イタチが床下に侵入しても駆除しちゃいけない?入られない対策が必要

イタチが床下に侵入しても駆除しちゃいけない?入られない対策が必要

イタチが床下に侵入してしまって駆除をお考えの方は、業者に依頼しましょう。イタチは鳥獣保護法で保護されていますし、捕獲の許可が下りたとしても、凶暴な動物なので自分で捕まえるのは大変危険です。

この記事では床下のイタチ駆除が初心者には危険な理由とともに、イタチがもたらす被害、業者の駆除方法などについてご紹介していきます。ぜひ参考にして、早急にイタチの対処にあたってください。

0120-949-085

イタチ駆除を業者に任せるべき理由

イタチが床下に侵入してしまったら早く駆除したいところです。しかし業者に依頼するとお金がかかってしまいそうと、ためらってしまう方もいるのではないでしょうか。

自分で対処できればよいのですが、イタチの駆除は必ず業者に依頼することをおすすめします。

【関連記事】イタチの駆除は追い出しと封鎖!今から5分後に騒音・悪臭が止まる撃退方法

【1】鳥獣保護法で捕獲・駆除が禁止されている

【1】鳥獣保護法で捕獲・駆除が禁止されている

イタチは、鳥獣保護法で守られています。そのため、捕獲も駆除も禁止されているのです。では、イタチに住みつかれてもどうしようもないのかというと、そうではありません。イタチを傷つけずに追い出すことができればよいのです。また、再び侵入されない対策をすることも重要です。

オスに限っては、役所に申請を出せば捕獲許可が下りることもあります。しかし、申請から許可が下りるまでには、時間がかかります。その間にイタチによる二次被害が大きくなってしまう危険性が高いです。そのため、時間がかかる方法はおすすめできません。

また、もし自分で捕獲できたとしても、処分まで自分でおこなわなければなりません。処分するといっても、方法に困るところでしょう。しかし、業者に依頼すれば処分まで任せることができるので安心です。

【2】イタチは凶暴で駆除は危険!

イタチはとてもかわいらしい見た目をしていますが、実は性格はとても凶暴な動物です。自分で追い出そうとしたり捕獲しようとしたりして近づくと、噛まれてしまう危険があります。また、イタチは菌を保有しているので、噛まれれば感染症にかかってしまうかもしれないというリスクもあります。

そのため、イタチの駆除は業者に任せるのが一番です。業者をお探しの際は、弊社までご連絡ください。イタチでお困りの方へ、ご希望にそった業者をご紹介させていただきます。

0120-949-085

イタチが床下に住み着くリスク

イタチの駆除に時間がかかるのはおすすめできないと先ほど述べました。なぜなら、イタチに住みつかれると甚大な被害を受けてしまうからです。ここでは、どんな被害があるのかをご紹介していきます。

【関連記事】イタチ被害の特徴と対策|騒音や悪臭をピタッと止める追い出し術

騒音

騒音

イタチが床下に入り込んでしまうと、そこを走り回る音や鳴き声など、さまざまな騒音に悩まされるおそれがあります。床からごそごそ音がする、というのはどうしても気になりますし、やはり不快なものです。

また、イタチは壁をのぼるのも得意な動物です。そのため、床下から天井に移動することも考えられます。天井裏は床下よりも足音が伝わりやすく、より強い騒音に悩まされるかもしれません。イタチは夜行性の動物なので、足音がうるさくなるのも夜が多くなります。

そうなると、睡眠を妨げられるなどの実害も出てきてしまうのです。

強烈な異臭

イタチは仲間とコミュニケーションをとる方法として、フンや尿に悪臭をはなつ分泌物を出します。この臭いは、部屋の中にまで漂ってくるほど強烈です。また、一度この臭いが家に染みついてしまうと取り除くのも大変です。

【関連記事】「イタチの臭いがひどすぎる……」悪臭への対策方法を紹介

建物の劣化

フンや尿による被害は、悪臭だけにとどまりません。イタチには同じ場所にフンや尿をする性質があります。そのためイタチのトイレとなってしまった場所には、どんどんフンと尿がたまっていくのです。

それが原因でおきてしまうのが、建物の劣化です。イタチのフンや尿が建材を腐らせてしまうので、柱が崩れたり天井が抜け落ちてしまったりなんてことも考えられます。

また、イタチは巣を作るのに好んで断熱材を利用します。そのため、断熱材がちぎられてボロボロになってしまっているということも多いのです。

病原菌による感染症

イタチは、次のような菌を保有していることがあります。

  • サルモネラ菌
  • ペスト菌
  • レプトスピラ菌
  • 鼠噛症菌
  • ハンタウィルス

これらのイタチが持ち込んだ菌が、人間に感染してしまう危険性もあります。

害虫の発生

イタチの体にはノミやダニが付着しています。そのため、イタチに住みつかれればそれらの害虫を持ち込まれてしまいます。また、イタチのフンや尿をエサとする害虫もさらに集まってくるでしょう。

このようにイタチによる被害は大きく、住みつかれたら早急に対処しなければならない害獣といえます。弊社の電話窓口なら24時間365日対応することができますので、お急ぎの方はいつでもお問い合わせください。

0120-949-085

業者がイタチを駆除する工程は4段階!

イタチに床下に住みつかれたら、早急に業者に依頼するのがよいことがわかりました。では、業者に依頼するとどのような方法でイタチを駆除してくれるのでしょうか。ここで解説していきます。

【1】作業時にイタチがいるかいないかを確認

【1】作業時にイタチがいるかいないかを確認

最初に、イタチがいるか外出中かを確認しましょう。もしいなければ次の工程に進むことができますが、家の中にいるようであれば追い出さなければなりません。

もしイタチがいるのに次の工程である「【2】侵入経路を特定してふさぐ」に進んでしまうと、出口を失ってしまったイタチが家の中で餓死してしまうからです。

イタチを追い出す方法は光るものを使うか、イタチが嫌いなものを使うかです。イタチは光が苦手なので、家にあるようなものでも簡単に対処できます。例えばクリスマスの装飾用の電球などでも効果があります。イタチが嫌いな臭いがするものは、木酢液・漂白剤・動物忌避剤・燻煙剤などです。これらのものを、設置してイタチを追い出します。

【2】侵入経路を特定してふさぐ

イタチがいないことを確認した、または追い出した後は侵入経路を特定して入り口をふさぎます。イタチは3cmほどの隙間でも侵入できてしまうため、注意深く探さなければなりません。

侵入口を見つけたら、パンチングメタルなどの耐久性の高い金網を使ってふさいでいきます。イタチは力が強いため、やぶられないようしっかりと固定していきます。

【3】清掃・消毒

次に、イタチが残していったフンや食べカスなどを清掃して、しっかりと消毒していきます。フンや食べカスをそのまま残してしまえば、菌や害虫の温床になってしまうので、必ずおこなわなければなりません。

【4】傷んだ建材の補修

イタチのフンや尿などで腐ってしまった建材がないか確認していきます。もしそういった箇所があった場合は補修も必要になってきます。また、断熱材がちぎられていた場合は、そちらの交換も必要です。

このように業者に依頼すれば、大変な作業もすべて任せることができます。イタチに住みつかれてしまったら、すぐに業者に依頼して対処してもらいましょう。弊社にご連絡いただければ、ご紹介させていただく業者が対応いたします。

0120-949-085