シロアリ駆除はリフォームと同時の工事がお得!費用相場と被害対策|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

シロアリ駆除はリフォームと同時の工事がお得!費用相場と被害対策

シロアリ リフォーム

シロアリ被害が出ていて、すでに家もボロボロ……。そんなときは、シロアリ駆除とリフォームを同時におこなうのがおすすめです。シロアリ駆除とリフォームを同時にすることで出費を節約できるだけでなく、より正確なシロアリ駆除ができるからです。

この記事では、シロアリ駆除とリフォームを同時におこなううえで知っておきたいポイントをご紹介します。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

シロアリ駆除でリフォームを同時にするメリットとは

シロアリ駆除とリフォームは同時におこなうことが可能です。それだけでなく、以下3つの大きなメリットがあるため、リフォームも必要であればシロアリ駆除と同時に施工できる業者に依頼しましょう。

1.施工費用が安くなる

シロアリ駆除+リフォーム 一体化

シロアリ駆除とリフォームを分けるよりも、2つを同時におこなうほうが費用の面でお得です。何故かといいますと、ひとつにまとめて業者に施工してもらうことによって、ひとつにまとめられる費用があるからです。わかりやすく伝えるために、以下の表に施工料金の内訳をまとめましたので見てみましょう。

施工料金の内訳例
シロアリ駆除 リフォーム
出張費現地調査費、材料費、人件費、解体費用修繕費など 出張費現地調査費、材料費、人件費、仮設工事費用、解体費用、撤去費用など
赤色…同時施工で得する可能性のある費用

別々で施工した場合これらの費用が別々でかかってきますが、同時施工であれば出張や現地調査を1回で済ませられますし、本来おこなうはずの修繕作業をリフォームの分に回せます。このように、施工業者にとって作業の二度手間を減らせるので施工費用が安くなるのです。

2.隅々までシロアリ駆除ができる

駆除 比較

シロアリ駆除とリフォームを同時にすれば、単体でおこなうよりも質の高いシロアリ駆除をしてもらえます。通常では作業員が狭い床下に潜って作業をするため、発見が難しい場所にいるシロアリまで駆除できない可能性があります。

リフォームのついでにシロアリ駆除をするのであれば、リフォームの際に床下を取り外すことができるので、通常では難しい場所のシロアリを駆除可能です。また、シロアリ対策用の薬剤も残さず散布しやすくなるので、シロアリ駆除と予防の両方にメリットがあります。

3.シロアリの再発対策ができる

リフォーム 基礎 ヒビ

リフォームをすることで家の素材が新しくなるため、同時施工をおこなえばシロアリの再発対策が可能です。建物は経年劣化とともに建築材や基礎などのパーツが劣化し、浮いて隙間ができたりヒビが入ったりしてしまいます。そこを狙ってシロアリが侵入してきやすいので古い家のリフォームによるシロアリ対策効果は大きいです。

シロアリ駆除とリフォームの費用相場

シロアリ駆除とリフォームを同時におこなう場合にかかる費用は、依頼する業者によって大きく異なる場合があります。そのため、具体的な施工料金を知りたい場合はリフォームもしてくれるシロアリ駆除業者に一度見積りを取ってもらいましょう。見積り書を見るときに参考にしておきたい、シロアリ駆除とリフォームの費用相場をご紹介します。

シロアリ駆除の費用相場

シロアリ駆除をする方法にはシロアリの通り道をふさいで駆除するバリア工法、毒エサを食べさせて駆除するベイト工法の2種類があります。どちらの方法でも効果的な駆除が可能ですが、それぞれ値段が決まる基準や相場が以下のように違うため注意が必要です。

シロアリ駆除の費用相場
バリア工法 ベイト工法
費用相場(1単位あたり) 2,000円 6,500円
単位 1平方メートル 1メートル
値段が決まる基準 家の面積 家の周囲の長さ

