アライグマの生態と調査

日本全国 受付対応中!

天井や床下から物音が…被害が大きくなる前にアライグマを完全駆除!危険な駆除はプロにお任せ!

アライグマについて

アライグマの特徴

アライグマの写真

アライグマは愛らしい容姿によって1960年代に輸入され、後に飼育放棄され野生化しました。2足歩行で前足を水の中にいれ、指でエサを探す行為が手洗いに似てることが名前の由来にもなっています。しかしなぜこのような行動をするのかはわかっておらず、目が悪く手触りでエサを確認しているという説など様々な説があります。

習性

夜行性ですが、人や獲物の活動に合わせて昼に活動することも少なくありません。食性は雑食性で穀物や果実など草食に加えて、カエルや小魚、ネズミなど様々なものを食します。可愛らしい見た目ですが運動能力が高く、ときには目の色を変えて威嚇攻撃も行うほどの凶暴性を秘めています。

アライグマによる被害 ・屋根裏を動きまわる時の騒音 ・営巣による住宅の破損 ・ためフンによる悪臭や衛生面の悪化 ・咬まれたり引っかかれた際の病気の媒介 ・農作物や家庭菜園における食害 ・従来の生物への生態系被害

アライグマの調査法

アライグマの調査イメージ

アライグマの調査について

アライグマの被害かどうかを事前に調べる作業は非常に重要です。極端な例ですが、被害の原因がイノシシだと思い、その対策をしていても原因がネズミでは期待した効果を得ることができません。原因がアライグマかどうかの判断基準はいくつかあり、それらに基づいて生態記録や調査を行い、原因が確認できた後、防除などの対策作業を行うことが必要となります。

調査方法

足跡の形
アライグマはかかとを着けて歩きますので、足跡を目視調査します。
農作物の
被害状態
器用な前足でスイカなどに直径5センチほどの穴を開け食しますので被害特徴から判断します。
目撃例
目撃したら対象の特徴を確認し、判断を行います。

プロが対応の無料現地調査、まずは害獣被害の実態を調べます

無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してから駆除方法の検討をさせていただきます。その内容を基にお見積りをさせていただきますので、その際に害獣駆除のプロにお客様のご要望やご不明点をお伝えください。ご期待に添える解決方法をご提案させていただきます。

アライグマの防除の流れ

無料調査後からアライグマ駆除までの流れ

STEP.01無料現地調査とお見積り

まずは無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してからお見積りやアライグマ駆除の方法など丁寧にご説明します。その際にご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。
現地調査イメージ

STEP.02アライグマの駆除・再発防止作業

お客様のご了承後、アライグマ駆除のプロが専門知識と技術で、迅速・確実に駆除・再発防止をいたします。

駆除
人体に無害な薬剤を採用しています。安全面が心配な方でも安心してご利用いただけます。
駆除イメージ
清掃・消毒
アライグマのフンは家を腐らせ、それをエサにする害虫も発生します。駆除後の消毒・清掃は必須作業になります。
清掃・消毒イメージ
侵入経路封鎖
一番の駆除方法は「家に入れないこと!」駆除作業が終わったあとに侵入経路を封鎖しておけば被害の再発も防げます。
侵入経路封鎖イメージ

STEP.03作業終了後、料金のお支払い

作業終了後代金をお支払いただいたら完了です。もし、その他、疑問点等ございましたらお気軽にご相談ください。
お支払いイメージ

日本全国の駆除料金

低価格

各種クレジットカードがご利用いただけます。

各種クレジットがご利用可能です

※ 手数料がかかる場合がございます
※ 一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

アライグマの防除方法

罠による捕獲

直接的な駆除が期待できます

罠による捕獲イメージ
  • 捕獲カゴ(簡単捕獲器)
  • はこ罠
  • 足くくり罠

生息域を広げさせないために罠による捕獲を行い個体数低下の効果を狙います。捕獲罠は逃走できないようになっていますので、対策グッズなどにはない直接的な効果が期待できます。

忌避剤による処理

アライグマが生活できない環境を作ります

忌避剤による処理イメージ
  • 薫煙剤
  • 臭剤
  • レーザ―ポインター
  • 駆除スプレー

アライグマを追い出すときには、燻煙作業を行います。営巣されている場所から煙を炊き、あらかじめ用意しておいた脱出口まで追い込んでいくのです。

侵入対策

生態を熟知したプロの再発防止策

侵入対策イメージ
  • 軒下、戸袋、基礎などの住宅の隙間や穴
  • 雨樋などの壁を登れる場所の下
  • 畑や果樹の近く
  • 囲いの隙間

侵入口付近は特に集中的な対策が必要です。動かせない有刺鉄線や対策ネットで網囲いを行う方法や、電流を利用した電気柵も効果的です。畑や家屋を被害から防御するには自己防衛も大切です。

害獣は捕獲後の扱いも慎重に!
危険な二次被害について

再侵入の恐れ…害獣は捕獲して終わりじゃない!

捕獲や追い出しにより害獣の駆除に成功したとしても、別の害獣が住み着いたり、追い出した害獣が戻ってきたりすることがあります。イタチやハクビシン、アライグマは小さなすき間からも侵入できるため、出入り口の特定と封鎖を欠かすことはできません。

衛生的な問題。排泄物の処分はだれがやる?

イタチやアライグマ、ハクビシンを捕獲した後に残るのが排泄物です。これらは悪臭や害虫を発生させる原因になります。しっかりと掃除をすることで二次被害を防ぎましょう。

屋根裏への悪影響!天井が抜け落ちる可能性も!

害獣の排泄物は、衛生面に悪影響を与えるだけではなく、天井や柱に使われている木を腐らせてしまいます。

害獣による被害拡大にご注意ください

かゆみ・アレルギー・皮膚炎・喘息
害獣は天井で単に暴れまわるだけでなく、ダニ・ノミの増殖や、病原菌の持ち込みといった衛生面でも大きな問題につながります。
ダニ・ノミの増殖後も、その死骸やフンで喘息やアレルギーなどへと被害が拡大するため、抵抗力が低下した高齢者や小さなお子様がおられるお客様は「屋根裏がちょっとうるさい…」で済ませずに早急な対策をおすすめいたします。

害獣駆除情報