ゴキブリを完全駆除する方法とは!個人の方や法人向けの徹底対策|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

ゴキブリを完全駆除する方法とは!個人の方や法人向けの徹底対策

ゴキブリを完全に駆除したいのであれば、守らなければいけない3つの手順があります。それは「新しいゴキブリを外から侵入させない」「すでに屋内にいるゴキブリの駆除」「ゴキブリが嫌う環境作り」という手順です。

このような手順を踏まなければいければ、繁殖力の強いゴキブリを完全駆除することが難しくなってしまいます。家のなかでゴキブリを見かけてお困りならば、この手順にそって駆除対策をおこなってみましょう。

当記事ではゴキブリの完全駆除を目指す対策の手順について詳しく解説していきます。この3つの手順を踏めば、ゴキブリのいない家を実現することができますよ。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

ゴキブリは必ず外から侵入してくる!【場所ごとに解説】

ゴキブリはいきなり家のなかで繁殖しているわけではありません。必ずどこからか野外から家のなかへと侵入してきています。

家のなかのゴキブリを駆除しても新しくゴキブリが家のなかに入ってきていては、ゴキブリを完全に駆除することはできません。まずは外部からの侵入を防ぐことが、ゴキブリを完全駆除する第一歩となるのです。

この章では、家のなかでゴキブリが侵入しやすい場所に分けて対策法をご紹介しています。まずは駆除の第一歩として実践してみてください。

場所【1】玄関やベランダ

場所【1】玄関やベランダ

玄関ドアの開閉は外出や帰宅時などには必ずおこないますが、ゴキブリはそのタイミングで気付かないうちに家のなかへと侵入してきます。かといって玄関を開けないわけにはいきません。

玄関ではゴキブリが近寄りたくない環境を作ることが重要です。手軽な方法は防虫効果のある匂いがするものを玄関に置くことでしょう。

ゴキブリは自分にとって有害な柑橘系の匂いを嫌います。ゴキブリはレモンの果汁に数滴触れただけでも、動けなくなってしまいます。レモンに似た匂いのレモングラスのアロマオイルを水で希釈して、スプレーボトルを使い玄関にまいてしまいましょう。

ハッカ油にはレモンに似た成分が含まれていますので、ハッカ油でも効果は高いでしょう。
それでも侵入してきてしまったときに備えて置き型の殺虫剤をおいておけば、家のなかで繁殖を防ぐことができます。

場所【2】エアコンのホース

エアコンのホースは野外とつながっているため、そのホースを通じてゴキブリが家のなかに侵入してくることがあります。とくにエアコンが稼働していない春や秋は注意が必要です。

エアコンの室外機が動いていないため、プロペラに邪魔されることなくゴキブリが入ってきてしまいます。春や秋などのエアコンを使わない時期には室外機はビニール袋などでおおい、ゴキブリが侵入できないようにしておきましょう。

ゴキブリの侵入を防ぐなら、ホースの出口箇所に専用のフィルターを取り付けましょう。すぐに穴を塞ぎたい人は、出入口をストッキングでおおったり、100円ショップで売っているホースの出口を塞ぐグッズを活用たりしてみてください。

場所【3】窓とサッシの隙間

ゴキブリはわずかな隙間があればカンタンに家のなかに侵入してきます。たとえば網戸とガラス窓が1.5mm離れているだけでも侵入できてしまえるのです。

隙間をなくしゴキブリの侵入を防ぐためには、毛が生えているタイプの隙間テープをサッシに貼ってしまいましょう。隙間テープはホームセンターや100円ショップで手に入れることができます。

場所【4】シンク下の排水口

シンク下の排水管がS字でない場合、排水管をつたってゴキブリがシンクに上がってくることがあります。排水管をS字型にすれば、S字部分に水が溜まりゴキブリの侵入を防いでくれるのです。DIYが得意な人ならご自身で取り換えることも可能なので、ぜひ挑戦してみてください。

また、もし排水口内に排水管の匂いを防ぐための防臭キャップがついていなかったらすぐに取り付けてください。防臭キャップは匂いを防ぐだけでなく、ゴキブリの侵入も防いでくれる重要な部品です。

ゴキブリの侵入経路をご紹介してきましたが、なかなか時間がなく自分で対策を講じることが難しい方もいらっしゃるかもしれません。そのようなときは、ぜひ弊社までご相談ください。

弊社はゴキブリをはじめとする害虫駆除を得意とした業者をご紹介しております。ご紹介する業者がご自宅まで伺い、入念な現地調査をおこなったあと効果的な駆除・対策をおこないますので、安心してご利用ください。