このように、シロアリ駆除では工事1回のくくりではなく「施工する場所の規模」によって価格が決定されるのが基本です。例えば一般的な家の広さである100平方メートルの家でバリア工法をおこなう場合、20万円ほどがバリア工法の相場となります。

リフォームの費用相場

リフォームといっても、どの部分を施工してもらうかによって価格相場も大きく異なります。以下にリフォームの費用相場についてご紹介しますので参考にしてみてください。

【リフォームの費用相場】

  • 洗面所:10万円~30万円程度
  • キッチン:50万円~150万円程度
  • 浴室:50万円~150万円程度
  • トイレ:15万円~50万円程度
  • 玄関:25万円~100万円程度
  • 柱:100万円~300万円程度
  • 床下:100万円~300万円程度
  • 基礎補強工事 50万円~100万円程度
  • 換気設備や防水シート設置など 10万円~30万円程度

リフォーム後に意識したいシロアリ対策

業者にシロアリ駆除とリフォームを施工してもらえば、もうしばらくはシロアリ被害に悩まなくて済むでしょう。しかし、数年後いずれまたシロアリ被害が起きる可能性もあるので、シロアリの予防方法にはどんなものがあるのか知っておくと安心です。

シロアリ点検

シロアリ被害を最小限に抑えるためには、シロアリの存在を早めに発見することが大切です。家にシロアリがいる場合は、以下のサインが見られることがあるので、参考にしてみてください。

【シロアリがいるサイン】

  • 床からギシギシ音がする
  • 壁を叩くと空洞音が鳴る
  • 土の塊が壁に付いている
  • 畳やタイルに変な感覚がある
  • 家に羽アリがいる

これらのサインが見られるのであれば、すぐに業者に依頼して本当にシロアリがいるのかチェックしてもらいましょう。また、シロアリ点検は頻繁にする必要はありませんが、例えば半年に1回というように、定期的おこなってください。

床下環境の改善

床下は基本的に風通しが悪くて空気がこもった空間になっているため、シロアリが好む「湿気が高い」環境になりやすいです。反対に乾燥している場所はシロアリが苦手なので、床下に湿気がこもり過ぎないように床下環境を改善しましょう。

方法としては床下に調湿剤をまいたり、床下換気扇を取り付けたりといったものがあります。湿気を改善することで、ムカデなどの別の害虫の対策にもなるので、虫に困っている方は検討してみましょう。

家の回りに木材を置かない

シロアリが寄ってきにくい家を作るのであれば、床下だけでなく家の周りの換気も重要です。特に家の回りに木材を放置しないようにしてください。鋭い嗅覚により近づいてきたシロアリに中身を食べられてしまうおそれがあるからです。

他にも、ウッドデッキや木製のイス・テーブルといった家具もシロアリのエサとなります。特に経変劣化で腐敗してきた木材は、日本の中でも被害件数の多い「ヤマトシロアリ」が狙ってくるので、対策しなければなりません。

対策方法としては、使わない木材は外ではなく屋内で保管することです。木材の他に、外に放置されがちなダンボールや発泡スチロールといった梱包材もシロアリがエサとします。忘れずに片付けておきましょう。

また、ウッドデッキのような動かせないものは、防腐効果のある塗料を塗ったり、ウッドデッキの素材を「人工木」に変更したりするのがよい方法です。

シロアリ駆除&リフォームを施工できる業者はどこ?

シロアリ駆除とリフォームを同時にしてもらいたい場合は、どちらの業務もおこなえる業者に依頼しなければなりません。そのため、単体で駆除を申し込むときよりも時間がかかってしまうでしょう。両方をおこなえる業者を効率よく探すなら、シロアリ駆除業者のホームページで「リフォーム可能」とされているか確認してみるのがおすすめです。

弊社には多数の加盟店があるため、シロアリ駆除とリフォームが同時に施行できる業者に依頼が可能です。まだ検討するシロアリ駆除業者が決まっていない方はぜひご利用ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!