シロアリとゴキブリは仲間!似ているようで違う生態と駆除方法を解説|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

シロアリとゴキブリは仲間!似ているようで違う生態と駆除方法を解説

シロアリとゴキブリは実は仲間|見分け方や駆除対策方法の違いを解説

シロアリ被害とゴキブリ被害の両方を防ぐためには、それぞれの生態に合った対策をする必要があります

シロアリとゴキブリは共通の先祖をもつので、生物学的には仲間です。しかし、成長の過程や生息場所、巣の中の社会構造などは異なるので、駆除方法や予防法も異なるのです。

今回はシロアリとゴキブリの基本的な生態、両者の共通点と相違点を詳しく解説します。効果的な駆除・対策方法もご紹介するので、ぜひお役立てください。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

シロアリはゴキブリの仲間!

かつてシロアリはその見た目や習性から、独立した「シロアリ目」に分類されていました。しかし、研究が進むうちにゴキブリと共通の先祖をもつことがわかったため、現在は「昆虫網ゴキブリ目シロアリ科」に属するゴキブリの仲間に分類されています。

シロアリとゴキブリは世界中にたくさんの種類が存在しますが、日本に生息するのはその中のごく一部です。代表的な種類を取り上げて生態をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください

日本でよく見るゴキブリ4種類

日本でよく見かけるゴキブリはおもに下記の4種類です。

4種類

チャバネゴキブリ ヤマトゴキブリ クロゴキブリ ワモンゴキブリ
分布 日本全国 東北から近畿地方が中心 関東から西の地域が中心 九州南部から沖縄諸島が中心
成虫の大きさ 約10~15ミリメートル 約25~30ミリメートル 約25~35ミリメートル 約30~45ミリメートル
成虫の見た目の特徴 薄茶色で胸と背中に筋が2本ある クロゴキブリに似ているがひとまわり小さくツヤがない 羽が長く全体にツヤがある かなり大きい。背中に薄い黄色の輪紋がある
生息場所 おもに屋内(寒さに弱く屋外で越冬できない) 屋内・屋外両方(屋外で越冬できる) 屋内・屋外両方(屋外で越冬できる) おもに屋内(熱帯地域では屋外でも越冬できる)
産卵数 30~40個の卵が入った卵しょうを一生で3~7個産む 12~15個の卵が入った卵しょうを一生で7~9個産む 22~28個の卵が入った卵しょうを一生で10~30個産む 16~20個の卵が入った卵しょうを一生で10~80個産む。
成虫の寿命 約3~5ヵ月 約3~4ヵ月 約6ヵ月 約3ヵ月~2年(生息場所の温度で大きく異なる)

◆横にスクロールできます。

日本で被害が多いシロアリ2種類

日本には20種類以上のシロアリが生息していますが、家への被害が多いのは以下の2種類です。

イエシロアリとヤマトシロアリの見た目

ヤマトシロアリ イエシロアリ
分布 北海道の一部を除く日本全国 千葉県から西の海沿いの地域
働きアリの見た目の特徴 体長は約3.5~6ミリメートル。頭は四角形で長い 体長は約5~7ミリメートル。頭は丸い卵型
羽アリの見た目の特徴 体長は約7ミリメートル。黒褐色の体に薄い黒色の羽をもつ 体長は約7~8ミリメートル。黄褐色の体に乳白色または淡い黄色の羽をもつ
羽アリの発生時期 4~5月頃の夕方から夜間 6~7月頃の日中
巣の場所と被害の特徴 巣を作らず加害場所に住み着く。おもに床下での被害が多い 加害場所と別のところに巣を作る。自ら水を運んで木材を湿らせる習性により、家全体に被害が及ぶことがある
ひとつの群れの構成数 約2~3万匹 約5~100万匹

シロアリとゴキブリの共通点・相違点を知ろう

シロアリとゴキブリの基本的な生態がわかったところで、次は両者の共通点と相違点を見てみましょう。

共通点

シロアリの特徴

【1】高温多湿な環境を好む
シロアリもゴキブリもじめじめとした高温多湿な環境を好みます。シロアリが好む環境はゴキブリにとっても住みやすい環境なのです

【2】どちらも不完全変態の生き物
昆虫の成長過程には完全変態と不完全変態の2通りあります。2つの違いは卵からかえった幼虫が成虫になるまでにサナギを経るかどうかと、成虫になったときに見た目が変わるかどうかです。

シロアリやゴキブリは、卵からかえった幼虫がサナギにならずに、脱皮を繰り返しながら成虫になる不完全変態の昆虫です。幼虫から直接成虫になるので、大きさ以外に目立った見た目の変化はありません。

完全変態の昆虫には、わかりやすい例だとチョウがいます。チョウは幼虫のときはイモムシで、途中サナギを経て成虫になります。成虫はがらっと見た目が変わって、羽が生えて空を飛べるようになるのです。

相違点

【1】生息場所の違い
シロアリはおもに床下に住み着き木材を加害します。一方ゴキブリは、排水口や通風口などから家に侵入し、キッチンやシンク回りなどの暖かい場所に住み着きます。ときには玄関から侵入してくることもあります。

【2】階級構造の有無
シロアリの巣の中には階級制度があり、役割を分担しながら生活しています。小さくて弱い生き物だからこそ、群れの全員が一丸となって巣を守り続けているのです。ゴキブリも群れを作って巣を形成しますが、そのなかに階級制度はありません。クロゴキブリやワモンゴキブリの成虫は群れを作らず単独行動します。

シロアリ階級

シロアリ駆除にゴキブリ用殺虫剤を使うのは逆効果!

