畑の雑草処理│正しい草とり方法は抜かないこと?雑草の対策まとめ

畑の雑草処理│正しい草とり方法は抜かないこと?雑草の対策まとめ

「何度も生えてくる畑の雑草を処理するのが面倒……」このように思うこともしばしばあることでしょう。

「雑草が生えてきたから、根っこから抜いてしまおう!」と考えている方は要注意です!
コツをつかむことで雑草対策はもっと効率的にできるのです。

本コラムでは畑の雑草処理対策や、草刈りを業者へ依頼する際のメリット・業者の選び方などについてご紹介しています。
ぜひ、畑の状態を良好に保つための参考にしてみてくださいね。

草刈り、草むしり費用をラクラクお見積り
10秒で費用がわかる!
\草刈り110番はお見積りだけでもOK!/
次のページで実際にお見積りをご確認いただけます。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

目次

畑の雑草は抜いてはいけない!

畑の雑草は抜いてはいけない!

畑の雑草を処理したいときは、根っこだけ残して切ることをおすすめします。
根っこは栄養を運ぶだけでなく、土の中に根を張ることで土をやわらかくする働きもしているのです。

雑草を根っこから抜くと、今後の雑草処理が今よりも困難になってしまいます。
なぜなら雑草を根っこから抜くと、土が固くなり、固い土にできる雑草は根が張って引っこ抜くのにも力が必要となるからです。

土が固くなると酸素や水分が作物までいきわたらなくなってしまいます。
作物も人間と同じで、酸素や水がなくては生きていけません。
酸素や水分の含んだやわらかな土を好む植物にとって、固い土はあまり良い条件とはいえないのです。

しかし、タンポポやクローバー、ヨモギなどといった地下茎植物は根っこごと抜く必要があります
これは、根っこが残っているとそこからまた植物が生え、畑の栄養をうばってしまうからです。

畑の雑草を刈るときのコツ

畑の雑草を処理するときのコツですが、作物の「成長点」が目印です。
成長点とは、植物の茎や根っこの下の部分にあり、頻繁に細胞分裂する部分のことをいいます。
つまり、基本的に植物は成長点から伸びてくるのです。

もしもこの成長点よりも上から刈ってしまうと、根っこからまた雑草が生えてきてしまうかもしれません。
畑の雑草を刈るときは、この成長点の少し下を刈ることで雑草の成長を遅らせることができます。

広範囲には草刈り機がおすすめ

自力で雑草を処理するのが難しいほど広範囲に雑草が生えている場合は、草刈り機を使うと便利です。
草刈り機はホームセンターや通販などで購入することができます。

草刈り機は、軽量で動作音も静かな電動式のものと、大きめの草などを刈りやすいガソリン式のものに分類されます。

草刈り機 傾向

草刈り機を使った雑草の処理はとても便利です。
しかし、雑草の根元の下を刈ることができないので、また生えてきてしまいます。
こまめに雑草を刈ったり、田んぼや畑を耕すときに用いる耕運機を使ったりすることで雑草を減らせるでしょう。

草刈りのコツと、草刈り機の選び方についてはこちらの記事もご覧ください。

刈り終わった雑草を処理する2つの方法

雑草を刈り終えたあとにおこなう処理は大きく分けて2つあります。

1つ目は、地域のゴミ出しルールにそって燃えるゴミとして出す方法です。

抜いたあとの雑草をそのままゴミ袋に入れると、ゴミ袋の量が多くなってしまうので、乾燥させてからゴミ袋に入れましょう
乾燥させることにより圧縮がしやすく、雑草全体のかさを減らせます。

2つ目は雑草を土の中に埋めて「たい肥」にする方法です。

たい肥とは、雑草や生ゴミなどの有機物を微生物が分解することでできる肥料のことをいいます。
雑草を土に埋めることで土に還すことができるので、環境にも優しい処理の仕方といえるでしょう。

たい肥を作る方法は、まず雑草を完全に乾燥させてから、30cmほど土を掘ってから埋めます。
このとき、しっかり乾燥できていなかったり、穴の深さが浅かったりすると雑草が根を張ることがあるので注意が必要です。

草刈りを「きれい」に「早く」済ませるならプロに依頼!

