カギ110番 by生活110番電話一本で最短5分で対応累計問合せ件数210万件以上

最新情報・レポート

ドアクローザーの交換費用を抑える方法!DIYで相場より安く

ドアクローザーの交換費用の相場は業者に依頼した場合2万~3万円ほどですが、自分で施工すれば数千円に抑えることも可能です。業者に依頼すると作業費や出張料などがついて高くなりがちですが、DIYならそういった費用がかからないからです。

このコラムでは費用を抑えるために、DIYでドアクローザーを交換するメリットやその方法について解説していきます。ぜひ参考にしてください。

鍵開け・鍵交換・鍵修理 急な鍵トラブルを解決!

こんなときはお気軽にご相談ください!

  • 鍵を失くした
  • 鍵が折れた
  • 鍵が抜けない
  • 鍵が回らない
  • 鍵を交換したい
  • 鍵を取り付けたい

累計問合せ件数210万件以上

24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-270-122 メールで相談する
※弊社運営サイト全体の累計問合せ件数

鍵開け・鍵交換・鍵修理 急な鍵トラブルを解決!

こんなときはお気軽にご相談ください!

  • 鍵を失くした
  • 鍵が折れた
  • 鍵が抜けない
  • 鍵が回らない
  • 鍵を交換したい
  • 鍵を取り付けたい

累計問合せ件数210万件以上

24時間365日・日本全国受付対応

無料で電話相談する
通話
無料
0120-949-604
LINEで相談する
※弊社運営サイト全体の累計問合せ件数

ドアクローザーの交換費用は作業費+部品代+出張費の合計

たとえば、業者に依頼したときのドアクローザーの交換費用が3万円だった場合、一例としてその内訳は下記のようになります。

作業費:1万5千円
部品代:1万円
出張費:5,000円

実際には取り付けるドアクローザーの種類によって作業費や部品代は変動し、上記の例より高くなることも多いです。また、出張費についてはなかには無料の業者もいますが、基本的に距離が遠くなればなるほど高くなります。こうした理由によって、業者に依頼すると多くの場合で高額になってしまうのです。

自分で施工すれば作業費と出張費は0円!

自分で施工すれば作業費と出張費は0円!

一方、自分で施工した場合は作業費や出張費はもちろんかからないため、部品代だけで交換することができます。先ほどの例でいえば1万円で施工できるというわけです。さらに、安いドアクローザーを自分で選べば5,000円ほどで交換することもできるでしょう。

「DIYなんて難しそう……」と思われる方もいるかもしれませんが、ドアクローザーの交換はそこまで難しくありません。新品のドアクローザーさえあれば、ドライバーが1本あればできてしまいます。作業時間も1時間ほどで済むでしょう。

費用を抑えたいという方は、次章で解説するドアクローザーの交換方法を参考にして、DIYで施工してみてはいかがでしょうか。

ただ「不安だからどうしても業者にまかせたい」という方は、ぜひ弊社までご連絡ください。業者に依頼すると確かに高額にはなってしまうかもしれませんが、安心して施工できるというメリットもあります。弊社にご依頼いただければ、お客様の近くですぐにドアクローザーの交換が可能な業者をご紹介します。ぜひご利用ください。

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査 お見積り 無料!

DIYでドアクローザーを交換する方法!まずは必要な道具をそろえよう

ドアクローザーの交換に必要な道具は、新しいドアクローザーとドライバーだけです。電動ドライバーがあればより作業がはかどるため、用意できればしておきましょう。また、すこし高い場所での作業になるかもしれないので、上に立てる台などもあると便利です。

用意できたら、次は新しいドアクローザーを準備していきます。

新しいドアクローザーの選び方

新しいドアクローザーの選び方

おすすめは取り換え用の万能ドアクローザーです。ドアクローザーを取り付けるためには、ネジを固定するための穴が必要ですが、取り換え用の万能ドアクローザーを使えばすでに空けられている穴を利用できる可能性が高いからです。万能ドアクローザーはインターネットやホームセンターなどで購入することができます。

