じつは冬も注意!シロアリの発生時期と予防・駆除策|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

じつは冬も注意!シロアリの発生時期と予防・駆除策

じつは冬も注意!シロアリの発生時期と予防・駆除策

地中や木材の内部で生活し、普段の生活ではほとんど見ることのないシロアリという昆虫。家の建築材を食い荒らす害虫ですが、そんなシロアリの活動時期はいつ頃なのかご存知でしょうか?

この記事ではシロアリが発生する時期や生態、具体的なシロアリ対策方法をご紹介します。シロアリの活動時期を知ることで効果的に対策や予防がしやすくなるため、この記事の内容を参考にしてみてください。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

シロアリの活動時期は1年中!その生態を解説

昆虫といえば春~秋によく見られ、冬になると冬眠などで活動しなくなるイメージをもつ方も多いでしょう。しかし、シロアリは冬眠をせず1年中活動します。たとえ寒い冬でもシロアリは木材を食害していくので油断してはいけません。では、寒い冬でもシロアリが活動できる理由を見ていきましょう。

シロアリが生活する場所

シロアリ時期 冬

シロアリが1年中活動できる大きな理由が、シロアリが生活する場所です。種類によって巣の場所は違いますが、シロアリはエサとなる木や地中などの閉鎖された空間で巣を作ります。木や土の中は比較的温度が安定しているため、多少動きは鈍くなるものの活動することが可能なのです。

また、日本のシロアリ被害のなかで特に多いといわれているヤマトシロアリは、約5度の気温から活動可能のため、他のシロアリよりも寒さに強いです。北海道の北部以外で見られるほど生息範囲が広いので、シロアリ対策をしっかりとおこないましょう。

羽アリの発生時期

シロアリの一部個体が成虫になると、4枚の長い羽の生えた「羽アリ」という個体に変化します。羽アリは新しい巣を求めて飛び立ち、集団で空を飛ぶ「群飛(ぐんぴ)」という行動をします。目安として以下の時期・時間帯に羽アリが発生することが多いので注意してください。

【羽アリ発生時期まとめ】

ヤマトシロアリ:4月~5月の昼頃
イエシロアリ:6月~7月の夜
アメリカカンザイシロアリ:7月~10月昼頃
ダイコクシロアリ:5月~8月の夜

シロアリの種類によって羽アリの群飛時期に違いがあるため、覚えておくことで発生した羽アリの種類を特定しやすくなるでしょう。また、羽アリの群飛でオスとメスがペアになると新女王アリが誕生して産卵し、新しい巣を作られるため羽アリは駆除したほうがよいです。

シロアリ対策時期は早いほうがよい!DIYの方法5つ

シロアリの活動時期は1年中のため、たとえ寒い冬であってもシロアリは床下などの木材を狙って侵入しようとしてきます。気付かずに侵入されてしまっては遅いので、できるだけ早めに対策をしましょう。シロアリ予防をDIYでおこなう方法を5つ紹介します。

湿気対策をする

シロアリは湿気の多い環境が好きな昆虫です。湿気の多い環境だと木材の劣化も早くなるため、できるだけ湿気が過剰にならないように対策をしておきましょう。湿気対策をするには風通しをよくしたり、湿気取りを利用したりするといった方法があります。

また、湿気対策として特に重視しておきたいのが床下部分。DIYで床下の湿気対策をするなら「調湿剤」を床下全体に設置するのがおすすめです。ただし、床下での作業は頭や体を打ってケガするなどのリスクがあるため、身を守る道具を用意してください。

ベイト剤を設置する(ベイト工法)

ベイト剤とは、シロアリにとってエサとなる成分が含まれた薬剤のことです。このベイト剤を地中や蟻道付近に設置し、シロアリに食べさせて毒で駆除するのがベイト工法です。シロアリがベイト剤を食べることで、ベイト剤に含まれる「脱皮阻害剤」の影響で脱皮ができなくなり、シロアリは死んでしまいます。以下の手順を参考にし、ベイト剤を設置しましょう。

【ベイト剤の設置手順】

  1. 設置可能な位置を確認する
  2. スコップ等で穴を掘る
  3. ベイト剤を設置する
  4. 定期的にフタを開けてシロアリ有無を確認
  5. ベイト剤が足りなくなったら交換する

なお、ベイト剤は1個だけでなく複数個同時に設置しておくほうが効率的に駆除ができます。その場合は、ベイト剤同士の位置が近すぎないように20~30センチメートル間隔を目安として設置してください。

