ハクビシンの生息地はほぼ日本中!確実に撃退する方法を知ろう

ハクビシンの生息地はほぼ日本全域!習性や天敵、嫌いな音や匂いは?

「ハクビシン」という動物を知っていますか?ハクビシンは一見アライグマに似ている動物です。ハクビシンは基本的に森や山間部で生活しています。しかし近年、ハクビシンが家に住みついて困っているという被害が報告されています。

ハクビシンが家に住み着くと物音がうるさかったり、農作物を荒らしたりと、私たちの生活に害を及ぼします。そのため、しっかりと駆除をする必要があります。今回は、ハクビシンの生態から、習性、天敵、効率よくハクビシンを駆除する方法をご紹介していきます。

現在ハクビシンにお悩みの方も、ハクビシンについて知りたい方も最後まで読んでいただいたら幸いです。

また、もし家の近くでハクビシンを見つけたという方がいたら、注意が必要です。

ハクビシンは非常に小さな隙間からでも侵入してくるため、すでに侵入されている可能性もあるからです

そのため、ハクビシンを見かけたら害獣駆除110番までご連絡ください。家に被害が及ぼされていないかを徹底的に調査した上で、もしハクビシンがいれば迅速に駆除させていただきます。

0120-949-085

ハクビシン生息地は沖縄以外の全域!

「ハクビシン」という動物を聞いたこともないし、見たこともないという方もいるでしょう。しかし、ハクビシンの生育地は沖縄以外の全域であり、意外と私たちの身近に生息しているかもしれません。ここでは、ハクビシンについて簡単に紹介していきます。

【ハクビシンの生態】

「ハクビシン」は、「白鼻芯」と漢字で書くように、鼻先から耳まで白い長い心があります。見た目はアライグマに似ていて、大きさは60センチのものから、大きいハクビシンだと、1メートルを超えるものもいます。

ハクビシンのかわいらしい顔からは想像つきませんが、有害鳥獣に指定されるほど、人間に害を及ぼします。ハクビシンは雑食であるため、あらゆるものを食べます。そのため、農作物を荒らすことや、人間が出すゴミをあさるという被害が報告されています。また、住宅に住み着くと、屋根裏から大きな足音が聞こえたりと、私たちの生活に害を及ぼします。

【関連記事】ハクビシンの生態や行動の特性。ただしペットとして飼うのは難しいので注意!

【ハクビシンの生息地】

ハクビシンの生育地は、日本列島のほぼ全域です。特に、宮城・福島から中部地方にかけてと四国で生息が確認されています。また、ハクビシンは山間部の住宅だけの被害ではありません。郊外でも、ハクビシンが確認されたり、ハクビシンの被害があります。そのため、他人ごとと思わずに、ハクビシンに注意することが大切です。

ハクビシンの被害に合うことが不安なら、害獣駆除110番までご連絡ください。

徹底的な侵入予防で、ハクビシンを住居からシャットアウトいたします。

まずはキャンセル可能な無料の現地調査からお試しください。お電話お待ちしております。

0120-949-085

ハクビシンの天敵は犬、アライグマ、フクロウ、タカなど

ハクビシンの天敵は犬、アライグマ、フクロウ、タカなど

自宅に住み着いたり、農作物を食い散らかしたりと、何かと厄介な「ハクビシン」。それでは、ハクビシンの天敵は何なのでしょうか?

ハクビシンの天敵は、犬やアライグマなどが挙げられます。それぞれ生態が似ているので、互いに縄張り争いをしたりすることもあります。

アライグマの場合、ハクビシンよりも体重が重く凶暴なので、アライグマのほうが強いと言われています。犬の場合は犬種にもよりますが、体躯の小さな小型犬や飼い犬の場合は負けてケガを負ってしまうこともあるようです。

・猛禽類もハクビシンの天敵

「猛禽類」もハクビシンの天敵となります。「猛禽類」とは、フクロウやタカなど、鳥類の中でも肉を主食としている種類を指します。自分より体の小さい動物を主な獲物とするので、まだ小さいハクビシンの子どもは標的になりやすいです。親のハクビシンが目を離した際に、ハクビシンの子どもがさらわれてしまうことがあるので、ハクビシンは猛禽類を天敵としています。

