ダミーの防犯・監視カメラの効果とは?種類や設置場所と注意すべきポイント

近年、店舗やオフィスだけでなく家の玄関などにも防犯カメラを設置して防犯対策をしている人が増加しています。しかし防犯カメラを設置するのには高い費用が必要になります。そのため、本物の防犯カメラではなくダミーカメラを用いる人も増えてきました。
ダミーカメラにはさまざまな種類があり、それぞれに適切な設置場所があります。

ここではそれらについて詳しく説明していきます。

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

\防犯カメラ設置110番はお見積りだけでもOK!/

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

目次

ダミーの防犯・監視カメラの目的とメリット・デメリット

ダミーカメラとは偽物の防犯カメラのことです。見た目は防犯カメラそっくりですが、字際に映像を映したり記録したりすることはできません。映像の映らない偽物のカメラを設置することによってどのような効果があるのでしょうか。

ここではダミーカメラの目的とメリット・デメリットについて説明します。

防犯・監視カメラのフェイク、ダミーカメラ設置の目的

防犯効果を高めることがダミーカメラ設置の目的です。ダミーカメラが設置されていると、泥棒は本物の防犯カメラに監視されているという意識をもち、万引きや侵入をためらいます。実際には映像を映していなくても防犯カメラが設置してあるだけで威嚇することができるのです。

ダミーカメラのメリットとデメリット

設置しておくだけで防犯効果のあるダミーカメラ。しかしダミーカメラにはメリットだけでなくデメリットも存在します。ダミーカメラのメリットとデメリットについてきちんと理解しておくことでより一層防犯効果を高めましょう。

メリット

ダミーカメラの中には、本物と同じ素材で作られており本物とほとんど見分けがつかないものもあります。それは防犯カメラのプロであっても一見ダミーかどうかがわからないほどだそうです。本物さながらの見た目でありながら、ダミーカメラは本物の防犯カメラよりも安く購入することができます。見た目はそっくりであっても撮影のための配線や機械がないため安価で手に入ります。このため低コストで防犯効果を高められることが大きなメリットになります。

デメリット

ダミーカメラ最大のデメリットは本物の防犯カメラではないため映像を映すことも残すこともできないという点です。設置してあるだけで防犯効果を高めることはできますが、万が一泥棒に侵入されてしまった場合にはその証拠となる映像を記録することができません。本物のカメラではないという点が、ダミーカメラの持つデメリットです。

ダミーカメラが持っている機能や特徴を知ろう

ダミーカメラが持っている機能や特徴を知ろう

ダミーカメラの中には本物と同じようにさまざまな機能が搭載されている物もあります。本物にはないオリジナルの機能が搭載されている場合もあります。これらは上手に使用すれば便利な機能ですが、この機能によって偽物だとばれてしまう場合もあるため注意が必要です。

では、ダミーカメラにはどのような機能や特徴があるのでしょうか。

ダミーカメラの機能

近年さまざまな機能の付いたダミーカメラが多く販売されています。しかしどんな機能よりも一番大切なことは、本物の防犯カメラにどれだけそっくりな見た目をしているかということです。

泥棒や空き巣は、一般人よりも防犯カメラなどについて詳しい知識を持っていることが多いです。一般人では本物かダミーかを見分けられなくても泥棒や空き巣には見破られてしまうことがあります。そこで、本物とそっくりな見た目のダミーカメラを使用することで泥棒や空き巣に見破られないようにしましょう。

ダミーカメラの特徴

ダミーカメラには箱に入っているハウジングタイプとライトが光る機能の付いたLEDタイプがあります。それぞれに特長があり、設置場所などによってどちらを使用するかが変わってきます。

ハウジングタイプの特徴

ハウジングタイプの特徴は、筐体が本物とそっくりということです。また、本物のような配線も使用しているためプロでも偽物と見抜くことは難しい種類です。ダミーカメラかどうかの判別がつきにくいため、高い威嚇効果を期待できます。

LEDタイプの特徴

LEDカメラはLEDを常に点灯させ、作動しているということを知らせられる種類のダミーカメラです。また作動しているように見せかけられるだけでなく、設置場所が暗くダミーカメラが見えにくい場合でもLEDが点灯していることでカメラの存在をアピールすることができます。

LEDタイプを選ぶ際に注意するポイント

LEDタイプの中にはLEDが点滅するタイプがあります。しかしこのタイプには注意が必要です。作動しているように見せかけることができそうですが、本物の防犯カメラでLEDが点滅するタイプはほとんどありません。防犯カメラについて知識のある人であれば、LEDが点滅している=ダミーカメラと見抜いてしまう人もいます。そのためLEDが点滅するタイプのダミーカメラはやめておくほうが無難だといえます。

また、LEDタイプを使用するときの注意点として電池切れの心配があります。LEDが光ることによって作動しているとアピールすることができますが、電池が切れてしまった際にライトが点灯せずダミーだとばれてしまう場合もあります。LEDタイプは電池の交換を忘れないことが大切です。

