ゴキブリ駆除は3つのポイントを抑えて!効果的な殺虫剤の使い方など|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

ゴキブリ駆除は3つのポイントを抑えて!効果的な殺虫剤の使い方など

部屋をしっかり戸締りしているのになぜか出てくるゴキブリ。今後ゴキブリが出ない家にするためには、ただ単に見つけたゴキブリを駆除するだけでは不十分です。ゴキブリを寄せ付けない家にする「根本的なゴキブリの駆除」をしないと、いくら駆除をしてもキリがないでしょう。

根本的なゴキブリの駆除を成功させるためには以下3つのポイントを抑える必要があるのです。ここでは、ゴキブリの徹底的な駆除方法を各ポイントで解説していきます。

  • ゴキブリの侵入経路を完全にふさぐ
  • 正しい方法でゴキブリの駆除をする
  • ゴキブリが嫌う環境作りをする
  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

ゴキブリは外からやってくる!【侵入経路を防ぐ】

完全にゴキブリを駆除することは簡単なことではないため、だからこそ段階を追って対策しておくことが重要です。まずはゴキブリの侵入経路を完全に断つことから始めるようにしましょう。ゴキブリの侵入経路をふさぐために、おもに以下の道具を使用します。

  • 網戸
  • 隙間をふさぐためのテープ
  • 換気扇・ホース専用のフィルター
  • ゴキブリ用の殺虫剤
  • ハッカ油などのオイル
  • 補修用パテ

ここではゴキブリが侵入しやすい経路と、場所ごとの対策方法について解説していきます。

経路【1】窓とサッシの隙間

経路【1】窓とサッシの隙間

ゴキブリの体は狭い隙間でも通り抜けてしまうため、わずかに空いた窓やサッシの隙間でも侵入を許してしまいます。ゴキブリ駆除をする必要がないように、窓やサッシの隙間は密閉しておきましょう。

窓とサッシからのゴキブリの侵入を防ぐためには、網戸やテープを使って隙間をすべてふさいでおくことが効果的です。ゴキブリはたとえ1~2mm程度の隙間でも侵入してくる可能性があるので、「このくらいの隙間なら大丈夫」と安心せず、徹底して経路をふさぐようにしてください。

経路【2】換気扇やエアコンのホース

換気扇やエアコンのホースは家のなかから外につながっているため、ゴキブリにとってはとくに入りやすい侵入経路です。壁やホースをよじ登り家へ入ってくる可能性があるため、ゴキブリ駆除の前に必ず対策をするようにしてください。

換気扇やエアコンのホースへのゴキブリの侵入は、防虫専用のフィルターを取り付けることで、防止することが可能です。ホームセンターやネット通販なら1,000円程度で購入することが可能なため、手に入れておくとよいでしょう。

経路【3】玄関の隙間

人が入るときのわずかな時間を見計らって、玄関から堂々と侵入してくるゴキブリもいます。そのため、玄関を開けるときは近くにゴキブリがいないか確認をしながら部屋に入るようにしましょう。玄関近くにいる場合は、ゴキブリを駆除するか遠くに追いやるかの対応が必要となります。

対策方法としては、玄関にゴキブリが寄ってこないよう、ゴキブリの苦手なハッカ油などを混ぜたスプレーを玄関周りに散布したり、ゴキブリの駆除剤を置いたりしておくことが重要です。また、ゴキブリが寄ってくる原因となるゴミ袋や段ボールなどはなるべく置かないようにするのがベストです。

経路【4】シンクの隙間

キッチンシンクの排水管周りの隙間も、ゴキブリにとっては侵入経路となります。シンクの下を確かめてみて、隙間がある場合はゴキブリ駆除をする前にふさいでおくなど対策が必要となります。

シンクの排水管周りの隙間は、補修用のパテを使って埋めることができます。ホームセンターやネット通販で購入することが可能なので、必要に応じて購入しておきましょう。ただし、賃貸物件で勝手に補修をするとトラブルになる可能性があるため、必ず管理会社に許可を取るようにしましょう。

経路【5】床下の点検口の隙間

自分の家の床下に点検口がある場合は、そこからゴキブリが侵入してくることも考えられます。床下の点検口へつながるフタがきっちり閉まっているのであれば問題ありませんが、床下にゴキブリがいるのが気になる場合は、対策をすることをおすすめします。

