カギ110番 by生活110番電話一本で最短5分で対応累計問合せ件数210万件以上

カギ110番の編集方針

カギ110番の記事は、カギについての疑問や「カギをなくして家に入れない!」「カギが穴の中で折れてしまった」といったお悩みを解決するために作成しております。生活に欠かせないカギですが、なくしてしまったり防犯機能を強化したいと考えたりすることもしばしばありますよね。そんな不安や悩みを少しでも解消できるような情報を、カギ110番ではご紹介していきます。「今すぐ鍵屋に来てほしい︕」という方だけでなく、業者への依頼が必要ではない方にとっても価値のある情報を提供できるよう努めます。

掲載情報の精査について

カギ110番では、正確で有益な情報をお伝えするために、下記の情報源を用いて調査をおこなっております。

  • 弊社で独自に実施したアンケート結果
  • 対面、オンライン、電話などによる弊社加盟の業者への取材
  • 信頼性の高いWebサイト(独立行政法人国民生活センター、政府統計e-statなど)

また、記事の公開前に、下記の基準を逸脱していないか厳重に確認しております

  • キュレーションサイトや個人のブログ、掲示板の投稿など信頼性に欠ける情報を根拠としていないか
  • 特定の企業、団体、地域、個人の信頼や尊厳を損なうような内容になっていないか
  • 読者に誤解を与えないよう、適切な表現と順序で情報を伝えているか

記事制作・編集のフロー

カギ110番では、カギのトラブルやよくあるカギの疑問などのお役立ち情報をわかりやすく伝えるために、高品質な記事コンテンツ作成を心がけております。カギ110番では、下記のような記事制作・編集フローに基づき、記事の制作・品質担保を実施しております。

  1. 1.記事の企画、編集

    信頼できる情報源を調査し、ユーザーの方々のお悩みや疑問にお答えする記事を編集部で企画していきます。
    正確な情報をわかりやすく伝えられるよう整理し、記事の構成を考えます。

  2. 2.執筆、推敲

    わかりやすさと読みやすさを第一に、記事本文を執筆していきます。
    執筆後は原稿の見直しをおこない、誤字や脱字、文法などに誤りがないかといった基本的なチェックをします。

  3. 3.校正、校閲

    専任の編集スタッフが厳しく原稿をチェックします。
    内容がわかりづらくないか、誤解を与えるような表現がないか、誤った情報が載っていないか、第三者の権利を侵害していないかなど厳重に確認していきます。

  4. 4.公開、更新

    推敲と校正を十分におこなった後、問題がなければ記事を公開します。
    公開後も、最新の情報と齟齬が出たり、万が一内容に誤りがあったりした場合は記事の内容を更新し、正確な情報提供に努めます。

情報掲載の情報源について

カギ110番では、正確で価値のある情報をお伝えするために、下記の情報源を参考にしています。

参考サイト

掲載情報のお問い合わせについて

カギ110番サイト内で公開されている情報につきまして、正確な情報を発信するよう細心の注意を払っておりますが、万が一誤りがあった場合はただちに訂正いたします。

サイト名

カギ110番

運営会社

シェアリングテクノロジー株式会社

企業サイト

https://www.sharing-tech.co.jp/

運営者情報詳細

https://www.sharing-tech.co.jp/kagi/company/

お問い合わせ先

seikatsu110support★sharing-tech.jp
(★を半角@に変換して送信ください)

電話番号

0120-270-122(営業時間:平日9:00~18:00)