ジェイドでバッテリー上がり車救援は電圧違いでも可能?基本の対処法

ジェイド バッテリー上がり 救援車

ジェイドにはガソリン車とハイブリッド車があります。ハイブリッド車でガソリン車を救援することは可能ですが注意点もあるので知っておきましょう。なぜなら、ハイブリッド車とガソリン車の発電のしくみは異なるので、100%救援できるとは限らないからです。

このコラムでは、ジェイドハイブリッドを救援車とする場合と、ジェイドハイブリッドがバッテリー上がりを起こした場合の基本的な対処法をご紹介します。さらに、バッテリー上がりに対処するための道具がない場合や救援がうまくいかない場合の依頼先もご紹介します。ぜひ、参考にして実践してみてください。

また、ご自身のジェイドハイブリッドでバッテリー上がりが頻繁に起こる場合はバッテリーの寿命かもしれないので交換も検討しましょう。

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

カーバッテリー110番はお見積りだけでもOK!/

① 種類を選択してください

② ご状況を教えてください

③ お電話番号を入力してください

※第三者への提供など目的外での利用は一切行いません。

お電話番号は場合により状況のご確認に使用することがございますが、しつこいセールス等は一切行いませんのでご安心ください。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

目次

ジェイドハイブリッドでバッテリー上がりのガソリン車救援はできる

ここではジェイドハイブリッドを救援車にした場合のブースターケーブルを使ったジャンピングスタートを解説します。ジャンプスタートとは、自分の車にあるバッテリー以外の電源から電気をわけてもらってエンジンをかける方法です。

ホンダのジェイドハイブリッドで、バッテリー上がりを起こしたガソリン車(救援される車)を救援することは可能です。ただし、ハイブリッド車とガソリン車の発電のしくみは異なるため、100%救援できるという保証はありません。

しかし、手順を守ってジャンプスタートをすれば、故障するということはありませんので、まずは試してみるとよいでしょう。

ブースターケーブルでジャンピングスタート

まずは、バッテリーをつなぐためのブースターケーブル(以後ケーブルと省略します)を準備します。そして、救援される車のバッテリーと救援車(ジェイドハイブリッド)の12ボルトバッテリーの位置を確認してください。ジェイドハイブリッドの12ボルトバッテリー(以後バッテリーと省略します)は車両前部のボンネットのなかにあります。

バッテリーの位置を確認したら、救援する車と救援される車を近づけ、両者のバッテリーをケーブルでつないでいきましょう。バッテリー同士をつないで、エンジンをかける手順を以下に示しましたので、参考にしてみてください。

ケーブルをつないでエンジンをかける手順
  1. ケーブル(赤)を救援される車のプラス端子につなぐ
  2. ケーブル(赤)を救援車のプラス端子につなぐ
  3. ケーブル(黒)を救援車のマイナス端子につなぐ
  4. ケーブル(黒)を救援される車のエンジンルーム内の金属につなぐ
  5. ケーブルをつないだら救援する車のエンジンをかけ、その約5分後に救援される車のエンジンをかける
  6. 救援される車のエンジンがかかったら、つないだときとは逆の手順でケーブルを外す

手順4についてですが、ケーブル(黒)を救援される車のマイナス端子につなぎますと、つないだ瞬間に大きな電流が発生して火花が飛び散る場合があります。その場合、飛び散った火花がバッテリーから発生する可燃性のガスに引火するおそれがあるので、ケーブル(黒)はエンジンルーム内の金属につなぐようにしましょう。

救援がうまくいかない!そんなときはプロに頼ろう

先述しましたように、ジェイドハイブリッドでバッテリー上がりを100%解決できるとは限りません。上記の方法で解決することができなければ、JAFや自動車保険のロードサービスに助けてもらいましょう。ロードサービスとは車を使用していて、バッテリー上がりなどの問題が発生した場合に助けてくれる業者です。

JAFは未加入者でもロードサービスを受けられますが、その費用は約13,000円以上と高額になります。そのため、自動車保険やJAFの未加入者は、バッテリー上がりを専門に対応している業者に依頼するとよいでしょう。その業者に依頼するとバッテリー上がりにかかる費用が10,000円前後におさえられることが多いです。