具体的な対策方法は、点検口の周りや床下にゴキブリの駆除が可能な置き餌を置いておくことです。また、床下の点検口につながる隙間に金網などを取り付けることによって、ゴキブリの侵入そのものを対策することも可能です。

すでに住み着いたゴキブリを全滅させる!【成虫や卵の駆除方法】

できる限りゴキブリの侵入経路をふさいだら、次に家に隠れているすべてのゴキブリを駆除していきましょう。体の大きな成虫だけでなく、小さなゴキブリや卵も駆除していくことが大切です。

卵を含めたゴキブリの駆除は正しくおこなわないと、繁殖を防ぐことができず完全にゴキブリを絶滅させることが難しくなります。ここで、ゴキブリを完全に駆除するための方法と注意点について詳しく解説しましょう。

ゴキブリの成虫駆除の注意点!

ゴキブリの成虫駆除の注意点!

成虫のゴキブリを駆除するときにやってしまいがちな方法が「叩いてつぶす」ことですが、退治をする方法としてはあまりおすすめできません。なぜなら、成虫ゴキブリのメスは命の危険を感じると卵を産むことがあり、叩き逃してしまうと逆にゴキブリが増えてしまうことになるおそれがあるからです。

またゴキブリを叩きつぶすことに成功しても、つぶれることによって体についている菌が広まってしまい、健康被害につながる危険性があるため注意するようにしましょう。

成虫のゴキブリを駆除する際は、叩くのではなく殺虫スプレーを使うようにしましょう。殺虫スプレーは広範囲に吹きかけることが可能で、ゴキブリを弱らせる成分が含まれているため、叩いてつぶすよりも効果的にゴキブリを駆除することが可能です。

ただし注意点として、殺虫スプレーをかけてゴキブリが動かなくなったときはそのまま放置せず、必ず袋などに包んで処分するようにしてください。

ゴキブリ駆除のために用意すべき道具

ゴキブリの完全駆除を成功させるためには、以下の道具を購入することを検討してみましょう。コンビニやホームセンターなどで売っていることが多いですが、近くのお店になければネット通販などで購入するのもひとつの手です。

  • 殺虫スプレー
  • 置き型の殺虫剤
  • 燻煙式の殺虫剤

殺虫スプレーは先ほど説明したとおり成虫のゴキブリが急に出たときに使うものです。また、燻煙式の殺虫剤は部屋全体に殺虫効果の煙をまくことができますが、住居の環境によって使用できない場合もあるため注意しておきましょう。

置き餌式殺虫剤(ベイト剤)がオススメ

卵を含めたゴキブリの駆除をするためには、フィプロニル(フェニルピラゾール系)という成分の含まれた置き型殺虫剤を使用するのがおすすめです。フィプロニルには即効性の高い殺虫成分で、その置き餌を食べた成虫のメスゴキブリの卵まで効くといわれています。

ただし、家庭にペットや赤ちゃんがいる場合は手の届かないところに置いておく、誤飲しない大きさのものを選ぶなど取扱いには工夫が必要です。置き餌式殺虫剤には強い毒性のものが多いため、慎重に使用するようにしましょう。ペットへの影響が心配な方は、ペットがいる家庭でのゴキブリ駆除方法を参考にしてください。

置き餌式殺虫剤や殺虫スプレーを使ってもゴキブリ駆除がうまくいかない場合は、害虫駆除の業者に依頼することで家のゴキブリを駆除することも可能です。弊社ではゴキブリ駆除が可能な業者を紹介しているため、困ったことがあればぜひ相談してみてください。

ゴキブリ発生を予防する!【ゴキブリが嫌う環境作りの手順】

ゴキブリの侵入経路を防ぎ、部屋中のゴキブリの駆除ができたらひとまず安心ですが、さらにゴキブリが近づかない環境づくりをするなど対策を徹底しておきましょう。ゴキブリが近づかない環境を構築していないと、ふと油断したときにゴキブリが侵入して、また駆除しなければいけなくなるからです。

