アスベスト入りのスレート屋根は撤去時が危険!見分け方と安全な除去方法

屋根

古いスレート屋根にはアスベストが含まれていることがあります。

この記事では、アスベストが使われている屋根の見分け方や、撤去時の注意点を解説します。

健康被害をご心配の方も、ご自身に合った方法がわかり、安心して業者に依頼できるでしょう。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

0120-251-699

フォームで相談する


※1 手数料がかかる場合がございます。一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

電話番号 0120-251-699 0120-251-699

フォームで相談する

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

目次

屋根にアスベストが入っているとなぜ危険?

アスベストは人体への有害性が危険視され、現在では撤去が必要なものとして扱われています。
そのため古いスレート屋根で暮らしている方はなるべく早めに業者に依頼して、屋根葺き替えなどでアスベスト除去をしてもらうのがよいでしょう。

ここでは、アスベストの危険性やアスベスト入りの屋根であるかを見分ける方法について解説していきます。

アスベスト入り屋根のリスクは基本的には撤去時のみ

アスベスト入り屋根のリスクは基本的には撤去時のみ

アスベストとは、「石綿(いしわた)」ともよばれる鉱石です。

屋根の割れを防ぐために、1960~2004年ごろまでスレートタイプの屋根を中心に使われていました。

しかし、アスベストは“繊維がとても細かい”という性質をもっており、施工などの衝撃により飛散しやすいという点が問題となったのです。

この飛散したアスベストの繊維が呼吸により人体に入ると、肺にとどまってしまい、肺がんや呼吸機能障害などの症状がでることがわかってきました。

このように、確かにアスベストは人体に入ると健康被害のおそれがある危険なものなのです。

基本的には屋根の施工時にセメントで固められているため、撤去時以外はそこまで大きな問題になることは少ないでしょう。

それでも、葺き替えをしてアスベストを撤去することをおすすめします。

なぜなら、アスベストが使われている家は老朽化がかなり進んでいる可能性が高く、屋根トラブルが発生しやすい状態になっているからです。
もし屋根の破損や雨漏りなどのトラブルに発展すると、そこからアスベストによる健康被害のリスクが上がるかもしれません。

アスベスト入りの屋根かどうかの見分け方

アスベストはとても危険な素材で撤去が必要なものです。
しかし、すべての屋根にアスベストが使われているわけではないです。

そこで、アスベスト屋根の見分け方をご紹介します。

【アスベスト入りの屋根の見分け方】
  1. スレート屋根やセメント瓦を2006年以前に設置していたか
    2007年以降に設置されたスレートやセメント瓦であれば、アスベストが含まれていることはありません。施工時期を確認してみましょう。
  2. 築15年以上にも関わらず屋根の状態がよいか
    スレートの場合、一般的に15~20年程度が寿命だとされ、15年を超えると通常はひび割れなどが発生してきます。一方でアスベストは耐久性が高いため、ひび割れなどの劣化が起きにくいのが特徴です。15年を過ぎたスレート屋根にひび割れなどが見られない場合、アスベストが含まれている可能性があります。
  3. 国土交通省の石綿データベースなどでの検索結果はどうか
    国土交通省では、家に使われている建材にアスベストが含まれているかを確認するための「石綿(アスベスト)含有建材データベース」をWEB上に開設しています。
    このサイトにアクセスして屋根材の商品名やメーカー名などを入力すると、その屋根材がアスベストを含んでいるかの詳細な情報を確認することが可能です。商品名などは、屋根の建築図面などで確認することができます。

1~3の順で、アスベスト入り屋根である可能性が高いのか探ってみましょう。

また、自宅の屋根にアスベストが使われているかわからないという場合は、アスベストの調査が可能な業者に相談することをおすすめします。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

0120-251-699

フォームで相談する


※1 手数料がかかる場合がございます。一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

電話番号 0120-251-699 0120-251-699

フォームで相談する

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

屋根のアスベストを安全に撤去するための業者選び

屋根のアスベストを除去してもらう場合、施工技術の高い業者であるかを検討時にしっかりと見定めておくことが大切です。
施工技術や実績などがよい業者であれば、アスベストをしっかりと除去してもらえるでしょう。

ここでは、安心して依頼できる屋根リフォーム業者選びについてご紹介します。

アスベスト撤去の資格をもっているか

地域密着型の業者である

屋根葺き替えによるアスベスト解体・撤去の作業には、「石綿作業主任者」という専門的な資格が必要です。
アスベストを業者に依頼したい場合は、あらかじめ業者に確認しましょう。

資格があれば、アスベスト除去に関する知識をしっかりもっている業者であることがわかるので、安心して依頼ができます。

屋根の状態をしっかり調査してくれるか

屋根葺き替えでアスベストをしっかりと除去してくれる業者を選ぶためには、資格だけでなくその業者の技術の高さを見ておく必要があります。

問い合わせやサイトの情報だけでは判断するのが難しいため、一度現地調査を依頼して見積りまで取ってもらうようにしてみてください。

そのとき、築年数だけで工事をすすめてくる業者ではなく、丁寧に現地調査をし、しっかりと調査結果を報告してくれる業者がよいでしょう。

さらに、現場の写真などを見せて細かく報告してくれる業者であればなおよいです。

屋根工事の実績が多いか

「過去にアスベストを施工したことがあるか」などの施工実績を調べることも大切です。

アスベスト除去が得意な業者であれば、自社サイトで実績を紹介していることもあるでしょう。

屋根の工事業者すべてがアスベストの除去工事をおこなっているわけではありません。
屋根のアスベスト除去をお考えなら、現地調査の依頼時にアスベストの除去が可能か相談してみてください。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

0120-251-699

フォームで相談する


※1 手数料がかかる場合がございます。一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。

雨漏りは放っておくと悪化します!そうなる前にすぐにご相談!雨漏り修理110番

電話番号 0120-251-699 0120-251-699

フォームで相談する

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

LINEでご相談・お見積り承ります
LINEでご相談・お見積り承ります

 

記事が気に入ったらシェア!
目次