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

\防犯カメラ設置110番はお見積りだけでもOK!/

データ送信中…

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

取り入れる前におさえたい!ダミーカメラの選び方と効果的な設置場所

取り入れる前におさえたい!ダミーカメラの選び方と効果的な設置場所

本物の防犯カメラもさまざまな種類があり、設置場所や用途によってどの種類を使用するかを分けています。そのためダミーカメラであってもきちんと設置場所に合っている種類のものを選ばなければ、偽物だと簡単に見破られてしまいます。

ここではダミーカメラの種類ごとのおすすめの設置場所などについて説明します。

防犯・監視のダミーカメラの選び方とおすすめ

ダミーカメラには安価な物から高額なものまで幅広い価格の商品があります。しかしあまりに安いものを選んでしまうと素人でも偽物だとわかってしまう場合もあるため、安さを重視せず本物に見えるものを選ぶようにしましょう。

屋内に設置するダミーカメラとは

本物の防犯カメラでも、屋内で使用するタイプのものと屋外で使用するタイプのものがあります。屋外で使用するものを屋内に設置していては偽物だとすぐにばれてしまいます。

ここでは屋内で使用するカメラの選び方と注意点について説明します。

ドーム型ダミーカメラを設置する

本物のドーム型カメラは1台で幅広い範囲を映すことができるためオフィスや店舗などの天井に設置されていることが多いです。そのためドーム型のダミーカメラを設置する場合にはオフィスや店舗の天井に設置することで本物のように見せかけることができます。

ドーム型カメラは人に気づかれづらい天井などに設置され、監視されているという意識を向けられないようにされているため、ドーム型ダミーカメラをあまり目立ちすぎる場所へ設置すると偽物だと疑われてしまう場合があります。設置場所には注意しましょう。

ボックス型・小型のダミーカメラを設置する

ボックス型・小型の防犯カメラは屋外に設置することもありますが、飲食店や店舗などで多く使用されるタイプの防犯カメラです。そのためダミーカメラの場合でも飲食店や店舗で使用することで本物のように思わせることができるでしょう。

また、ボックス型のカメラは撮影の距離が変えられることからレジ付近や出入り口付近へ向けられていることが多いです。ダミーカメラの場合でもレジ付近や出入り口へ向けることでより本物らしさを出すことができます。しかし実際には映像を記録することができないため、レジや入り口付近を本当に記録したい場合には本物の防犯カメラを使用するようにしましょう。

屋外に設置するダミーカメラとは

屋外にダミーカメラを設置したい場合には、屋外で多く使用されているタイプのカメラの偽物を用いる必要があります。

ここでは屋外で使用されるタイプのダミーカメラの種類と、設置する際の注意点について説明します。

バレット型・ボックス型のダミーカメラを設置する

バレット型・ボックス型の防犯カメラは屋外で多く使用されるタイプのものです。サイズも大きく雨風によって故障しないような造りになっているため、外からでは直接カメラを確認できない形状になっています。

ダミーカメラの場合には本物と同じ筐体を使用していることが多いため、外見だけでは偽物だと見分けることができません。

屋外にダミーカメラを設置する際にはバレット型・ボックス型を使用することが、ダミーだとばれないためのポイントになります。

ダミーカメラを設置する際の注意点

ダミーカメラに適した設置場所は、ダミーカメラの種類と使用用途にあっていて、自然に見える場所です。普通の防犯カメラの位置よりも低い場合や、屋外用のものが屋内で使用されている、またその逆の場合にはすぐにダミーカメラだとばれてしまう可能性があります。

ダミーカメラをよく観察できる低い位置に設置すると、筐体が本物に似ていたとしても偽物だとばれてしまうことがあるため、設置の高さにも注意する必要があります。

また本物の防犯カメラの場合は電力を必要とするためカメラの裏に配線が通っています。そのため配線工事を行えなさそうな場所へダミーカメラを設置してしまうと偽物だとばれてしまいやすくなるため、実際のカメラがどのような場所へ設置されているかを参考にしましょう。

まとめ

ダミーカメラはただ設置すれば効果があるというものでもありません。

  • 防犯カメラは安価で防犯効果を高めることができるが、実際に映像を残すことはできない
  • LEDがついたタイプもあるが、点滅しているタイプは偽物だとばれやすいため注意する
  • 屋内で使用する場合か屋外で使用する場合かでダミーカメラの種類を変える必要がある
  • 泥棒に偽物だとばれないようにできるだけ自然な位置へ設置する必要がある

以上のことに気を付けて設置するようにしましょう。

無料でご相談いただけます/

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

\防犯カメラ設置110番はお見積りだけでもOK!/

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

LINEでご相談・お見積り承ります
LINEでご相談・お見積り承ります

 

記事が気に入ったらシェア!
目次