防犯カメラを店舗設置したい人は必見!防犯カメラのメリットや選び方

普段、ショッピングモールや飲食店内など様々な場所で防犯カメラを見かけると思います。

しかしあれらは何かが起こった際の確認方法だけでなく、様々な目的をもって設置されています。防犯対策だけでなく、従業員のスキル向上やマーケティングに活用しているお店もあります。そのためには効果的な場所へ設置し、必要な機能を搭載した性能の高い防犯カメラを選択する必要があります。

ここでは店舗の種類によって防犯カメラがどのように活用されているか、そのために必要な機能や性能、便利に使用するための注意点などについて説明します。

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

\防犯カメラ設置110番はお見積りだけでもOK!/

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

目次

業務用の防犯カメラが活躍している場所

業務用の防犯カメラはアパレルショップや大型店舗、スーパーなど様々な場所に設置されています。それぞれの店舗には万引きや客層など様々な悩みがあります。それらを防犯カメラによって解決することができることがあります。

ここではアパレル、大型店舗、スーパーにおける防犯カメラの活用方法について説明します。

アパレル店舗に設置されている防犯カメラの活用方法

アパレル店舗には必ずといっていいほど防犯カメラが設置されています。アパレル店舗における防犯カメラの役割をご紹介します。

万引きを防ぐ役割

アパレル店舗において多いトラブルが万引きです。誰かが万引きに成功すると万引きできるお店と周囲に広がり被害がどんどん増えていきます。そこで防犯カメラを複数設置することで死角を無くし万引きを防ぎます。また、防犯カメラに監視されていると認識させることで万引きしづらいお店と思わせることができます。レジ付近など見える場所へモニターを設置することでより効果を高めることもできます。

労務管理の役割

レジ付近に防犯カメラを設置することでレジの金銭管理を行うことができます。画質の良いカメラであればお金の種類や金額差の確認も行えます。また、防犯カメラにより従業員の接客態度などの働く様子を把握することができ、それを生かせば接客やスキルの向上へつなげることもできます。近年ではスマートフォンのアプリから防犯カメラの映像を見ることができるものもあるため、オーナーなどがアプリを通じてお店を管理することができます。

顧客管理の役割

接客業である以上、クレームが来る場合があります。そんなときに防犯カメラを設置しておけば、防犯カメラの映像をクレーム処理に役立てることができます。さらには、お客様がどのような傾向にあるのかなどを記録できるため、マーケティングに活用することも可能です。

大型店舗に設置されている防犯カメラの活用方法

大型店舗は人がたくさん集まる場所であるためセキュリティ対策が必要となります。また、広い敷地を管理することは難しいため、防犯カメラがさまざまな場所へ設置されています。大型店舗における防犯カメラの役割をご紹介します。

万引き・内引きを防ぐ役割

敷地が広く死角の多そうな大型店舗では万引きが行われやすいです。また、従業員数も多いため、内引きの被害も多くあります。一度成功することで感覚が薄れ、内引きを繰り返すようになるそうです。内引き・万引きを防ぐためには、防犯カメラを設置し、死角を無くします。出入り口以外にも商品棚の間など全体に防犯カメラを設置して、お店全体を守ることができます。

駐車場管理の役割

大型店舗になると駐車場も広くなるため、車上荒らしをしやすい環境になってしまいます。そこで、駐車場にも防犯カメラを設置することで、車上荒らしの予防をすることができます。またその防犯カメラによって車同士のトラブルがあった際にも証拠として警察へ見せることができます。狭いスペースを多くの車が行き交う駐車場には防犯カメラを設置しましょう。

お子様を見守る役割

家族連れで大型店舗を訪れる方が多くいます。しかしたくさんの人が利用する大型店舗では簡単に子供を見失ってしまい、ひどいときには誘拐されてしまうというケースもあり得ます。そのため防犯カメラを設置することで不審者に監視意識を持たせ、事件を防ぐことができます。また、万が一犯罪が起こった際には防犯カメラの映像が重要な手がかりとなります。

スーパーに設置されている防犯カメラの活用方法

スーパーにおいても防犯カメラが設置されているのをよく見かけると思います。スーパーにおける防犯カメラの役割をご紹介します。

万引きや内引きを防ぐ役割

スーパーは棚が多く従業員の目が行き届かないため、万引きが行われやすくなってしまいます。そのため死角が無いように防犯カメラを設置して万引きの証拠を残します。また、監視されていると意識させることで万引き防止につながります。従業員数が多いほど内引きは発生しやすいため、店舗が大型であれば内引き防止のための防犯カメラ設置もする必要がでてきます。

労務管理の役割

監視カメラが設置されていることで、スタッフも監視されていると意識し、接客態度の見直しなどに繋がります。映像でスタッフの働き方を見ることもできるため的確な指導を行うことができます。また、レジなどの金銭管理も可能です。

駐車場管理の役割(防犯力を強化する効果)

敷地が広く死角も多い駐車場を人だけで管理するのは難しいです。監視されていないと思えば車上荒らしが起こることもあります。駐車場に防犯カメラを設置することで防犯力を強化することができます。また、車同士、人同士のトラブル解決の手助けにもなります。

顧客管理の役割(フードディフェンスの役割)

防犯カメラを設置することで客層を知ることができ、マーケティングに活用できます。また、食品を扱う場所であるため異物混入などが無いかを確かめるフードディフェンスにも活用できます。

店舗に設置する業務用の防犯カメラ、家庭用防犯カメラとはどう違う?

