シロアリ駆除は天敵に頼るより業者依頼を!自分でできる予防法も解説|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

シロアリ駆除は天敵に頼るより業者依頼を!自分でできる予防法も解説

シロアリが天敵に狙われるのは羽アリ時期!潜むシロアリは駆除依頼へ

シロアリの天敵は、鳥やクモ、カエルなどたくさんいます。しかし、天敵を使ってシロアリを退治しようとするのはあまり現実的ではありません。

シロアリの天敵になる生き物は、一般家庭で飼育することが難しいからです。そもそも、シロアリは木材の中などに生息しているため、天敵から見つかりにくい特徴があります。

シロアリ駆除は天敵に頼るのではなく、業者に依頼しましょう。この記事では、シロアリの天敵になる生き物や、シロアリの予防・対策、業者の駆除費用などを解説します。シロアリに関する正しい知識をもち、シロアリ被害のない快適な生活を送りましょう。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

シロアリを捕食する天敵はたくさんいる

シロアリは集団行動をしていて、単体では非常に弱い生き物です。ペットショップでもエサとして売られるほど栄養価が高いシロアリは、自然界でも多くの生き物に狙われています。ここでは、シロアリを捕食する生き物について解説します。

シロアリを捕食する生き物

シロアリを捕食する生き物

シロアリを捕食するのはおもに下記の生き物たちです。

ツバメ

ツバメなどの鳥類は、シロアリが羽アリになって地上に出てくるタイミングを狙って捕食します。家の玄関先にツバメが巣をつくっている場合は、シロアリの侵入を防ぐ効果が期待できるといわれています。

クモ

クモもシロアリをエサとして捕食します。シロアリの群飛は自分の力とは別に風も利用して移動しているので、運悪くクモの巣にひっかかってしまえばエサの対象となってしまうのです。また、巣を張らないタイプのクモの場合は、シロアリを見つけると自分から捕食にいく傾向があります。

カエル

シロアリはカエルの大好物といわれています。カエルからすれば、シロアリはちょうどいい大きさのエサです。たんぱく質も豊富で栄養価が高いため、エサとしてペットショップでも売られています。

トカゲ・ヘビ

トカゲやヘビからもシロアリはエサとして狙われていて、とくに自然界ではシロアリを見つけると積極的に捕食するようです。シロアリは多くの肉食生物からエサとして好まれているので、天敵がとても多いとされています。

同じアリでもクロアリはシロアリの天敵!

シロアリとクロアリは同じアリという名前がついていますが、まったく違う生き物です。シロアリはゴキブリ目シロアリ科、クロアリはハチ目アリ科に分類されています。つまり、シロアリはゴキブリの仲間、クロアリはハチの仲間なのです。

シロアリは木材に含まれるセルロースを主食にしますが、クロアリは雑食でなんでも食べます。ときには、シロアリの巣(コロニー)を集団で襲い、全滅させてしてしまうこともありますシロアリにとって、クロアリは最大の天敵なのです

別記事のシロアリとクロアリ、ゴキブリの特徴や違いも、ぜひご覧ください。

天敵が多いシロアリが全滅しない理由

多くの天敵に狙われているシロアリが全滅しない理由は、シロアリの生息環境や繁殖力にあります。そもそも、シロアリは乾燥にとても弱い生き物です。そのため、暗く湿気のある地中や木材の中を生息場所に選び、セルロースを主食にしながら生きています。天敵に見つけられにくい環境で暮らしているからこそ、シロアリは全滅することなく現在まで生存し続けているのです。

さらに、シロアリの女王アリはたった1日で数百個の卵を産みます。卵は約1ヶ月で孵化し、次々に新しいシロアリが生まれるので、外に出ている働きアリの一部が敵に捕食されてしまっても、一族が全滅することはないのです。

天敵を利用してシロアリを駆除するのは難しい

シロアリの被害を食い止めるなら、人間の手で巣ごと駆除するのが確実です。シロアリの天敵になる生き物は飼育が難しいものが多いですし、仮に飼育したとしても相手は生き物ですから、地中に隠れているシロアリを確実に食べてくれる保証はありません。

シロアリの繁殖スピードはとても速いので、気付いたときには手がつけられない状態になっていることもあります。そうなる前に、早めに対処することが大切です。

「シロアリがいるかもしれない」と少しでも不安に感じたら、まずはシロアリ駆除業者に相談してみましょう。弊社にお電話いただければ、お客様のお近くのシロアリ駆除業者をご紹介いたします。

シロアリの被害に遭わないためにできること

シロアリの被害に遭わないためには、シロアリについての正しい知識をもち、普段から対策をしておくことが大切です。

羽アリを見かけたら要注意

羽アリを見かけたら要注意

羽アリはシロアリ・クロアリ共に存在しています。しかしシロアリの天敵のクロアリはまったく違う生き物なので、体の形状や羽のとれやすさなどでどちらのアリかを見分けることが可能です。

●シロアリの羽アリの特徴
・胴にくびれがない
・羽の大きさが均等でとれやすい
・発生時期は4~9月ごろ
・触覚が曲がっていない

●クロアリの羽アリの特徴
・頭、胸部、腹部ときちんと分かれている
・羽はひっぱらないととれない
・発生時期は6~11月ごろ
・触覚が曲がっている

シロアリの羽アリとクロアリの羽アリはよく見ると違いが多くあります。シロアリの羽アリが家の周囲にいる場合は、近くに巣があるおそれがあるので注意が必要です。侵入被害にあわないように予防したり、対策を立てたりしましょう。

