ベタ基礎でもシロアリ対策は必要!布基礎との違いや新築の予防法|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

ベタ基礎でもシロアリ対策は必要!布基礎との違いや新築の予防法

ベタ基礎 シロアリ

住宅の基礎には「布基礎」と「ベタ基礎」があります。床下を覆うベタ基礎であれば、地面から侵入するシロアリを防げると思われるかもしれませんが、ベタ基礎でもシロアリ被害に遭うリスクはあります。

ベタ基礎にもわずかながらシロアリが侵入できる箇所があるため、絶対侵入されない保証はないからです。ではシロアリ対策をするにはどちらを選べばよいのでしょうか。それぞれの特徴やおすすめの対策方法をご紹介します。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

布基礎とベタ基礎の違い

建物の土台部分のことを基礎といいますが、代表的な基礎の種類には「布基礎」と「ベタ基礎」があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ベタ基礎

布基礎
建物の柱や壁の部分に逆T字型のコンクリートを縦に打ち込む基礎のことをいいます。布基礎は点で支えるため、鉄筋の本数やコンクリートの量がベタ基礎に比べて少ないのが特徴です。

ベタ基礎
地面全体をコンクリートで覆う形になっている基礎です。ベタ基礎は平面部分にも鉄筋が入っているため耐震性が高く、近年の住宅に多く採用されています。

ベタ基礎は床下の地面がコンクリートで覆われるため、地中からのシロアリの侵入を防ぐ効果があるとされています。また、土壌に浸み込んでいる湿気の影響を受けにくく、湿度が上がりにくい特徴もあります。この特徴も、多湿の環境を好むシロアリが侵入しづらい理由のひとつです。

ただし、ベタ基礎だからといって絶対にシロアリに侵入されないとはいい切れません。建物の構造を考えると隙間がないように思えますが、床板と立ち上がりのつなぎ目などわずかに隙間が出てしまう箇所があるため、そこから侵入されてしまうことがあります。そのため、ベタ基礎であってもシロアリ対策は必要です

シロアリ対策には布基礎とベタ基礎どちらがよいの?

住宅の基礎は、結局どちらを選べばよいのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

メリット デメリット
布基礎 ・費用が安い ・耐震性が劣る
・シロアリに侵入されやすい
・湿気がこもりやすい
ベタ基礎 ・シロアリの被害を受けにくい
・耐震性が高い
・湿気が建物まで上がらない
・費用が高い

シロアリへの対策を考えるなら住宅の基礎はベタ基礎にするのがおすすめですが、ベタ基礎は布基礎に比べて費用が高くなるというデメリットがあります。また、ベタ基礎の住宅でもシロアリが発生するケースを知っておき、あらかじめ対策をしておく必要があるでしょう。

ベタ基礎のシロアリ侵入経路

床下一面をコンクリートで覆っているベタ基礎でも、シロアリはわずかな隙間や経路を見つけて侵入します。ベタ基礎の場合に考えられる、シロアリの侵入経路をご紹介します。

コンクリートの隙間

ベタ基礎 コンクリートの隙間

ベタ基礎の侵入で多いのが、コンクリートの隙間です。床板と立ち上がりのつなぎ目には、どうしてもわずかに隙間ができてしまうため、そこから侵入されてしまうことがあります。

また、経年劣化によって金属部品が腐食したり、コンクリートが収縮したりすると、隙間やひび割れが発生し、シロアリに侵入されることもあります。

配管の貫通部分

地面をコンクリートで覆っているとはいえ、地中にある下水管などへつなぐ配管は穴を開けて通さなければいけません。このコンクリートと配管との間に隙間ができ、シロアリの侵入経路になることがあります。

玄関

多くの住宅の玄関には床下空間がなく、床が地面に接する形になっています。床部分のコンクリートやタイルに隙間があったり、ドアの枠など木材部品が地面に埋め込まれていたりすると、そこからシロアリが侵入してくることがあります。

