこともあるため、費用が安く済む可能性があるのも重要なポイントです。

しかし、最大のメリットはデメリットがほとんどないということです。
普及率が高いために個性を出すことは難しいですが、それ以外はあまりデメリットがありません。

緩勾配|3寸勾配以下

緩勾配は、費用が安いことが最大のメリットといえるでしょう。
屋根の面積が小さいため材料費などを抑えることができ、工事費用が安くなるのです。
また、高さがなく風の影響を受けにくいという特徴もあります。

ただし、雨やホコリなどがたまりやすい構造のため、雨漏りのリスクは高く屋根の劣化も早くなるおそれがあるので注意が必要です。

さらに、緩勾配では屋根材の選択肢が狭まります
屋根のデザインにこだわりのある方は、選択肢の広い別の勾配を選んだほうがよいでしょう。

屋根勾配は4寸勾配以上がおすすめ

並勾配はデメリットが少なく屋根材の選択肢も広い人気の高い勾配です。
では、なぜ屋根材の選択肢が多いのかを解説します。

屋根は素材によって必要最低勾配が決まっているため、使用したい屋根材がある場合はその素材の必要最低勾配以上の勾配をつける必要があるのです。

たとえば、ガルバリウム鋼板などの金属製の屋根材は比較的どのような屋根でも設置可能で、1寸勾配以上あればよいとされています。
そして、スレート屋根は3寸勾配以上、瓦屋根は4寸勾配以上で設置可能です。

このように、4寸勾配以上であればどのような屋根材でも設置することができるため、デザインもさまざまなものが選べます。

家を建てる際はもちろん、リフォームなどで屋根のデザインを変える際にも、4寸勾配以上であれば選択肢が広がってさまざまな雰囲気に変更可能です。

伸び率の計算は業者にまかせれば問題ない

屋根工事をおこなう際には、工事に必要な材料などを考える上で伸び率計算をしなければなりません。

屋根は傾斜が急になるほど、勾配伸び率が高くなり面積が広くなります。
面積が広くなればその分必要な材料が増えるので、正確な費用を導き出すために伸び率計算が必要なのです。

ただし、屋根の面積や伸び率計算については屋根工事をおこなう業者が理解していれば問題ありません
基本的には計算方法を知る必要はありませんが、気になる方は家を建てる際に業者に聞いてみるとよいでしょう。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

0120-251-699

フォームで相談する


※1 手数料がかかる場合がございます。一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

電話番号 0120-251-699 0120-251-699

フォームで相談する

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

まとめ

普段何気なく見ている屋根ですが、勾配が違うだけでさまざまな違いがあると知ることができたのではないでしょうか。

4寸勾配は、屋根勾配の中でももっとも一般的でデメリットの少ないものです。
機能面でも不便はなく、見た目の選択肢も広くなります。
屋根のデザインにお悩みの方は、4寸勾配にして色や素材で個性を出せるよう考えてみましょう。

また、急勾配や緩勾配にしたい方も、特徴をよく知っていればトラブルが起こった際に対処しやすいはずです。
本記事を参考にして屋根勾配について考え、理想の屋根の家を建てましょう。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

0120-251-699

フォームで相談する


※1 手数料がかかる場合がございます。一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

電話番号 0120-251-699 0120-251-699

フォームで相談する

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

LINEでご相談・お見積り承ります
LINEでご相談・お見積り承ります

 

記事が気に入ったらシェア!
目次