「日本しろあり対策協会」とは|活動内容や入会の条件などをご紹介|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

「日本しろあり対策協会」とは|活動内容や入会の条件などをご紹介

「日本しろあり対策協会」とは|活動内容や入会の条件などをご紹介

「日本しろあり対策協会」は、行政庁の厳しい審査を通過した内閣府公認の公益社団法人です。シロアリに関する団体として唯一内閣府による公益申請認定を受けており、約50年の歴史があります。

協会の目的は、安全かつ高度なシロアリ防除施工を安定しておこなうための薬剤や施工方法の安全管理、施工技術の向上です。そして、目的達成のために各種講習会や資格制度の確立をおこなっています。

しかし、業者に安全・確実な施工が可能になるようサポートしているだけではありません。消費者に寄り添うサポートもおこなっていますので、シロアリ駆除を依頼することがあったら日本しろあり対策協会に所属している業者に相談しましょう。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

公益財団法人「日本しろあり対策協会」の活動

日本しろあり対策協会は、国に認められた唯一のシロアリ防除施工に関する事業をおこなう団体です。しかし、具体的にどのような活動をしているか知らない方も多いので、おもな6つの活動内容についてご紹介します。

シロアリ防除に使う薬剤の認定

シロアリ業者 チェックポイント

シロアリ防除施工には薬剤を使った方法があります。しかし、使われる薬剤の製造に関して、医薬品や農薬のように厳しく定められた法的な規制がありません。

そこで、シロアリを駆除・予防できる効果があり、シロアリ防除施工をおこなう方が誰でも安全に使うことができる薬剤を普及させるための審査と認定をおこなっているのです。

シロアリ防除の標準ガイドライン作成

日本しろあり対策協会は、シロアリ防除について使用する薬剤や施工方法、施工手順、安全管理などの基準を定めています。そして、業者が基準に沿ってシロアリ駆除をおこなうように標準ガイドラインを作成しているのです。

【ガイドライン化の目的】

  • 現在の高いレベルの知識や技術を含めた指針を講習会などで共有する
  • 作業をする人や居住者、動物の安全を守りながら防除薬剤を効果的に使用する

「しろあり防除施工士」の資格を確立

シロアリの防除には、専門的な知識や薬剤を正しく取り扱える実力が必要です。そのため、シロアリの防除施工をおこなう技術者を対象に資格試験を実施しています。

【しろあり防除施工士資格試験の目的】

  • 技術者がシロアリ駆除の施工をする前に必要不可欠な知識の有無を確認する
  • 全国統一の資格制度を設定することで、技術者の知識と技術を一定以上に引き上げる

研究発表会や講習会の実施

同じ目的意識をもつ仲間と触れ合うことでシロアリに関する知識や情報を高めるために、全国で研究発表会や講習会をおこなっています。日本しろあり対策協会の会員以外も参加できる講習会などはありますが、参加費には違いがあります。

【研究発表会や講習会の目的】
常に最新の情報をえて意識高く仕事に取り組み、技術者の意識も技術も高めること

蟻害・腐朽検査制度の確立

蟻害・腐朽(ぎがい・ふきゅう)審査とは、シロアリ被害の有無や建材の劣化状態などを調査することです。図面チェックや居住者からのヒアリング、目視などさまざまな方法で調査をおこない、写真付きの報告書を作成します。

日本しろあり対策協会では、蟻害・腐朽審査士資格の認定登録もおこなっています。資格取得に必要な条件は以下の2つです。

  • しろあり防除施工士、建築士、木造建築士いずれかの資格を取得して3年以上経過している
  • 日本しろあり対策協会が実施する蟻害・腐朽検査の講習会を受けている

蟻害・腐朽検査士の資格を取得すると、シロアリ被害を受けやすい場所やカビや菌などによる劣化の仕組みを理解している証明になります。

消費者の相談受付

日本しろあり対策協会は全国各地に連携団体があり、消費者相談を受け付けています。きちんと相談をして話し合って業者に依頼した場合でも、万が一のトラブルが起きる場合もあるかもしれません。

個人間では難しい話し合いでも、仲介者が入ってくれれば平和的解決が期待できます。日本しろあり対策協会の会員である業者にシロアリ駆除を依頼すれば、いざというときに消費者相談ができるので覚えておきましょう。

