シロアリ駆除の保証は5年が基本|保証内容と適用外のケースを紹介|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

シロアリ駆除の保証は5年が基本|保証内容と適用外のケースを紹介

シロアリ駆除の保証は5年が基本|保証内容と適用外のケースを紹介

シロアリ駆除は業者に依頼するのが一般的です。そして、施工後は基本的に5年間の保証が付きます。保証期間が5年である理由は、シロアリ駆除に使われるおもな薬剤の効果が約5年持続するからです。

しかし、すべての業者が同じ保証内容でシロアリ駆除を請け負っているわけではありません。シロアリ駆除における施工保証の内容や建物への補償、保証を受けられなくなってしまうケースなどについて詳しくご紹介します。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

一般的な保証期間は5年

シロアリ対策として業者に駆除や予防を依頼すると、多くの場合5年間の施工保証が付きます。施工保証の内容はおもに以下の2点です。

  • 保証期間内にシロアリが発生(再発)した場合に無料、もしくは割引価格で再度シロアリ防除の施工をしてくれる
  • 保証期間中は年に1度定期点検をおこなう

保証期間は、シロアリ防除に使われる薬剤の効果が持続する期間を考慮して設定されています。そのため、使用する薬剤の種類によっては、保証期間が5年より短くなる場合もあるので注意してください。

また、かつては10年以上効果を発揮する薬剤もありましたが、強力な殺虫成分が環境や人体に悪影響をおよぼす問題が発生しました。

そこで、現在は効果持続期間が多少短くなっても、環境や人体に優しい安全な薬剤を使用するようになったのです。なかでも、「公益社団法人日本しろあり対策協会」で認定登録されている薬剤は効果や安全性の審査を通過しているので特におすすめです。

ただし、業者によっては独自の薬剤や施工法を駆使して10年保証を実現させているケースもあります。なるべく長く保証が付いている業者を選びたい場合は、施工依頼する前に保証内容を確認しておきましょう。

ベイト工法の保証期間は業者によって異なる

一般的なシロアリ防除の保証期間は5年間とご紹介しました。しかし、液剤を散布するバリア工法ではなく、毒エサを使用するベイト工法を選択した場合は、保証期間が変わることがあります。

ベイト工法は、バリア工法のように一度施工したら完了ではなく、毒エサを定期的に交換しなければなりません。数ヵ月ごとに交換しなければならないものもあれば、1年や2年交換の必要がないものもあります。そのため、一概に「何年間は保証できます」と断言することが難しいのです。

ベイト工法の保証は、バリア工法に合わせて5年の場合もあれば、1年ごとに契約の更新をすることで保証期間が延長される場合もあります。業者によって詳細はさまざまなので、事前に確認しておくことをおすすめします。

建物の被害も補償を受けることができるかも

シロアリ防除工事の保証は、施工内容だけではありません。施工後、保証期間内にシロアリが発生して建物が被害を受けた場合、シロアリ被害を受けた箇所の修繕費用を補償してくれる業者もあるのです。

補償金額の上限は業者によって異なりますが、1,000万円まで補償してくれることもあります。詳しい金額などは業者から受け取る保証書を確認しましょう。

ただし、補償をするのはシロアリ駆除業者ではなく、シロアリ駆除業者が加入している保険会社です。保険会社の適用条件に該当しないと補償を受けられないので、利用したい場合は一度業者に相談してみましょう。

シロアリ駆除の保証を受けられないケース

シロアリ被害は建物の強度に関わる大きな問題です。そのため、シロアリ防除の施工には手厚い保証が付いています。ただし、シロアリ駆除の保証を受けるためには、【約束したときと環境が変わっていないこと】が条件です。

以下の4つのケースに該当する場合は、保証を受けることができないことがあるので注意してください。

保証対象外のシロアリが発生した

多くの業者は、在来種のヤマトシロアリとイエシロアリの駆除や予防が保証の対象になっています。他のシロアリは、生態が異なり駆除の難易度も上がるため、保証対象外になってしまうことが多いのです。

具体的には、近年日本の各地で被害が発生している外来種のアメリカカンザイシロアリなどが対象外になる可能性が高いです。ご自宅に発生したシロアリがどの種類かを確認して、保証の対象内かどうか把握しておきましょう。

自分で種類を見分ける際には、『シロアリは種類で見た目や特徴が違う!見分け方を詳しく解説』を参考にしてください。

施工後に無断で家を増改築した

シロアリ駆除の保証を受けられないケース

施工後に業者に無断で家を増改築してシロアリが再発した場合も、保証対象外になることが多いです。住宅を増改築すると施工時と構造が変わります。そのため、消毒されていない部分が出てきてシロアリの侵入口となるおそれがあるのです。

保証期間内にどうしても増改築が必要であれば、業者に相談してシロアリ防除の効果が薄れないよう追加で消毒を依頼するなどの対策をとりましょう。

施工後の住宅の欠陥を放置した

建材の劣化などにより、雨漏りや漏水などが起きる場合があります。そして、そのまま適切な修理もせずに放置すれば、家の中の木材は腐ったり水気を含んでやわらかくなったりしてシロアリ発生の原因になるおそれがあります。

上記のケースでシロアリが再発しても、シロアリ防除をした施工業者に落ち度があるとは考えられないため、保証の対象外になる可能性が高いです。

施工後のDIY駆除/他社に駆除依頼をした

一度の施工では不安だと、自分で再度薬剤を散布したり他の業者にシロアリの駆除や予防を依頼したりした場合も、保証の対象外になります。理由は、どの段階の施工がシロアリ発生の原因になったか判断できないためです。

どうしても不安な場所が残っている場合や、追加で施工した場所が出てきた場合は、勝手に自分で手を加えるのではなく、最初に依頼した業者に相談しましょう。

自分でもできるシロアリ対策

自分でもできるシロアリ対策

業者に施工依頼した場所に追加で手を加えることは、保証の対象外になってしまうおそれがあるため控えたほうがいいです。しかし、自分でもできる簡単なシロアリ対策があります。以下の2つを実践して、シロアリが寄り付かない環境を維持しましょう。

エサになるものを放置しない
シロアリの主食は木材などに含まれるセルロースです。庭や家の周りに不要な木材や木の杭などがあったら早めに処分しましょう。

また、セルロースを抽出してつくられるダンボールや新聞紙などもシロアリに狙われやすいです。早めに処分するか屋内の湿気の少ない部屋に片付けましょう。

湿気が多い場所の風通しをよくする
家の床下は湿気がこもりやすく、シロアリが発生しやすい場所のひとつです。基礎周りにある通気口周辺にものを置かないようにして、床下の湿気対策をしましょう。

また、浴室やトイレ、洗面所などの水回りもシロアリが発生しやすい場所です。浴室を使用したあとは換気扇を回すなどの対策をしましょう。さらに、残り湯がある場合は、浴槽にフタをしておくと湯気がたたないので、湿気対策になります。

保証の充実したシロアリ駆除業者を見つけよう

保証の充実したシロアリ駆除業者を見つけよう

シロアリ防除の工事は、保証の内容が業者によって異なります。将来的にシロアリ被害にあう可能性がゼロではない以上、より手厚い保証が受けられる業者に依頼したいと考える方は多いです。

しかし、シロアリ防除業者は数多く存在するため、施工や保証の内容を細かく調べるのはとても大変です。少しでも楽に業者を探したい方は、ぜひ弊社にご相談ください。

お電話でご自宅の状況やご要望などをうかがって、おすすめの業者をご紹介します。調査や見積りだけなら無料の業者もあるので、お気軽にご利用ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!