畑で作物を扱うにあたり、草刈りは切っても切れない関係といえます。

しかし、草刈り機は地面に注意して扱わなければ、小石が飛散して事故が起こるおそれがあります。
また、作物を育てる時期に雑草が生えていると、さまざまなデメリットが生じます。たとえば、栄養が作物にいきわたらず品質が下がったり、収穫の量が減ってしまったりなどです。

自分では刈りきれないようなしぶとい雑草にお困りの場合はプロにお任せしましょう。
自分で草刈りをおこなうよりもきれいに早く処理することができますよ。

作物をつくるのに土壌を良好に保つのは基本です。
より徹底的におこなうのであれば、業者へ依頼することをおすすめします。

草刈り、草むしり費用をラクラクお見積り
10秒で費用がわかる!
\草刈り110番はお見積りだけでもOK!/
次のページで実際にお見積りをご確認いただけます。

データ送信中…

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

草刈り以外に有効な畑の雑草対策

草むしりと比べると、草刈りは機械を使って手っ取り早く雑草をなくすことができます。

しかし「毎日畑を管理するのが難しい」という人にとって、草刈りをこまめにおこなうのは大変でしょう。
そんなとき、草刈り以外の方法で畑の雑草を処理することができたら便利ですよね。

ここからは、草刈り以外の畑の雑草を処理する方法についてご紹介します。
お時間のない方や、もっと手軽に畑の雑草を処理したいという方は、参考にしてみてくださいね。

マルチを使用して雑草の生えない土にする

マルチを使用して雑草の生えない土に

「マルチ」とは、よく畑などで見かけるビニールシートのことをいいます。
マルチシートで作物を覆うと、雑草や日光熱、乾燥などから守ってくれます。
保温なら黒、遮熱効果なら白・銀といったように、ビニールシートの色によって作物に与える効果が異なります。

このなかで、もっとも雑草に効果的なマルチシートは透明で穴の開いていないものです。
なぜこのマルチシートが効果的かというと、透明なシートは光と熱の両方を通すことができることに加え、穴がなく熱がこもるからです。
その効果により土を高温にすることによって、雑草や微生物などを熱で消毒することができます。
夜に芽を出した雑草が、地温が高くなる昼には高温になり芽が枯れるというサイクルです。

では、簡単にマルチの使い方を説明しましょう。
マルチの張り方は以下のとおりです。

  1. 畑を耕す
  2. ロープやひもなどを使って畝(うね)を作る場所を区切る
  3. 鍬(くわ)を使ってマルチを張る

ちなみに畝(うね)とは畑で作物を作るために土を盛り上げることをいいます。
マルチの裾を土に埋めるために、畝はマルチの幅よりも10cmほど狭くする必要があります。
その後、畝を立て表面をならし、マルチを張っていきましょう。

マルチの裾を土に埋めて前進し、少しずつ左右の土を、鍬を使って被せていきます。
マルチの袖を足で踏みながらおこなうことで、キレイに張ることができますよ。

防草シートで雑草の成長を阻止する

防草シートは、雑草対策のなかでも比較的安価で挑戦しやすいです。
防草シートを敷くだけで雑草処理する時間を大幅に短縮することができるため、畑に割く時間があまりないという方であっても、手入れがしやすいです。

しかし、防草シートの種類によっては雑草がシートを突き抜けてしまうこともあります。
どんな場所に、どのような植物に対して使用するのかを事前にチェックしてから防草シートを選ぶようにしましょう。

おすすめの防草シートの詳細はこちらをご覧ください。

広範囲の畑には除草剤をまく

抜いてもしぶとく生えてくる雑草には、除草剤を使用するという手もあります。
除草剤は処理したい範囲が広く、雑草を根絶するのが大変なときに有効です。

雑草の生命力に後れを取らないほど、除草剤も強力なものが多く売られています。
強力な除草剤は、ときに作物自体も枯らしてしまうかもしれません。

除草剤には非農耕地用と農耕地用があります。
非農耕地用は安価ですが、農薬登録がされていないため畑に使うことはできません。
除草剤を畑に使用するときは農耕地用を選びましょう。

なお、農耕地用であっても作物そのものにかけてしまうと枯れてしまうので、雑草のみに使います。

雑草の種が広がる前に処理をする

畑の雑草をひたすら処理するのは骨が折れますよね。
しかし、種がなければ雑草は生えてこないため、日ごろからこまめな除草をすることが大切です。
雑草が広がってしまう前に処理することで雑草対策の手間を省けます。

しかし、自分で雑草の処理をしていると見落としているところがあったり、作物の種を誤って枯らしてしまったりしてしまうかもしれません。

自分で雑草の処理をおこなうことに不安のある方は、雑草の種が広がってしまう前に、業者へ依頼してしっかり対策しましょう。
草刈り110番では、24時間365日ご相談やお見積りのご依頼をお電話にて承っております。
いつでもお気軽にご相談ください。

