害鳥の生態と調査

日本全国 受付対応中!
ベランダや庭木に巣が…被害が大きくなる前に害鳥を完全駆除!危険な駆除はプロにお任せ!

害鳥について

害鳥の特徴

害鳥の写真

ハトやカラスは知能が高く、巣や餌場に対して非常に強い執着心を持っています。そのため、一度縄張りと認識した場所からなかなか離れません。放っておけば至るところにフンを落とし、景観の悪化や悪臭、病気のリスクをもたらします。ただ、ハトやカラスの捕獲や殺傷は「鳥獣保護法」によって原則禁止されています。法律を守ってしっかり駆除をおこなうには、業者への依頼が手っ取り早い解決方法です。

至るところにフンを落とされる 早朝から鳴き声がうるさい 追い払ってもしつこく戻ってくる 害虫や病原菌を媒介する ごみや農作物を荒らされる 威嚇や攻撃をされる

害鳥の調査法

害鳥の調査イメージ

害鳥の調査について

ハトやカラスの被害を食い止めたいなら、まずは実態を調査する必要があります。羽を休めに来ているだけなのか、繁殖のために巣作りをしているのかでは、駆除の難易度や対処法が変わるからです。中途半端な対策では被害を繰り返してしまうおそれがあるため、害鳥の生息状況や活動をきちんと把握することが重要です。

調査内容

被害状況
の把握
害鳥の飛来状況を調査します。住み着いている場合には、ねぐらや巣のある場所も特定します。

プロが対応の無料現地調査、まずは害獣被害の実態を調べます

無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してから駆除方法の検討をさせていただきます。その内容を基にお見積りをさせていただきますので、その際に害獣駆除のプロにお客様のご要望やご不明点をお伝えください。ご期待に添える解決方法をご提案させていただきます。

害鳥の防除の流れ

無料調査後から害鳥駆除までの流れ

STEP.01無料現地調査とお見積り

まずは無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してからお見積りや害鳥駆除の方法など丁寧にご説明します。その際にご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。
現地調査イメージ

STEP.02害鳥の駆除・再発防止作業

お客様のご了承後、害鳥駆除のプロが専門知識と技術で、迅速・確実に駆除・再発防止をいたします。

駆除
主に天然成分の薬剤を使い害鳥を追い出します。安全面が心配な方でも安心してご利用いただけます。
駆除イメージ
清掃・消毒
ハトやカラスのフンには、病原菌や害虫が大量に含まれているおそれがあります。駆除後の清掃・消毒は必須作業です。
清掃・消毒イメージ
再発防止
害鳥は巣に対して強く執着するため、徹底的な再発防止策が欠かせません。必要に応じて対策をおこないます。
再発防止イメージ

STEP.03作業終了後、料金のお支払い

作業終了後代金をお支払いただいたら完了です。もし、その他、疑問点等ございましたらお気軽にご相談ください。
お支払いイメージ

日本全国の駆除料金

低価格

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

各種クレジットカードがご利用いただけます。

各種クレジットがご利用可能です

※ 手数料がかかる場合がございます
※ 一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

害鳥の防除方法

忌避剤での追い出し

忌避剤での追い出しイメージ
  • ジェルタイプ
  • スプレータイプ
  • 固形・置き型

忌避剤(きひざい)とは、ハトやカラスが嫌がるにおいや味を配合した薬剤です。害鳥が飛来する場所に直接まいたり設置したりして、居心地の悪い環境を作ります。

物理的な侵入対策

物理的な侵入対策イメージ
  • 剣山
  • テグス
  • 鳥よけネット

剣山

害鳥がよくとまっている場所に金属製や樹脂製の剣山を接着剤などを使って設置します。体が傷つくことを嫌がり、ハトヤカラスを追い払う効果があります。巣作りを始める前なら、効果が出やすい防除方法です。

テグス

手すりの上にテグスをピンと張り、ハトやカラスがとまらないようにすることで、ベランダへの侵入を防ぎます。害鳥はベランダの手すりにとまって中の様子を確認する習性があることを利用した対策方法です。

鳥よけネット

ナイロン素材などでできた鳥よけネットを隙間なく頑丈に設置します。対策としてはもっとも大がかりになりますが、ハトやカラスの侵入を物理的に完全に防ぐことができます。

害鳥はまた戻ってくる!
しつこい害鳥の二次被害について

すきまチェック!侵入口をふさぐこと

縄張り意識の強い害鳥は、お気に入りの場所から離れることはそうそうありません。追い払っても、またすぐに戻ってくる可能性は高いのです。そのため、害鳥を駆除したあとには、必ず害鳥用のネットなどを用いて侵入経路を阻みましょう。スキマを作らずに、徹底的に塞いでしまえば、害鳥の二次被害を防ぐことが可能です。

害鳥の糞はとても危険!正しい方法で清掃しよう

害鳥のフンは見ために不快なだけでなく、さまざまな病原菌を含んでいます。乾いたフンが空気中を漂い、口から人間の体内に侵入してくる可能性もあります。また、鳩はフンが残っていると、仲間がいると思って安心してしまい、その場所へと近づいてきます。フンは必ずキレイに除去しましょう。マスクと手袋の着用もお忘れなく。

止まらせないように工夫する

害鳥をとまらせないようにすることは、害鳥の被害の再発を防ぐことに直結します。そのためには害鳥対策のためのワイヤーをベランダの手すりの部分に取り付けたり、剣山をスキマなく設置したりすることが効果的です。害鳥にとって、居心地の悪い環境を作りましょう。

害獣による被害拡大にご注意ください

かゆみ・アレルギー・皮膚炎・喘息
害鳥による被害は鳴き声やフンによる汚れだけではありません。害鳥のフンにはサルモレラ菌や真菌類が含まれます。また、鳩やカラスの体にはダニ·ノミが寄生しています。フンが乾操すれば、菌とともに飛散し健康被害を生む原因となります。害鳥の被害は、時間が経てば被害か拡大し対処も難しくなるので、早めの対策をお勧めします。

害獣駆除情報

害獣駆除のプロに任せて安心! スピーディーに対応! 0120-949-085

現在、日本全国にすぐに駆けつけます。

ここをタップしていますぐ無料相談 0120-949-085
お電話が繋がりやすくなっております
お見積り・現地調査無料!お気軽にご相談ください!