店舗に設置する業務用の防犯カメラ、家庭用防犯カメラとはどう違う?

防犯カメラには店舗に設置する業務用と自宅などに設置する家庭用があります。外見に大きな差はありませんが、性能や耐久性に違いがあり、その分価格にも差が出てきます。

ここでは業務用防犯カメラと家庭用防犯カメラの違いについて説明します。

家庭用防犯カメラとの見た目の違いは少ない

業務用と家庭用のどちらにしても、防犯と監視という目的は同じです。そのため防犯カメラの大きさをあまりに大きくしてしまうと支障が出てきてしまうため、業務用でも家庭用でも見た目はそれほど違いません。

業務用防犯カメラの方が高性能なものが多い

防犯カメラの様々な機能は、家庭用防犯カメラにも搭載することができます。防水や赤外線、録画や遠隔での閲覧など、高い金額を支払えばこれらの機能を付けることができます。

しかし業務用と同じように多くの機能があっても、業務用と家庭用とではそれぞれの性能に差が出てしまいます。安い家庭用防犯カメラでは画素数が少ないことが多いため少し離れてしまえば、顔を特定できるほど正確な映像を映すことはできません。そのためせっかく取り付けた家庭用防犯カメラでも、設置場所の高さや対象物との距離によっては何の証拠にもならなかったということもあります。

業務用防犯カメラは鮮明に撮影できるように高性能になっているものが多いため、店舗に設置する場合にはきちんと業務用防犯カメラを使用しましょう。

業務用防犯カメラは法律で耐用年数が定められています

業務用防犯カメラは耐用年数が6年と法律で定められています。しかし家庭用防犯カメラや海外製の防犯カメラにはそのような決まりがないため、新品で購入したとしても場合によってはすぐに壊れてしまうこともありうるのです。

また、基本的に製品寿命は1日8時間の稼働で計算してあるため、24時間使用する防犯カメラの製品寿命は表記の3分の1程度になります。そのためきちんと法律で耐用年数を定められている業務用防犯カメラのほうが耐久性は優れていることが多いです。

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

\防犯カメラ設置110番はお見積りだけでもOK!/

データ送信中…

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

店舗に設置する防犯カメラに必要な性能

店舗に設置する防犯カメラに必要な性能

店舗に設置する防犯カメラには、きちんとその役割を果たすために必要な性能がいくつかあります。証拠や記録を残すための防犯カメラであれば高画質での録画ができる種類でなくてはありません。また、現地に行く必要なく店舗の様子をうかがうためには遠隔操作が必要になります。ここではこれらの性能について説明します。

高画質録画可能な防犯カメラについて

高画質での録画可能なカメラとしてAHDカメラというものがあります。AHDとはアナログハイビジョンのことです。人の顔や車のナンバー、お金の種類まで綺麗に映すことができるためレジや駐車場などきちんと記録しておきたい場所への設置に適しています。記録しておくためにAHD対応のレコーダーが必要です。

遠隔監視が可能な防犯カメラについて

遠隔で監視するためには遠隔監視機能が搭載されたデジタルレコーダーが必要です。防犯カメラにつないであるデジタルレコーダーを通じてパソコンやスマートフォンで映像を確認することができます。遠隔監視はレジ管理や従業員管理、衛生管理など、店舗にいない管理者が確認するために多く活用されています。

操作性の良いデジタルレコーダーについて

カメラの性能はもちろん大切ですが、レコーダーの操作性なども大切です。レコーダーの操作にはパソコンマウス操作式とジョグダイヤル式というものがあります。パソコンマウスのほうはパソコンのように操作できるため映像の頭出しなどが楽に行えます。しかしジョグダイヤル式はマウスのような自由な操作ができないため頭出しなどが難しいです。録画した映像を見る際のレコーダーの操作性にもこだわりましょう。

まとめ

店舗へ防犯カメラを設置するときには以下のことに気を付けましょう。

  • アパレルや大型店舗、スーパーでの防犯カメラは万引きや内引き、労働管理や駐車場管理、顧客安全の目的で広く使用されている
  • 業務用防犯カメラは家庭用防犯カメラよりも耐久性があり性能も高いため店舗などで使用する際は業務用を選ぶ
  • レジや駐車場などをきちんと映すためには高画質録画が可能なものにする必要がある
  • 店舗外で映像を見る場合は遠隔監視機能のついたものにする
  • カメラだけでなくレコーダーの操作性についても気にする

このように防犯カメラの設置店舗や目的などによりどの防犯カメラを選ぶかが変わってきます。目的をきちんとこなせるよう以上のことに気を付けて慎重に選びましょう。

無料でご相談いただけます/

3つの質問でラクラクお見積り
10秒で費用が見られます!

\防犯カメラ設置110番はお見積りだけでもOK!/

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

LINEでご相談・お見積り承ります
LINEでご相談・お見積り承ります

 

記事が気に入ったらシェア!
目次