すでにいるゴキブリを駆除!【4つの駆除方法】

新しいゴキブリの侵入を防ぐことができたら、次は家のなかにいるゴキブリの駆除です。ゴキブリの駆除方法は大きく分けて4つありますが、どれかひとつに絞るのではなく、複数の対策を合わせておこなうほうが効果的です。

「ペットがいるので毒性が強いものは使いたくない」「ゴキブリを直接見たくない」など、それぞれの状況に合わせて、駆除方法を選択してみてください。

方法【1】ゴキブリ捕獲器で駆除

方法【1】ゴキブリ捕獲器で駆除

ゴキブリ捕獲器とは、粘着シートの真ん中にゴキブリが好きな匂い(誘引剤)を仕込んで捕まえるアイテムです。薬剤を使用していないので、薬剤耐性のあるゴキブリにも有効です。

捕獲器のなかにゴキブリがいるのを確認したら、すぐに捨てるのではなくしばらく置いておいて様子を見てください。ゴキブリは仲間のいるところに集まる習性があるため、さらにゴキブリを捕獲することができるかもしれません。

方法【2】くん煙剤で駆除

ゴキブリは狭い隙間に潜んでいるため、なかなかまとめて駆除することができません。そんな際に適しているのがくん煙剤です。殺虫成分のある煙を部屋中にいきわたらせ奥に潜んでいるゴキブリも駆除します。

部屋中に煙がいきわたるため、以下の物品は直接煙がかからないように新聞紙や布をかぶせるか、ビニール袋に入れてください。

【品目】
家電製品、食器、飲食物、寝具、カバン、おもちゃ、楽器、仏壇、はく製、美術品
※ペット(犬、猫、水槽、観葉植物)などは部屋の外に出し、処理後に十分換気をおこなってからもどすようにしてください。

賃貸の場合は火災報知器が鳴ってしまうとマンション全体で騒ぎになることがあります。使用の際には事前に管理者に相談しておきましょう。また、火災報知器は誤作動を防ぐために、ビニールでおおっておきましょう。

準備ができたら商品の手順にそって煙を発生させます。

【くん煙剤の使い方】

  1. 窓を閉めて密閉空間にしておく
  2. くん煙剤のフタをはがす
  3. 袋を開け中身を確認する
  4. 報知器の真下はさけて、なるべく部屋の中央にくん煙剤を置く
  5. 容器の規定値まで水を入れる
  6. 薬剤管の上下に気を付けて5の容器のなかに入れる
  7. 1分後煙が出始めるので部屋の外に出る
  8. 部屋に煙を行き渡らせるため、2時間程度そのまま放置する

煙が出て火災報知器がならないか不安な人は、似たような製品で煙が出ない霧状タイプのものも販売されています。使い方は部屋の中央に設置したら、つま先でペダルを踏むだけです。使い方も簡単ですので、くん煙剤の手順に不安がある人はこちらを使ってみてはどうでしょうか。

方法【3】置き型の毒餌タイプで駆除

毒エサタイプの利点は毒エサを食べたゴキブリだけでなく、ほかのゴキブリも駆除できることです。ゴキブリは仲間の死骸やフンを食べる習性があるため、毒エサを食べたゴキブリ以外にも毒エサの効果を発揮させることができます。

台所の隅や鉢植えの近くなどゴキブリが好んで近寄る場所においておきましょう。

方法【4】殺虫剤を使用しない場合

小さな子供やペットがいて殺虫剤を使うことに抵抗がある場合は天然ハッカ油を利用した駆除剤や忌避剤を活用しましょう。市販のゴキブリ駆除用のジェットスプレーにはハッカ油だけでなく、冷却してゴキブリの動きを止めるものも存在しています。

市販の駆除剤でも薬剤を使用していないものもありますので、探してみましょう。

しかし、天然の駆除剤や忌避剤だけではゴキブリの被害が続いてしまうことも考えられます。そんなときはプロに相談してみましょう。ゴキブリの生態を知っているプロならば、効率的にゴキブリを駆除してくれるはずです。

「近場でゴキブリ駆除をしてくれる業者を探したい」そんなときは弊社までお電話ください。お客様に代わり近隣でゴキブリ駆除のできる業者をお探ししてご紹介させていただきます。

ゴキブリが嫌う4つの環境作り【発生予防】

家のなかのゴキブリを駆除することができたら、次はゴキブリを寄せ付けない環境を作っていきます。家のなかのゴキブリを完全駆除し、ゴキブリのいない環境を維持するためにゴキブリが嫌う4つの環境作りを心がけましょう。