ここでは、以下4つのゴキブリが嫌う環境づくりの手順をご紹介します。

  1. ゴキブリの餌を放置しない
  2. 不要な段ボールなどは放置しない
  3. 定期的な掃除を心がける
  4. 植木は室内に持ち込まない

手順【1】ゴキブリの餌を放置しない

手順【1】ゴキブリの餌を放置しない

たとえばキッチンの三角コーナーにある生ごみなどはゴキブリの好物であり、家にゴキブリを寄せ付ける原因となってしまいます。そのため、生ごみは放置せず袋や密閉性の高い箱に入れてにおいが漏れないように対策しておきましょう。

また、キッチンや食堂でこぼれた油や砂糖、容器についてしまった調味料もゴキブリの餌になるので注意が必要です。ゴキブリの餌となるものを徹底的に排除することで、ゴキブリを駆除する手間を省くことができます。

手順【2】不要な段ボールなどは放置しない

じつは段ボールもゴキブリを寄せ付ける原因となります。段ボールのなかや隙間はゴキブリが暮らすのに快適な環境でエサにもなるため、外に放置してはいけません。

明日ゴミの日に出すからといって、玄関の前に段ボールを放置するのはやめておきましょう。ゴキブリの餌や棲み処となるものを置いていては、いつまでたっても根本的なゴキブリの駆除はできないのです。

手順【3】定期的な掃除を心がける

ゴキブリを駆除して寄せ付けない環境をつくるためには、定期的な掃除が必要不可欠です。ゴキブリは基本的になんでも食べる雑食性の虫で、生ごみなどの食べ物はもちろん、人間の髪の毛や皮脂といったものも食べてしまいます。そのため、一見そこまで汚くないスペースでも、ゴキブリにとっては餌のたまり場なのです。

対策するためには、ゴキブリが集まりやすい玄関・キッチン・ベランダなどをしっかり掃除するようにしましょう。また、キッチンの水をゴキブリが飲みに来る可能性もあるため、水滴や水垢はきれいに取り除いておくことが大切です。

手順【4】植木は室内に持ち込まない

観葉植物やガーデニングが趣味の方もいらっしゃるかもしれませんが、室内に置いてある植木は、ゴキブリを寄せ付ける原因となりますので、持ち込まないようにしましょう。鉢植えの土はゴキブリが卵を産むには最適な場所であり、土などに含まれた水を飲みに来る可能性があるからです。

どうしても部屋に植木を飾りたい場合は、ここでご紹介したゴキブリを寄せ付けない環境づくりの徹底や侵入経路の対策、ゴキブリ駆除をぬかりなくおこなうようにしましょう。

ゴキブリがふたたび発生……そんなときは

「家にゴキブリが出たけど怖くて手が出せない……」「ゴキブリ駆除がなかなかうまくいかない……」という場合は、ゴキブリ駆除のプロに依頼するというのもひとつの方法といえます。なぜならゴキブリ駆除を業者に依頼することで、以下のようなメリットがあるからです。

  1. 費用はかかるが、ゴキブリ問題の「根本的な解決」が可能
  2. 業者によっては即日対応可能なところもある
  3. 依頼するだけであとは業者が駆除してくれるため、ゴキブリが苦手な方でも安心

ゴキブリ駆除業者の選び方と作業内容も参考にしながら、業者への依頼をぜひ検討してみてください。また、ゴキブリ駆除を依頼するときの相場は部屋の広さによって変わる場合があり、たとえばワンルームの部屋の場合は目安として約2万円~3万円になります。

害虫駆除のプロに依頼する

害虫駆除のプロに依頼する

根本的にゴキブリを駆除するためには、「侵入経路をふさぐ」「正しい方法でゴキブリ駆除をする」「ゴキブリが嫌う環境作りをする」ことが重要だとお伝えしました。用意する道具や注意点が多く大変だとは思いますが、まずは侵入経路をふさぐことから少しずつゴキブリ対策を始めてみましょう。

「仕事などでなかなかゴキブリ駆除ができない」という方であれば害虫駆除のプロに依頼するのがいちばん早くゴキブリ問題を解決できる可能性が高いでしょう。

弊社では、ゴキブリ駆除が可能な業者をご紹介しております。さまざまな業者を紹介することが可能なため、お困りの際はぜひ弊社にご相談ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!