消費者相談を受け付けている連携団体は限られているので、詳しくは日本しろあり対策協会ホームページの消費者相談窓口をご覧ください。

「日本しろあり対策協会」の会員になる条件

公益社団法人日本しろあり対策協会定款」には、日本しろあり対策協会に所属している業者が加盟し続ける条件が規定されています。条件を設ける目的は、消費者が安心して施工を依頼できる水準を維持するためです。具体的な条件には以下のようなものがあります。

しろあり防除施工士の資格がある

害虫駆除業者に依頼する

事業としてシロアリ駆除をおこなうのに資格や免許は必要ありません。しかし、日本しろあり対策協会に加入するためには「しろあり防除施工士」の資格をもった従業員が在籍していることが条件です。なお、しろあり防除施工士の受験資格は以下の2つの条件をクリアした方に与えられます。

  • しろあり防除講習会を受講
  • 最終学歴によって異なる実務経験(卒業証明や実務経験証明書が必要)

さらに、取得してからも更新のために定期的に講習会の受講が必要です。忘れずに参加しましょう。

「日本しろあり対策協会」の連携団体に加入している

日本しろあり対策協会の連携団体とは、全国に8つある地区対策協会のことです。8つの地区のなかで、さらに各都道府県個別の協会が存在する場合もあります。日本しろあり対策協会の会員は、事業所の登録をおこなっている地域の協会に入会する必要があるのです。

2つの保険に入っている

事業所が、賠償責任保険と労働災害保険に入っていることも条件のひとつです。ただし、賠償責任保険は施工後のシロアリ再発に対するものではありません。施工中の事故などで消費者の持ち物や第三者に損害を与えてしまった場合に負う責任を補填するための保険です。

【具体例】

作業中に依頼主所有の高額なものを破損した場合などに、業者の加入している保険を使って修復ができる

シロアリ駆除には薬剤を使ったり床材に穴を開けたりする作業があります。注意していてもトラブルが起こる可能性はあるので、保険に加入していることが大切です。

器材などを保管できる場所が1坪以上ある

シロアリ防除には、さまざまな薬剤や器材を使用します。しかし、適切に管理できる場所がなければ、品質の保持はできません。そのため、施工に必要なものを保管し、管理できるスペースが確保されている必要があります。

その他の注意点

反社会的行為をおこなっている方は、多くの企業や団体への所属が認められません。日本しろあり対策協会も例外ではなく、反社会的行為をおこなっている方や非倫理的な行為をおこなっている方は入会できないことになっています。

また、過去2年以内に消費者と重大なトラブルを起こしたことのある人は、日本しろあり対策協会に加入するための審査を通過できません。もしも加盟後にトラブルを起こした場合は、協会から除名されます。

シロアリ駆除は「日本しろあり対策協会」所属の業者がおすすめ

シロアリ駆除を依頼することができる業者は、あらゆる場所に店舗を構える大手の業者から限定的な地域で活動する業者まで数多く存在します。しかし、すべての業者が日本しろあり対策協会に所属しているとは限りません。

ご紹介してきたように、日本しろあり対策協会に入会するためには多くの条件があり、トラブルを起こせば退会となるなどの規制もあります。そのため、適切なシロアリ防除の作業をおこなうことはもちろん、トラブルがないように対策している業者でなければ会員にはなれません。

シロアリの駆除や予防を依頼することがあったら、日本しろあり対策協会に所属している業者を選択しましょう。

他にもある!業者を選ぶ3つのポイント

シロアリ業者 チェックポイント

・細かいところまで丁寧に調査をおこなう
生活しながら見える場所だけでなく、床下や天井裏などの隠れた場所まで調査してくれる業者がおすすめです。

・見積りが明瞭
「作業一式〇〇円」のようなあいまいな表現ではなく、人件費や薬剤費などが細かく費用が書かれている見積書かどうか確認しましょう。そして、不明点や疑問点は事前に確認して納得いくまで説明を受けることができれば安心です。

・保証やアフターフォローがある
シロアリ被害は、プロが隅々まで丁寧に施工しても再発のおそれがあるものです。薬剤の効果を考慮した保証期間やアフターフォローがある業者を選びましょう。

どのような業者にシロアリ防除を依頼すべきなのか、基本的なポイントは日本しろあり対策協会に所属していることと上記の3点です。しかし、自分で一から業者を探すのは大変なので、「面倒臭い」「時間がない」という方は弊社にご相談ください。すべての条件を満たしたおすすめの業者をご紹介します。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!