アウトランダーのバッテリー上がりを即解決!エンジンがかからないときの対処法

アウトランダー バッテリー上がり エンジンがかからないときの対処法

アウトランダーがバッテリー上がりになったら、電力を供給するバッテリーに注意しましょう。アウトランダーはバッテリーが2つバッテリーあり、充電できるバッテリーが決まっているからです。

正しい方法でアウトランダーのバッテリー上がりを解決するためにも、この記事を参考に対処をしてみてください。ここでは、アウトランダーがバッテリー上がりをおこしたときの対処法を解説します。

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

カーバッテリー110番はお見積りだけでもOK!/

① 種類を選択してください

② ご状況を教えてください

③ お電話番号を入力してください

※第三者への提供など目的外での利用は一切行いません。

お電話番号は場合により状況のご確認に使用することがございますが、しつこいセールス等は一切行いませんのでご安心ください。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

目次

バッテリー上がりはジャンプスタートで解決

バッテリー上がりは、「ジャンプスタート」という方法で対処することが可能です。ジャンプスタートは、ジャンプスターターや救援車をケーブルで繋いで、電力を供給する方法です。

ジャンプスターターとは、一時的にバッテリーの電力を供給できる持ち運び型の電力供給装置のことをいいます。救援車は、ほかの車に救援を依頼してバッテリーの供給をおこなうことです。

ジャンプスターターや救援車を用意するときは、アウトランダーと同じ容量のバッテリーを選びましょう。ここからは、ジャンプスタートでバッテリー上がりを対処する方法を解説していきます。

アウトランダーのバッテリー充電は注意

アウトランダーのバッテリー充電は注意

アウトランダーのバッテリーは、「駆動用バッテリー」と「補機バッテリー」の2種類あります。駆動用バッテリーは、車を走行させるためにモーターを動かすバッテリーです。補機バッテリーは電装品やワイパーを作動させるためのバッテリーになります。

アウトランダーのバッテリー上がりは、補機バッテリーに電力を供給することで解決できます。駆動用バッテリーは、ジャンプスタートをすることができませんので注意しましょう。

駆動用バッテリーは、車を走行させるためのバッテリーで、補機バッテリーがいわゆるガソリン車のバッテリーと同じ役割をしています。そのため、ハイブリット車がバッテリー上がりをおこした場合は、駆動用バッテリーではなく補機バッテリーに充電をしましょう。

また、アイドリング車やハイブリッド車は、救援車になることができませんので、救援を依頼する際は注意してください。

バッテリー上がりの対処に必要な道具

バッテリー上がりを救援車またはジャンプスターターどちらから電力を供給するにしても、ブースターケーブルは必須です。ブースターケーブルは、電力を供給する赤と黒のケーブルになります。

ジャンプスターターを使用する場合は、アウトランダーと同じ電圧のものを選びましょう。一部のSUV車やトラックは24Vですが、乗用車のほとんどは12Vです。

ジャンプスタートの手順

ジャンプスタートの方法は「ジャンプスターター」と「救援車」を使った場合でそれぞれ異なります。ジャンプスタートの手順をそれぞれ解説していきましょう。

・ジャンプスターターを使う場合

  1. 故障車のバッテリーにあるプラス端子に赤ケーブルを接続する
  2. 故障車のバッテリーにあるマイナス端子に黒ケーブルを接続する
  3. ジャンプスターター本体に両ケーブルの反対側を接続する
  4. 故障車のエンジンをかける

・救援車を使う場合

  1. 故障車のバッテリーにあるプラス端子に赤のケーブルを接続する
  2. 救援車のプラス端子に赤いケーブルを接続する
  3. 救援車のマイナス端子に黒いケーブルを接続する
  4. 故障車のエンジンブロックの金属部分に黒いケーブルを接続する
  5. 救援車のエンジンを始動させて、アクセルを踏む
  6. 故障車のエンジンをかける

どちらの方法も、繋ぐ手順は同じです。また、ケーブルを外すときは、つけた手順と反対の順番で外してください。手順を間違えると、火花が飛んだり、ショートしたりして危険だからです。

バッテリー上がりを1人で対処できないとき

「ジャンプスタートに必要な道具がない」「救援車に依頼できる車がない」「自分でジャンプスタートをするのは不安」など、1人で対処できない場合は、業者に依頼をしましょう。

有名なところではロードサービスがありますが、会員制であることが多いです。非会員でも対応してくれますが、会員よりも費用が高額になります。そのため、自動車保険に付帯しているサービスの使用や、バッテリートラブルの業者に直接依頼することをおすすめします。

もし、バッテリー上がりを対処してくれる業者をお探しなら、弊社へご相談ください。弊社では、バッテリートラブルを解決する業者をご紹介しております。どのような時間帯でも電話を受け付けておりますので、緊急の場合でもお気軽にご相談ください。

無料でご相談いただけます/

アウトランダーバッテリー上がりの原因と対策

とくに、PHEV車のアウトランダーは、バッテリー上がりがしにくい車だといわれています。ガソリンがある限り、駆動用バッテリーが補機バッテリーを充電し続けることができるからです。しかし、バッテリー上がりをすることもあるため、一般的なバッテリー上がりの原因を知っておきましょう。