室内に植木を持ち込まない

室内に植木を持ち込まない

鉢植えの観葉植物はゴキブリが好む最適な環境となっています。水やりをおこなうことで常に湿気のある状態になるので、ゴキブリは水にも困りません。観葉植物が植えられている土はとても栄養が豊富なため、卵を産むには最適な場所です。なにより、植物本体がゴキブリのエサとなります。

以上のことから、ゴキブリを完全駆除するなら室内に観葉植物は置かないようにしましょう。どうしても植物をおきたいのならレモングラスなどの、ゴキブリが嫌う匂いを発する植物にしましょう。

こまめに掃除をおこなう

ゴキブリは人間の髪の毛などもエサにしてしまうほど、なんでも食べてしまう昆虫です。食べこぼしやホコリなどゴキブリのエサになるようなものはこまめに掃除し、家のなかは常にキレイに保つようにしてください。

エサになるものを放置しない

ジャガイモや里芋など、常温保存が可能な野菜を外においておくとゴキブリのエサとなってしまいます。野菜を常温で保管する場合は空気穴を開けたプラスチック容器に入れるなど、保管方法を工夫しましょう。

砂糖や醤油といった調味料もゴキブリにとっては格好のエサとなります。砂糖は密封容器に入れ、醤油などは液だれなどをキレイに拭って冷蔵庫で保管しておきましょう。

不要なダンボールは放置しない

ゴキブリが好むのは高さ5~6mm程度の隙間だといわれています。折りたたんだ段ボールの隙間はちょうどこれぐらいの幅で、保温性もありゴキブリにとっては最高の住処となります。

引っ越しや宅配便の際に段ボールに紛れて入りこみ、そこで繁殖してしまうこともあるようですので、使わないダンボールは早めに処分してゴキブリの住処を増やさないようにしてください。

ゴキブリが嫌う環境を心がけていてもゴキブリが出る場合は、プロへの相談をおすすめします。プロならば各ご家庭の状況にそったゴキブリ駆除をおこない、ゴキブリがまた発生しないように、予防対策もしてくれるので安心です。

弊社にご連絡いただければ予防対策もできる業者をお探ししますので、お気軽にお電話ください。

店舗・オフィス・工場の場合は業者依頼が吉

飲食店やオフィス、工場でゴキブリが発生した場合も、対策方法としては侵入経路を塞ぐ・ゴキブリの好むものを置かないなど基本は一般家庭と同じです。しかし、飲食店や工場は一般家屋よりも対策する範囲が広く、また機械や物品などですき間なども多いため対処が大変です。

とくに飲食店や食品製造工場などではゴキブリの発生が死活問題になりかねません。素人判断で対策している内に大繁殖してしまったなんてことにならないように、はやめに駆除業者に相談するのがおすすめです。

その場合の費用などについて次の章で解説していますので参考にしてください。

害虫駆除業者に依頼する【費用相場や依頼先について】

業者に依頼するときに気になるのが費用と、どのような業者に依頼すればよいのかという判断基準でしょう。まずは業者を選ぶ際には複数社から見積りをとってみてください。

そのなかで駆除費用が相場より極端に高かったり、低かったりした場合は業者にその理由をきいてみましょう。説明に納得ができなければ依頼は見送ったほうがよいかもしれません。

ゴキブリ駆除の費用相場は以下になりますので、参考のひとつにしてみてください。

害虫駆除にかかる費用相場

害虫駆除にかかる費用相場

ゴキブリ駆除の費用は施工する間取りやゴキブリの繁殖状況、侵入口の多さなどで変動してきます。またお住まいが戸建かマンションなのかにもよって、金額が変わってきます。

【間取り別の費用】
1R……2万円~3万円
2LDK……3万円~5万円
3LDK……5万円~6万円
戸建て……6万円~10万円
飲食店・工場……10万円以上

個人宅ならば被害面積も少なく対処しやすいため、一回でゴキブリを完全駆除することが可能ですが、飲食店などは被害が再発しやすい場所となっています。そのため、飲食店や工場は年契約で継続的な駆除をする人が多いようです。

定期的にプロに来てもらえば時期やお店や工場の状況に合わせた対策をおこなってくれるのでおすすめです。

害虫駆除業者の依頼先

しかし、日々の生活で忙しいなかで対応可能な業者を探し、お見積りをとるのは大変ですよね。そんなときは弊社にご連絡ください。

弊社では全国の加盟店のなかからゴキブリ駆除に対応できる業者をご紹介することが可能です。ご相談はお電話一本でできますので、お気軽にご連絡ください。

見るのも嫌なゴキブリはプロに頼んで、家のなかから完全駆除してしまいましょう!

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!