羽アリを見つけたときの対処については、羽アリの駆除方法と注意点もご覧ください。

家の周りの環境を見直そう

シロアリを寄せつけないようにするためには、家周辺の環境を見直しましょう。おもな予防方法をご紹介します。

●木材を置きっぱなしにしない
シロアリは光や乾燥に弱いので、暗く湿気の多い木材などを住みかにします。家周辺の地面に湿気のこもりやすい場所にダンボールや木の切り株、木材などを放置してしまうと、シロアリが発生するリスクが高まります。置きっぱなしはやめましょう。

●雨漏りなどの水漏れがないか調べる
木材に水分が含まれると、軟らかくなったり腐ったりしてシロアリがエサとして好む状態になります。家に雨漏りなどが発生して木材が湿っているとシロアリを寄せつけてしまうので、定期的にメンテナンスすることが大切です。

●日当たりと風通しのよい環境をつくる
シロアリは日当たりがよく、風通しのよい場所を避けます。湿気がこもりやすい環境が家周辺にある場合は、意識して風通しをよくするなど工夫するようにしましょう。換気口などをもので隠さないようにします。

シロアリが侵入してきたときの応急処置

きちんと対策をしていても、わずかなすき間があればそこからシロアリは侵入してきます。シロアリが侵入してきたときの応急処置を知っておきましょう。

※シロアリを見かけたときに、市販の殺虫剤をまくのはNGです。シロアリが危険を察知して散らばり、駆除が難しくなってしまいます。

粘着テープを使う

簡単なのはシロアリを粘着テープに貼り付けて駆除する方法です。シロアリは皮膚呼吸をしているので、粘着テープで皮膚をふさがれると死んでしまいます。駆除したシロアリはゴミ袋に入れてしっかりと密閉し、可燃ゴミに出しましょう。

掃除機で吸う

シロアリを掃除機で吸う方法もあります。ごみ袋を捨てるときは口をしっかり閉めて密閉し、可燃ゴミに出しましょう。ただし、サイクロン式掃除機だと、構造上ゴミをためる部分にシロアリの死骸が張り付き、掃除が大変になるので、注意してください。

目に見えない場所にもシロアリが潜んでいるおそれがあるため、見かけたのが数匹程度であっても、一度業者に調査してもらうことをおすすめします。駆除したシロアリの写真を撮っておくか、個体を保管しておくと、業者がシロアリの種類を特定するのに役立ちます。

シロアリの駆除に困ったら業者依頼がおすすめです

シロアリ駆除をするにあたって、できるだけ自分で作業をおこなって費用を抑えたいと考えている方も多いと思います。しかし、シロアリ駆除を自分でおこなうのはとても大変です。シロアリが潜む床下に潜って作業するためには、道具はもちろん技術も必要です。さらに、確実に駆除するためには、シロアリの生態を熟知している必要もあります。

そのため、シロアリ駆除は業者に依頼するのがより効率的です。この章では、シロアリ駆除を業者に依頼するメリットや、費用相場などをご紹介します。

シロアリ駆除を業者に依頼するメリット

シロアリを完全駆除したいなら経験豊富な業者に依頼しよう

シロアリの駆除を業者に任せた場合のメリットは下記のようなものです。

・プロ専用の駆除剤や道具を使用するので、駆除効果が高い
・自分で駆除をする手間を省ける
・作業時間が短縮できる
・アフターフォローがある

シロアリの駆除を業者に依頼することで、高い駆除効果が期待できたり、自分で駆除をおこなう手間が省けたりするなどよいことが多くあります。自力では難しいシロアリ駆除は、業者に依頼するのが安心・安全です。

シロアリ駆除の費用相場

弊社がランダムに選んだ3社の平均価格を算出したところ、1坪あたり4,400円(2021年2月現在)という結果が出ました。業者によっては、駆除費用のほかに人件費や出張費などが加算される場合もあります。事前に確認しておくと、追加費用などのトラブルを避けることができて安心です。

シロアリ被害が大きいほど、費用は高くなります。業者によって計算方法が異なるので、依頼をする業者に事前に問い合わせて確認するとよいですね。

シロアリ駆除業者の選び方

シロアリの駆除をおこなってくれる業者は数多くあります。どの業者に依頼するか悩んでしまう方もいることでしょう。業者を選ぶポイントはいくつかあります。

・見積りの詳細がしっかりしていて不明点がない
・不安や疑問をきちんと解消してくれる
・電話対応のよさ
・日程調整などの融通がきく
・事前に状況調査をしてもらえる

見積りをとる場合は、作業内容や費用を比較できるように複数の業者にお願いしましょう。複数の業者にお願いすることで、自分が信頼することができる業者と出会うことができます。

天敵に頼るよりもプロに根元から駆除してもらうほうが安心

シロアリは天敵で退治するよりもプロに被害場所を特定してもらい、駆除してもらったほうが賢明です。弊社では、シロアリ駆除をおこなってくれる業者をご紹介しています。24時間・365日対応していますので、シロアリの被害にお困りの方は気軽にご相談ください。

シロアリ駆除費用は所得税控除の対象になる

シロアリ駆除費用や、シロアリの被害を受けた家の修繕にかかった費用は、所得税雑損控除の対象になる可能性があります。

雑損控除とは、自分では防ぎようのない原因によって資産が被害を受けた場合に、負担を軽減してもらえる控除制度です。シロアリの被害は、この防ぎようのない原因による被害にあたります。(参考:国税庁

確定申告でシロアリ駆除費用やシロアリの被害を受けた家の修繕にかかった費用を雑損として申請し、認められれば、支払う所得税を減らすことができます。

詳しくは雑損控除の条件と申請方法をご覧ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!