・天敵を利用したハクビシン撃退法

このようなハクビシンの天敵を利用した撃退法があります。犬の毛やアライグマの糞尿を置く方法です。犬やアライグマは、ハクビシンにとって天敵であるため、臭いだけでも効果があります。また、フクロウを外から見える場所で飼い、ハクビシンを寄せ付けないようにする方法もあります。

ハクビシンの生息する地域では、駆除に音や匂いを活用中

ハクビシンの生息する地域では、どのような効果的な対策が取られているのでしょうか?それらの地域で行われている対策についてご紹介していきます。

・ハクビシンが嫌いな匂い 

ハクビシンは嗅覚がとても優れているため、ハクビシンの嫌いな臭いを用意することで対策が期待できます。ハクビシンは、唐辛子やにんにくのような刺激物の臭い、石油の臭い、
木酢液、天敵の臭いを嫌います。

そのため、このような臭いのものを置くか、市販のハクビシンの忌避剤やくん煙剤をまくことで効果が得られます。しかし、時間が立てば効果は薄くなっていきます。ハクビシンが来なくなるまで、定期的に行なう必要があります。

【関連記事】ハクビシンは忌避剤を使えば低コストで安全に追い払える!?おすすめ商品と効果的な使用方法

・ハクビシンの嫌いな音や光 

ハクビシンの嫌いな音で駆除するのもひとつの手段です。ハクビシンは、急な警戒音、人よりも耳が良いので、超音波なども嫌がります。

また、夜行性が強いので、明るい場所や光が強い場所を苦手としています。最近の研究では、青いLEDの光をストロボ・フラッシュにして当てることで忌避効果が得られると報告されています。

しかし、音も光も近隣の人たちに迷惑がかかる場合があるので、注意が必要です。

より完璧にハクビシンの予防をしておきたいなら、害獣駆除110番までご連絡ください。

プロの技術でハクビシンを徹底的にシャットアウトいたします。

0120-949-085

ハクビシンは法律違反をさけて駆除しよう

ハクビシンは法律違反をさけて駆除しよう

ハクビシンの駆除をする際に、法律に違反してはいけません。法律に違反することなく駆除をするように注意が必要です。

【関連記事】自分ですぐできる!うるさい足音を一瞬でなくせるハクビシン駆除方法

・ハクビシンは生息地域ごとのルールで守られている

ハクビシンは、有害鳥獣に指定されているからと、勝手に駆除してはいけません。ハクビシンは、「鳥獣保護法」という法律で守られています。そのため、素人が許可なく傷付けたり捕獲したりすると、罰金が発生することもあるので注意しましょう。生育地域ごとのルールに従うことが大切です。

・ハクビシンを天敵やグッズだけで駆除できなかったら……

ハクビシンは生きものです。駆除するには相当な根気と準備がいるため、失敗するときもあるでしょう。うまくいかなかった、または、自力での対処が難しいと感じたならば、業者の方に相談するのが賢明です。業者の方に依頼するときは、ハクビシン駆除の相場を確認して、複数の業者で相見積りをしましょう。自分の悩みにあったよい業者を見つけることができます。

どんな業者に依頼したらいいかわからないときは、害獣駆除110番がおすすめです。

駆除から予防まで一貫しておまかせいただけるうえ、無料で現地調査もいたします。

0120-949-085

まとめ

今回は、ハクビシンについてお伝えしてきました。ハクビシンは私たち人間の生活に害を及ぼします。住宅に住み着いたり、農作物・畑を荒らす厄介ものです。手遅れになる前にハクビシンを駆除することが大切なのです。しかし、ハクビシンは追い払っても戻ってきてしまったり、今回ご紹介したハクビシンの撃退法がうまくいかないときもあります。

うまくハクビシンを駆除できないときは、業者の方に依頼しましょう。業者の方は、ハクビシン駆除の資格も持っているので、法律的にも安心です。迅速かつ安全に対処してくれます。

業者を選ぶときは、先述したポイントを抑えると、自分にあった、よりお得に駆除を行ってくれる業者が見つかります。

今回の記事が、みなさんのお悩みに役立てたら幸いです。

0120-949-085