草刈り、草むしり費用をラクラクお見積り
10秒で費用がわかる!
\草刈り110番はお見積りだけでもOK!/
次のページで実際にお見積りをご確認いただけます。

データ送信中…

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

無料でご相談いただけます/

畑の草刈りをプロに任せた方がいい理由

草刈りを業者に依頼することで、畑仕事をするうえでの「ちょっと面倒だな……」といった悩みを解決することができます。

狭い範囲の草刈りであれば、自分でおこなうことも可能でしょう。
しかし、範囲が広ければ広いほど作業が大変ですし、雑草の芽も広がっていくため、処理が大変になるのです。

ここからは、畑の雑草の処理にプロの力を借りることで得られるさまざまなメリットや、業者の選び方、費用相場などについてご紹介します。
業者へ依頼する際の参考にしてみてくださいね。

業者に依頼するメリット

業者へ依頼するのに抵抗のある人のなかには、「草刈りを自分でおこなうのと、プロに依頼するのとではどう違うの?」と感じる人もいるかもしれません。
そんな方のために、草刈りを依頼するメリットをご紹介します。

  • 自分の時間を確保できる
  • 手際よく草の処理ができる
  • 除草と雑草対策の両方おこなえる
  • アドバイスをもらえる

おもなメリットは上記のとおりです。
大きなメリットは「自分の時間を確保できる」という点です。
しぶとい雑草の処理を定期的におこなうと、1年のうちに多くの時間を要することでしょう。

業者に依頼することで、毎日の雑草の処理がしやすくなったり、雑草対策にも繋がったりと、畑のお手入れが楽になります。

また、プロならではのアドバイスももらうことができます。
雑草のことで困っていることがあれば、相談をしてみるのもいいですね。

信頼できる業者の見分け方

草刈り業者を選んだあとに、「ほかの業者の方がよかったかも!」ということがないよう、どのような業者が信頼できるのかを知っておく必要があります。
よい業者を見分ける方法は以下のとおりです。

  • 口コミの評判
  • 迅速な対応
  • 相談に乗ってくれる
  • 丁寧な説明

業者のホームページにある口コミは、利用者の満足度が反映されています。
実際に利用した人の意見なので、業者の雰囲気や空気感がわかるかもしれません。
依頼する際は参考程度に調べておくといいですね。

さらに、スタッフによる対応の親切さなどもしっかりチェックしておきましょう。
特に、電話での対応は丁寧な説明をしてくれるかどうか判断する材料になります。

草刈りにかかる費用相場

実際、業者に依頼して気になるのは費用相場という方もいるかもしれませんね。
草刈りの費用は、大前提として土地の大きさや作業内容によって大きく値段が変わります。
しかし、業者によっては高い料金を請求される場合もあるので、大体の費用相場は押さえておきましょう。

もし土地の面積で費用を算出する場合、草刈り業者の費用相場は50㎡で約7,000円~25,000円とかなり幅広く設定されています。
畑の雑草を処分してもらうことで追加料金が発生したり、つる草といった雑草以外の植物が混じっていることで単価が上がることもあります。

そのため、事前に見積りを依頼して確認しておくことが大切になるのです。
ところが、業者によって費用は異なりますので、相見積りをとって適切な金額を見つけましょう。

おすすめの草刈り業者の詳細や費用についてはこちらの記事をご覧ください。

まずは電話で相談してみよう!

草刈りは1回だけすればいいものではなく、年に3回程度おこなう必要があるといわれています。
「草刈りにかける時間があまりない」「畑の雑草を処理するのが大変」という方は、プロにお任せしてみてはいかがでしょうか。

「いきなり依頼するのはちょっと不安だな」という方は、電話相談や事前に大体の見積りを依頼してみましょう。
【草刈り110番】では24時間365日電話相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

無料でご相談いただけます/

草刈り、草むしり費用をラクラクお見積り
10秒で費用がわかる!
\草刈り110番はお見積りだけでもOK!/
次のページで実際にお見積りをご確認いただけます。

データ送信中...

利用規約 プライバシーポリシー に同意の上ご利用ください。
※弊社担当スタッフからご連絡させていただく場合がございます。

LINEでご相談・お見積り承ります
LINEでご相談・お見積り承ります

 

記事が気に入ったらシェア!
目次