シロアリとゴキブリが仲間だからといって、ゴキブリ用殺虫剤でシロアリを駆除するのはNGです。殺虫剤の成分はシロアリにも有効ですが、殺虫剤を吹きかけた勢いでシロアリが飛んでいってしまい、飛んでいったところからまた被害が拡大するおそれがあります。

さらに、殺虫剤に驚いたシロアリは「ここは危険」と判断して別の場所に巣を作ろうとします。建物の奥に入り込んでしまったり、同じ敷地内にいくつも巣ができたりしてしまうと、業者であっても駆除が非常に難しくなります。

殺虫剤以外のシロアリ駆除の方法は「シロアリ・ゴキブリそれぞれの駆除対策方法」でご紹介していますので参考にしてください。

シロアリ駆除剤でゴキブリを退治するのも難しい

では逆に、シロアリ駆除剤でゴキブリを退治できるかというと、それも難しいです。シロアリとゴキブリは生活場所が異なるためです。

シロアリはおもに床下に住み着くので、駆除剤は床下の木材や地表に散布します。しかしゴキブリは床下ではなく冷蔵庫やキッチン回りなどに住み着きます。駆除剤の成分はゴキブリにも有効ですが、床下に散布されているシロアリ用駆除剤で、地上にいるゴキブリの駆除は難しいのです

駆除剤が柱や壁などにも散布されている場合は、ゴキブリにも効果を発揮することがあります。しかし、あくまでも一時的な効果で、完全にゴキブリを駆除したわけではないので注意が必要です。

シロアリ対策をした新築住宅にゴキブリが出ることも!

シロアリ対策をした新築住宅にゴキブリが出ることも!

新築住宅を建てるときは、床下や土台などに「防蟻処理」と呼ばれるシロアリ対策を施すのが一般的です。しかし、防蟻処理を施した家にゴキブリが出る可能性はあります

住宅の防蟻処理では、柱に薬剤を散布したり、事前に薬剤を注入した木材を建材として使ったりする方法がよく用いられます。木材に含まれるセルロースを好むシロアリが木材に穴を開けたり、かじったりしてボロボロにされるのを防ぐためです。

ゴキブリは地面をはって移動します。そのため、シロアリから木材を守るための対策を徹底していても、ゴキブリにはあまり効果はないのです。

シロアリ・ゴキブリそれぞれの駆除対策方法

シロアリ・ゴキブリの駆除対策方法をご紹介します。自分でおこなうのが難しい場合は業者に害虫駆除を依頼しましょう。

ゴキブリの駆除方法と対策

「駆除方法」

  • 殺虫剤スプレー 直接噴射する。
  • 毒エサタイプ、捕獲罠タイプ ゴキブリが好む場所に置いておく。
  • くん蒸剤 部屋の中心にくん蒸剤を置き、薬成分のある煙を部屋中に行きわたらせる。

「対策」
ごみを放置しておかないことやこまめに掃除しておことが大切です。カビもゴキブリのエサになるので多湿にならないように換気を定期的におこなうとよいでしょう。

シロアリの駆除方法と対策

「駆除方法」
目の前にいるシロアリには殺虫剤が効きますが、見えない場所にもいるおそれがあるので、下のどちらかの方法で駆除したほうがよいでしょう。

  • バリア工法 薬剤を壁や住宅の柱などに注入したり塗布したりして駆除する方法。
  • ベイト工法 土のなかに薬剤入りのエサを埋めて、巣ごと駆除する方法。

「対策」
湿気を多く含んだ木材や腐った木、段ボールは放置しないで処分しましょう。ほかに家の基礎部分の通気口近くには、ものを置かないようにしてください。

通気口は風通しよくして、床下の湿った空気を外へ出すためのもので、通気口を塞いでしまうと、湿度があがりシロアリが寄り付きやすくなるからです。植木鉢やプランターなどが通気口の近くにある場合は移動させましょう。詳しくはシロアリ対策のポイントもご覧ください。

また、羽アリを見かけた場合はシロアリが多くいる証拠です。一刻も早く駆除する必要があります。

シロアリ・ゴキブリ駆除の費用相場

シロアリ駆除の費用相場は、バリア工法だと1坪あたり5,779円(1平方メートルあたり1,748円)、ベイト工法だと外周1メートルあたり4,973円です。費用については「シロアリ駆除の費用相場と内訳」でより詳しく解説していますので、合わせて参考にしてください。

ゴキブリ駆除費用は、施工場所の広さ30平方メートルまでで17,600円です。施工範囲や駆除の難易度などによって変動するため、詳しくは害虫駆除業者にご相談ください。費用については「ゴキブリ駆除の依頼先と費用相場」で詳しくご紹介していますので、よろしければご覧ください。

※シロアリ・ゴキブリともに、弊社がランダムに選んだ3社の平均価格です

弊社では害虫駆除業者をご紹介しております。お忙しい方にもご利用していただけるように、早朝や深夜でもご相談のお電話を受け付けておりますので、ぜひ一度、ご連絡ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!