新しいドアクローザーが用意できたらさっそく交換していきましょう。

ドアクローザーの交換手順

まずは古いほうのドアクローザーを取り外していきます。手順は以下の通りです。

【ドアクローザーの取り外し手順】
  1. アームのネジをゆるめて外し、くの字の部分を分離させる
  2. ブラケット(ドア枠に取り付けてある部分)のネジをゆるめて取り外す
  3. ドアに取り付けてある本体を取り外す

次に新しいドアクローザーを取り付けていきます。

【ドアクローザーの取り付け手順】
  1. ブラケットを取り付ける
  2. ドアクローザーを設置するためのスライド板を取り付ける
  3. ドアクローザー本体にアームを取り付ける
  4. ドアクローザー本体をドアに取り付ける
  5. ブラケットとドアクローザーのアームをつなぐ

より詳しい方法については、ドアクローザーを購入した際の取り扱い説明書を参照してください。購入したものによっては、WEBで取り付け方を説明するための動画がアップされていることもあるので、調べてみてもいいかもしれません。

これでドアクローザーの取り付け自体は完了です。次にドアクローザーを「調整」していきましょう。詳しくは、以下をご覧ください。

ドアクローザーの調整手順

新しく取り付けたドアクローザーは、閉まるスピードが適切な状態になっていないこともあります。そのため、取り付けが終わったらドアクローザーが閉まるスピードを調整していきましょう。以下を参考に調整していきましょう。

  1. ドアクローザーの側面についているスピード調整弁をドライバーで回す
    ※このとき2回以上回すとなかの油が漏れてしまうことがあるので注意
  2. ドアを開閉して、ちょうどいいスピードかを確認する

調整までできたら、交換作業はすべて完了です。お疲れさまでした。

確実に修理したいなら高くても業者に依頼しよう

「やっぱり自分でやるのは不具合とか出そうで怖いな……」という方は、無理をせず業者に依頼したほうが安心です。弊社までご連絡いただければ、お客様の近くですぐに施工ができる業者を迅速にマッチングさせていただきます。ぜひご利用ください。

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査 お見積り 無料!

油漏れは寿命のサイン!劣化したドアクローザーは必ず交換しよう

ドアクローザーの故障の症状として一番わかりやすいものが「油漏れ」です。ドアクローザーは内部に油がためられており、油圧を使ってドアの開閉速度をコントロールしています。ドアクローザーの寿命は一般的に15~20年ほどといわれており、それを過ぎると内部の油が漏れてきてしまうおそれがあるのです。

「修理はできないの?」ともう方もいるかもしれませんが、ドアクローザーは内部の部品が一般に向けて販売されていないため、修理はできません。油漏れの症状が出たドアクローザーは、交換するしかないのです。

壊れたドアクローザーを放っておくとケガをするかも

壊れたドアクローザーを放っておくとケガをするかも

ドアクローザーのそもそもの役割は、ドアの開け閉めのスピードを調整することです。そのドアクローザーが壊れてしまえば、ドアの開閉のスピードが異常に早くなったり、逆に遅くなったりしてしまいます。

この状態で放っておくと、勢いよく閉まる扉に手を挟まれてケガをしてしまうこともあるかもしれません。また、ドアが開かなくなってしまうということも考えられます。壊れたドアクローザーは放置せず、必ず交換しておきましょう。

弊社はすぐに修理・交換の可能な業者をご紹介できます

今すぐにドアクローザーの交換をしたいという方は、ぜひ弊社におまかせください。弊社はお客様と業者を迅速に結ぶマッチングサービスを運営しております。ご連絡していただければ、状況に応じた最適な業者をすぐにご紹介するので、DIYでの施工が不安という方でも安心です。

まずは無料の現地調査とお見積りからお試しください。24時間365日対応可能ですので、時間を気にする必要はありません。お電話お待ちしております。

現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

他社との比較 お客様の声 ご相談から作業完了まで