弊社では、バッテリー上がりに対応している業者をご紹介しております。バッテリー上がりにお困りの方が近くにいましたら、ぜひご相談ください。

無料でご相談いただけます/

自分のジェイドがバッテリー上がりを起こした!応急処置3選

ここでは、ご自身のジェイドがバッテリー上がりを起こした場合の応急処置法を、みっつご紹介します。まずはこれらの方法のいずれかでエンジンを始動させてみましょう。

無事にエンジンが始動したら、そのままではバッテリーの電気は不足していますので、30分~1時間を目安に車を走らせ充電するとよいでしょう。走らせて充電するときは、電力を消費するエアコンやオーディオなどをオフにすることを心がけてください。

1.「ブースターケーブル」でジャンピングスタート

1.「ブースターケーブル」でジャンピングスタート

ブースターケーブルを使う場合、ジェイド(救援される車)がガソリン車であれば、ジェイドハイブリッドを救援車とした場合と同じ手順でエンジンを始動することができます。この手順につきましては先ほど説明いたしましたので、ここではジェイド(救援される車)がハイブリッド車である場合の手順を説明していきます。その手順は次のようになります。

ケーブルをつないでエンジンをかける手順
  1. ライトなどの電装アクセサリーのスイッチが切ってあるか確認する。
  2. ジェイドハイブリッド(救援される車)と救援車のパワーモードをオフモードにし、エンジンスイッチをゼロにする。
  3. 赤のケーブルを救援される車にある12ボルトバッテリーのプラス端子に接続したあと、赤のケーブルを救援車のバッテリーにあるプラス端子に接続する。
  4. 同様に、黒のケーブルも双方のバッテリーに接続する。ただし、先に救援車のバッテリーのマイナス端子に接続してから、救援される車のスタッドボルトと呼ばれる部品に接続する。
  5. ケーブルが外れないように固定してあるかを確認したら、救援車のエンジンをかける。このとき、発電量を増やすため、アクセルを踏み込んで、エンジンの回転数をアイドリングの回転数より多くする
  6. ジェイドハイブリッド(救援される車)のパワーシステムを起動し、問題がなければ次の手順でケーブルを外す
パワーシステム起動後の手順
  1. 黒のケーブルをジェイドハイブリッド(救援される車)のエンジンのスタッドボルトから外し、続いて救援車の12ボルトバッテリーのマイナス端子から外す。
  2. 赤のケーブルをジェイドハイブリッド(救援される車)の12ボルトバッテリーのプラス端子から外したあと、救援車のバッテリーのプラス端子から外す。
  3. ジェイドハイブリッド(救援される車)のメーターにあるチャージ/パワー計の近くにREADYという表示がでるまで、アイドリングの状態を維持する。

READYという表示がでたら、ジェイドハイブリッド(救援された車)は走行できます。これで作業は完了です。

また冬にジャンピングスタートをおこなう場合は、ケーブルをつなぐ前にジェイドハイブリッド(救援される車)のバッテリー液が凍っていないか確認しましょう。凍っているとジェイドハイブリッドのパワーシステム起動に支障がでるおそれがあり、ジャンピングスタートができないからです。

2.「ジャンプスターター」でジャンピングスタート

ジャンプスターターとは予備のバッテリーで、おもに車のバッテリー上がりに使用します。ジャンプスターターはエンジンをかけるための電気を供給するだけで、車のバッテリーに充電することはできませんので、注意しましょう。

ジャンプスターターでジャンプスタートをする場合、はじめにジャンプスターター本体に表示されているLEDなどをみて、充電量を確認してください。使用する車の排気量などによって充電量は変わりますが、基本的には75%以上あればエンジンをかけることができます。

充電量を確認後、専用のケーブルについているクランプでバッテリーの端子をはさんで固定しましょう。クランプは洗濯ばさみのような形をしています。クランプは、赤をプラス端子に、黒をマイナス端子に接続しましょう。

クランプを各端子に固定したら、ケーブルのソケットをジャンプスターター本体にさしこみます。そして、本体から車のバッテリーに電流が流れていることを確認してください。電流が流れているという表示はジャンプスターターごとに変わりますが、基本的にケーブルにあるLEDによって表示されます。

電流が流れていることを確認したら、鍵を回すかスタートボタンを押すなどして、エンジンをかけます。エンジンがかかれば、あとは走行させてバッテリーに充電しましょう。

3.プロに依頼【道具がない/急いでいる方に】

ブースターケーブルやジャンプスターターがない方や、仕事などで急いでいる方は、先ほどと同様にJAFや自動車保険のロードサービスに依頼しましょう。これらに加入していない方は、バッテリー上がりに対応している業者に依頼するとよいでしょう。