外にある木材を保護する

シロアリは食べられるものであれば、外に放置されている木材や家具なども穴を開けて食害します。そのため、食害されないように木材をシートなどで保護しましょう。大きなビニール袋で保護するだけでも十分ですが、木材の色落ちも保護してくれるシートもあるので、お好みに合わせて選んでみてください。

また、木材や家具にシートを使うときは、うわべだけ被せるのではなく下側もしっかりと覆うことが大切。シロアリは地面から直接木材を食害することがあるので、全体的に保護するように心がけましょう。

蛍光灯の光に注意する

羽アリに限らず、多くの羽虫は光から放たれる紫外線に反応して近くに寄ってくる習性があります。普段の生活のなかで使用している蛍光灯にも紫外線が含まれているため、夜に活動するイエシロアリなどの羽アリが蛍光灯の光につられてやってくるかもしれません。以下の方法で、羽アリが光に寄ってこないよう対策しておきましょう。

【光に集まる羽アリ対策】

  • 紫外線の少ない照明に変更する
  • 遮光カーテンを使用する
  • 遮光フィルムを窓に取り付ける

部屋の照明のなかには、紫外線がほとんど発生しない「LED」というタイプの照明も存在します。LED照明は蛍光灯よりも寿命が長い傾向があり、電気代も安くなりやすいためこの際取り替えてみるのもよいですね。

大量発生した羽アリを駆除する

シロアリの予防方法

ベランダや玄関などの自宅で羽アリが大量発生した場合、できるだけ逃がさない方法で駆除してください。羽アリは新しい巣を作るために飛び立つため、逃がしてしまうと新しい巣を作られる可能性があります。

羽アリを逃がさずにうまく捕まえるには、掃除機で吸い込む駆除方法が有効です。掃除機の強風で吸い込むことで、体の弱い羽アリは絶命してしまいます。ただし、殺虫剤を使ったあとに掃除機を使うと引火のおそれがあるため絶対に併用しないでください。羽アリのシロアリの発生時期に、いつでも駆除できるように準備しておきましょう。

シロアリ予防・駆除は業者にお任せ!依頼するメリット

DIYでもシロアリ対策が可能ですが、併用してシロアリ駆除業者に依頼して予防してもらうこともおすすめします。なぜなら、業者に依頼することでこれからご紹介する2つの大きなメリットがあるからです。

メリット1.効果的な予防・駆除ができる

シロアリ予防・駆除をおこなうプロの業者であれば、シロアリに関する豊富な知識と施工経験を活かして効果的な駆除ができます。例えば「バリア工法」は床下に薬剤を撒いたり木材に注入したりしてシロアリを退治する施工方法で、薬剤の効果が続く5年程度の間シロアリの侵入をしっかりと防げます。

バリア工法は床下の作業なのでDIYは難しく、薬剤が全体にまけなかったり、作業時に薬剤を吸い込んだりしてしまうリスクがあります。その点、十分の施工技術をもった業者であれば効果的なシロアリ対策が可能なのです。

メリット2.再施工などの保証がある

多くのシロアリ駆除業者には、シロアリ予防・駆除の施工後に「保証期間」を設けています。施工後、保証期間内にシロアリ被害が発生してしまったときには無料または割引で再施工してもらえるため、安心できます。

また、シロアリ駆除の保証期間は5年以上のところを選ぶとよいでしょう。バリア工法で使用する薬剤は約5年間有効であるためです。

シロアリ業者を選ぶポイント

効果的なシロアリ予防・駆除をしてもらうためには、豊富な知識と経験の豊富な優良シロアリ駆除業者に依頼することが大切。以下のポイントを参考にして、シロアリ駆除業者を選んでみてください。

【業者選びのポイント】

  1. 実績や施工事例を公開しているか
  2. 日本しろあり対策協会の会員か
  3. 対応は丁寧か
  4. 施工後の保証は付いているか

実績については、依頼を検討する業者のホームページを調べてみてください。今まで何件・何年シロアリ施工をしてきたか、写真を使って丁寧にシロアリ駆除状況を載せているかといった点を見ておきたいところ。

また、日本しろあり対策協会は日本の家屋をシロアリから守るために活動をしている、50年以上もの歴史をもつ公益社団法人です。会員になるためにはシロアリ駆除に関する知識と設備が整っていなければならないため、業者を判断する要素のひとつになります。

ちなみに、弊社のサービスを利用することで日本しろあり対策協会の会員の業者に依頼することも可能です。対応が丁寧で施工後の保証もしっかりと付いた業者に依頼することが可能ですので、業者選びにお困りであればぜひご相談ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!