原因1.ライト類の消し忘れ

バッテリー上がりの原因として多いのがライト類の消し忘れです。フロントライトや室内灯はエンジンを切っても、電気を消さなければついたままです。電気をつけたまま、車から長時間離れてしまうと、バッテリー容量だけが消耗されバッテリー上がりがおきます。

原因2.エアコンの使い過ぎ

エアコンの使用は、車内へ冷暖房を送風するためのファンが大量の電気を消費します。車はエンジンが始動していれば、バッテリーにエネルギーを蓄積することが可能です。

ただし、バッテリーがもっている発電量を上回る電気量を使ってしまうと、エンジンを動かすための電力が足りなくなってしまうのです。

そのため、たくさんの電気を消費するエアコンを使い過ぎることで、バッテリー上がりがおきてしまいます。冷暖房を頻繁に使用する夏場や冬場は、エアコンを使い過ぎないように注意しましょう。

原因3.バッテリーの寿命

バッテリー上がりの原因に寿命も挙げられます。バッテリーの寿命は3年程です。バッテリーの寿命が近づくと、電力をうまく蓄積することができなくなります。そのため、どんどんバッテリー容量が減り、バッテリー上がりがおきるのです。寿命が原因のときは、新しくバッテリーを交換することで解決することができます。

原因4.エンジンの不具合

アウトランダーでバッテリー上がりがおきるのは、エンジンの不具合の可能性もあります。アウトランダーは以前、エンジンの不具合が原因でリコールの対象になったことがあるからです。エンジンの不具合は、バッテリーに電力が充電されず、バッテリーだけが消費されて走行ができなくなります。アウトランダーのエンジン不具合について詳しく知りたいなら、公式ホームページで確認してみてください。

アウトランダーがバッテリー上がりになり、お困りならジャンプスタートでエンジンを始動させましょう。「ジャンプスターターをもっていない」「救援を依頼する車がない」なら、弊社にご連絡ください。弊社では、バッテリー上がりを解決するプロをご紹介いたします。

無料でご相談いただけます/

バッテリーが寿命のときは交換をしよう

ライトが暗かったり、エンジンがかかりにくかったりする場合は、バッテリーの寿命かもしれません。このような症状が現れたら、バッテリー交換を検討してみてはいかがでしょうか。アウトランダーのバッテリー交換の方法についてご紹介していきます。

アウトランダーのバッテリーの選び方

アウトランダーのバッテリー充電は注意

バッテリーはたくさんの種類が豊富にあり、どれが適合するのかわかりにくいですよね。そこで、アウトランダーに使用できるバッテリーの選び方をみていきましょう。バッテリーを選びは「発売時期」「グレード」で変わります。

まずは、車検証をみて、「車両型式」と「年式」を確認しましょう。ご自身の車両型式と年式をにあうバッテリーは以下の参考に選んでみてください。

・適合バッテリー「Q‐90」
年式:2012年10月以降
車両型式:DBA-GF8W・DBA-GF7W

・適合バッテリー「100D23L」
年式:2005年10月~2012年10月
車両型式:DBA-CW6W・DBA-CW5W・DBA-CW4W

車両型式と合っていないバッテリーに交換してしまうと、すぐにバッテリー上がりがおきる原因になるので、適切なバッテリーを選びましょう。

バッテリー交換にかかる費用

バッテリー交換にかかる費用は、バッテリーの性能やランクによって異なります。バッテリーの値段はおおよそ4,000円~50,000円が相場です。交換するバッテリーの性能やランクによって値段に差があります。

また、業者にバッテリー交換を依頼する場合は、バッテリー費用に加え工賃がかかります。工賃の相場はおおよそ540円~3,500円です。工賃も、車種によって値段が変わります。

自分でバッテリー交換をする場合

バッテリー交換を自分でおこなう場合の手順をご紹介していきます。まずは、必要な道具を揃えましょう。必要な道具は10mm~12mmのスパナと軍手です。

バッテリー交換の手順は以下のとおりになります。

  1. バッテリーを固定している部品を外す
  2. マイナス端子から外す
  3. プラス端子を外す
  4. バッテリーを取り出す
  5. 新しいバッテリーを取り付ける
  6. プラス端子から接続する
  7. マイナス端子を接続する
  8. バッテリーを固定する

バッテリー交換は、手順を守れば意外と簡単におこなうことができます。しかし、バッテリーは重量があるため、手が滑ってエンジンルームに落としてしまう可能性があります。バッテリー交換を失敗すると、余計に修理代がかかるかもしれません。

また、バッテリーを新しくしたばかりでバッテリー交換の症状がみられる場合や、バッテリー交換の費用が高くためらっている方は、まずはバッテリーを充電しておきましょう。

弊社ではカーバッテリーの充電をおこなっている業者をご紹介しております。バッテリーの電力が減り、電装品に異常があるならご相談ください。無料で相談を受け付けておりますのでお気軽にお連絡ください。

無料でご相談いただけます/

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

カーバッテリー110番はお見積りだけでもOK!/

① 種類を選択してください

② ご状況を教えてください

③ お電話番号を入力してください

※第三者への提供など目的外での利用は一切行いません。

お電話番号は場合により状況のご確認に使用することがございますが、しつこいセールス等は一切行いませんのでご安心ください。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

LINEで相談する
LINEで相談する

 

対応エリア

北海道・東北

北海道 | 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県

中部

新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県

関西

九州・沖縄

福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県

日本全国受付対応
記事が気に入ったらシェア!
目次