業者選びで迷われているかたは、弊社の利用をオススメします。弊社は全国に多数の業者が加盟していますので、現場にすぐ駆け付けることができる業者をご紹介することができます。ぜひ、一度弊社のサービスをご利用ください。

無料でご相談いただけます/

頻繁なバッテリー上がりの原因はバッテリー寿命かも

ジェイドに限らず、お持ちの車が頻繁にバッテリー上がりを起こすなら、それはバッテリー自体が寿命を迎えているからかもしれません。バッテリーの寿命は平均すると約3年です。

しかし車の使用状況によって劣化の進み具合は異なるため、バッテリーの寿命は変動します。そのため、バッテリー交換は保証期間を目安にするとよいでしょう。

保証期間より長く使用しているなら、交換を検討することをオススメします。交換の費用をおさえたいのであれば、インターネット通販やカー用品専門店などで購入するとよいでしょう。

お持ちの車の年式・型式を車検証で確認!

お持ちの車の年式・型式を車検証で確認!

バッテリー交換をするためには、自分の車に適合するバッテリーを用意しなければなりません。そして、適合するバッテリーを知りたいときは、ディーラーなどに問い合わせるとよいでしょう。その際、車検証に記載してある車の年式・型式を伝えると調べて教えてもらえます。

もし、車検証がすぐにみつからないときは、バッテリーをみましょう。バッテリーの上部の表面に型番が表示されているからです。

バッテリーの交換はプロに任せよう

バッテリーの交換は自分でもできますが、プロに任せることをオススメします。バッテリーにはプラス端子とマイナス端子があり、それぞれケーブルで車のさまざまな部品やコンピューターなどとつながっています。そのため、プラスとマイナスを間違えてケーブルとつなげてしまった場合、火災などのトラブルが起こるおそれがあるのです。

そのようなリスクを回避したい方は、自分でバッテリーを交換するよりも、プロに依頼するほうがよいでしょう。もしプロに依頼するのであれば、ディーラーとカー用品専門店というふたつの選択肢があります。

依頼先1.ディーラー

ディーラーにバッテリー交換を依頼すると、純正品のバッテリーに交換してもらえます。ガソリン車の場合、純正品のバッテリーの代金はおよそ20,000円、工賃はおよそ1,500円です。したがって、バッテリー交換にかかる費用は、22,000円前後になります。

費用は高いですが、バッテリー以外に心配な部分があれば、相談にのってもらえるというメリットがあります。さらに純正品なのでバッテリーの性能もよく、安心できるのではないでしょうか。

依頼先2.カー用品専門店

カー用品専門店でバッテリー交換するメリットは、価格の安さです。店員が車に適合するバッテリーを選んでくれますので、車に詳しくない方は安心して任せることができます。さらに、ディーラーよりも少しだけ工賃が安く、1,000円ほどですみます。

店によってはネット通販などで購入したバッテリーの持ち込みができるところもありますので、問い合わせてみてください。ガソリン車のバッテリーをネット通販で購入する場合、安価な物なら5,000円ほどですむので、持ち込み可能な店であれば、さらに費用をおさえられるでしょう。

ただし、新しいバッテリーに交換しても、車のヘッドライトの消し忘れなどが原因で、再びバッテリー上がりを起こすことも考えられます。万が一に備えて、頼れる業者をみつけておくと安心です。

再びバッテリー上がりを起こしたときは、弊社に頼ってください。弊社に加盟する業者は日本中に多数いますので、すぐに駆け付けることができます。バッテリー上がりで困ったときは、安心して弊社にご連絡ください。

無料でご相談いただけます/

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

カーバッテリー110番はお見積りだけでもOK!/

① 種類を選択してください

② ご状況を教えてください

③ お電話番号を入力してください

※第三者への提供など目的外での利用は一切行いません。

お電話番号は場合により状況のご確認に使用することがございますが、しつこいセールス等は一切行いませんのでご安心ください。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

LINEで相談する
LINEで相談する

 

対応エリア

北海道・東北

北海道 | 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県

中部

新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県

関西

九州・沖縄

福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県

日本全国受付対応
記事が気に入ったらシェア!
目次