外壁の隙間

床下をしっかり守っていても、外壁に隙間ができていると、シロアリはそこから蟻道を通って侵入されることがあります。

ベタ基礎のシロアリ対策

ベタ基礎でもシロアリ被害に遭うリスクはあるため、しっかり対策をおこないましょう。ベタ基礎でおすすめしたいシロアリ対策を3つご紹介します。

土壌処理をする

ベタ基礎でシロアリ予防する方法

住宅の建築時には基本的に、土壌処理というシロアリ予防をおこないます。床下などにシロアリを寄せ付けない薬剤を散布していく方法で、防蟻処理ともいいます。バリア工法の薬剤にはシロアリを死滅させる効果があるので、すでに発生しているシロアリの駆除にも効果があります。

ただし、薬剤の効果は約5年となっているので、定期的におこなう必要があります。長らく防蟻処理をした記憶がないという場合は、検討しましょう。詳しくは、防蟻処理の重要性と種類もご覧ください。

自立換気をする

シロアリの予防で重要なのが、湿気対策です。基礎部分には換気口を設け、湿気が溜まりにくい構造にしておくことが大切です。また、床下に調湿剤を施工したり、換気口に換気扇を設置したりする方法もあります。

外壁通気工法をおこなう

外壁通気工法とは、壁内部に通気層を設置して湿気が溜まるのを防ぐ工法です。外壁通気工法はすでに家が建っていても外壁の張り替えができるため、外壁通気工法が採用されていない場合は工事の相談をするのもおすすめです。

以上がベタ基礎のシロアリ対策です。ご紹介した対策は自分でおこなうのは難しいため、シロアリ対策をおこなう場合はプロに依頼しましょう。

シロアリを寄せ付けない家を目指そう!

シロアリ対策は、普段の生活でもおこなうことができます。以下の2つのことに気を付けながら、シロアリを寄せ付けない家を目指しましょう。

シロアリが好む環境を作らない

バリア工法で施工してもらう

シロアリは暗く湿っていて、湿気によってやわらかくなった木材がある場所が大好きです。家の中や周囲にそのような環境を作らないことが、身近なシロアリ予防になります。

基礎部分の周りにはあまりものを置かないようにしましょう。植木鉢などで換気口をふさいでいると、床下に湿気がこもってしまいます。また、お庭や玄関周りに不要な木材やダンボールを置いている場合も危険です。木材やダンボールはシロアリのエサになり、家の中への侵入経路にもなるおそれがあります。

シロアリの発生条件と対策の記事でもより詳しく解説していますので、身近なところから対策をしていきたい方はぜひ参考にしてみてください。

定期的に点検をする

シロアリは気付かないうちに家に侵入し、少しずつ家をむしばんでいきます。侵入されてしまったときに被害を最小限に抑えるために、定期的にシロアリが発生していないかをチェックしておきましょう。

多くのシロアリ駆除業者では、無料のシロアリ調査をおこなっています。家中を定期的に点検をしてもらいましょう。業者のシロアリ調査について疑問がある方は、シロアリ調査の費用や内容も読んでみてください。

シロアリ対策は難しいところがあります。お困りのことがあれば、プロの業者におまかせください。弊社では、シロアリ対策の経験豊富な業者をご紹介できます。全国どちらでもご紹介できるので、まずはお気軽にご相談ください。

もしシロアリ被害に遭ってしまったら?

シロアリ対策をしていてもシロアリの被害に遭ってしまったら、どうすればよいのでしょうか。

新築から5年以内の場合
新築を建てる段階で土壌処理を業者に依頼していたら、5年保証によって無償で対応してくれる場合があります。土壌処理を依頼するときは、保証内容も確認するようにしましょう。

中古の住宅の場合
購入時にすでにシロアリ被害が発生していた場合、契約不適合責任によって売り主に損害賠償や契約解除などの請求ができる可能性があります。契約不適合責任とは、売買した土地や住宅などに契約内容と合致しない箇所があった場合、売り主は買い主に対して責任を負わなければならない法律です。

もしも、住宅にシロアリが発生していることを売り主が知りながら買い主に通知していなかったという場合、契約不適合にあたります。駆除や補修の費用を請求できる可能性がありますので、早めに売り主に通知しましょう。

売り主へ請求する権利は、不適合を知ってから1年以内売り主に通知しておけば保全されます。ただし、不適合責任請求ができる期間を売り主が設定している場合もあります。契約内容をよく確認しましょう。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!