【シロアリ対策】ハウスメーカー7社の内容を詳しくご紹介します!|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

【シロアリ対策】ハウスメーカー7社の内容を詳しくご紹介します!

【シロアリ対策】ハウスメーカー7社の内容を詳しくご紹介します!

新築住宅のシロアリ対策の内容はハウスメーカーごとに異なります。

建築基準法施工令第49条第2項により、住宅は建設時にシロアリ対策をおこなうように推奨されています。しかし、対策の具体的な内容までは記載されていないため、各ハウスメーカーは同法律に基づきつつ、独自の内容を盛り込んだシロアリ対策をおこなっています

今回は大手ハウスメーカー7社のシロアリ対策の内容をご紹介します。さらに、シロアリ被害に遭いにくい家の特徴も解説しますので、ぜひ家づくりにお役立てください。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

ハウスメーカーによる新築住宅のシロアリ対策の内容

まずは、シロアリ対策の基準になる建築基準法施工令第49条第2項の条文をご紹介します。

構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から一メートル以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない

引用元:建築基準法施工令第49条第2項

要約すると「地面から1メートル以内の範囲はシロアリ対策をするように」ということです。各ハウスメーカーはこの基準に基づきながら以下の対策をおこなっています。

【おもなシロアリ対策】

・土壌処理
床下の地表や地中に薬剤を散布する方法です。薬剤の散布によって土壌の表面にバリアが作られるので、地中から床下にシロアリが侵入できなくなります。シロアリが住み着いて巣が作られるのを予防する効果があります

・木部処理
床下の木材に穴を開けて薬剤を注入し、そのあと表面に薬剤を吹き付けます。メーカーによっては最初から薬剤を吹き付けた木材を使用するところもあります。シロアリが木材をかじってボロボロにしたり、内部に巣を作ったりするのを防ぎます

さらに、各ハウスメーカーはアフターサービスとして独自のシロアリ保証を設けています。保証期間は薬剤の有効期限によって変わりますが、一般的に5~10年間が多いです。保証期間内にシロアリが再発したり、被害を受けたりした場合は、無料もしくは格安の駆除、被害箇所の修復にかかる費用の補償などを受けることができます

ただし、再発したシロアリが外来種のアメリカカンザイシロアリだった場合は、期間内であっても保証対象外になるケースが多いです。駆除の難しさや生態の特殊性が理由と考えられます。条件はメーカーによって異なるので必ず確認してください。

大手ハウスメーカー7社の対策・保証を比較!

この章では、大手ハウスメーカー7社のシロアリ対策・保証をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ミサワホーム

【対策内容】

ミサワホームでは薬剤散布をしない代わりに、建材にシロアリ忌避成分を含んだ木材を使用し、住む人にとって安心安全なシロアリ対策をおこなっています。浴室などの水回りの土台には腐朽に強いヒバ材を使用し、さらに工場で独自の防腐処理を施しています。

【保証期間】

ミサワホームのシロアリ保証期間は10年です。保証期間終了後は、10年ごとに保証を延長することができます。ただし、保証を延長するためには以下の条件を満たす必要があるので、しっかり確認しておきましょう。

①「新築住宅保証制度」に基づく点検を欠かすことなく受けていること。「新築住宅保証制度」に基づく点検とは、11ヵ月目、23ヵ月目、5年目、10年目、15年目、20年目、30年目にミサワホーム(ディーラー)またはミサワホーム(ディーラー)が指定する者が行う建物の点検(無償)のことです。

②「維持管理保証制度」に基づくミサワホーム(ディーラー)またはミサワホーム(ディーラー)が指定するものが行う、住宅の耐久性に関する有償診断(耐久性診断)を欠かすことなく受けていること。耐久性診断(有償)は、35年目および40年目以降10年毎。構造体、白蟻、防水保証は満了時毎に行う必要があります。

➂上記①②の各点検・耐久性診断の結果、メンテナンスが必要と判断されたときは、その部分の耐久性維持のために有償工事(耐久工事)を受けていること。

引用元:ミサワホームアフターサービスについて

一条工務店

【対策内容】

一条工務店では、床下、1階の構造部材ほぼすべて、1階の断熱材、バルコニー、破風板にシロアリ対策を施しています。組み合わせると見えなくなる部分まで徹底的に施工をおこなっているのが特徴です。さらに、断熱材にも防蟻処理を施しています。

【保証期間】

一条工務店ではシロアリ以外の保証も含めて30年の長期保証を実施しています。ただし、保証を受けるためには以下のような条件がありますのでご注意ください。

30年長期保証は、10年目、15年目、20年目の定期点検(無償)と弊社が必要と認めたメンテナンス工事(有料)が保証適用条件となります。

引用元:一条工務店アフターサービスについて

三井ホーム

三井ホームのシロアリ対策・保証は以下のようになっています。

【対策内容】

三井ホームでは、床下全面をコンクリートで覆うマットスラブがシロアリの侵入を防ぎます。また、地域に合った適切な防蟻処理を行うことで、基礎下からのシロアリの侵入を徹底的に防ぎます。また、1階床土台にインサイジング加工及び加圧注入等による防腐・防蟻処理を行い、さらに基礎天端から+1mの構造材部分にまで薬剤処理を施しています。

引用元:三井ホームホームページ

マットスラブは、三井ホームが独自に開発したベタ基礎構造です。従来のベタ基礎の2倍以上の鉄筋を使用し「面」で家を支えます。シロアリだけでなく、地震にも強い頑丈な家を実現することが可能です。

【保証期間】

防蟻処理につきましては、お引き渡し日より10年目以降、10年毎に再処理を実施いただくことにより10年の保証をさせていただきます。(東日本の特別地域については5年毎の防蟻点検、西日本の特別地域については5年毎のメンテナンス付点検が必要となります。)

引用元:三井ホームアフターサービスについて

ユニバーサルホーム

【対策内容】

ユニバーサルホームでは、独自の地熱床システム構造を採用しており、床下をコンクリートで密閉することでシロアリが侵入する隙間をなくしています。さらに、床下に湿気をためこまないので、シロアリを発生させにくい環境を実現することが可能です。

【保証期間】

ユニバーサルホームのシロアリ保証期間は5年です。保証期間終了後は、5年ごとに保証の延長が可能で、最大30年まで延長することができます。ただし30年延長保証は、引き渡しから6ヶ月、1年、2年、5年、10年、15年、20年、25年合計8回の定期点検と、5年ごとに防蟻処理を受診することが条件です。

参考元:ユニバーサルホームアフターサービスについて

スウェーデンハウス

【対策内容】

スウェーデンハウスでは、独自の通気工法によって湿度を調節し、乾燥状態を保つことでシロアリを予防します。床下全面には防湿フィルムを敷き詰めて湿度の上昇を防ぎます。さらに、建材には人体に無害なホウ酸に漬け込んだ木材を使用し、住む人に安心安全なシロアリ対策をおこなっています。

【保証期間】

スウェーデンハウスでは、シロアリ以外の保証も含めて50年間の長期保証を実施しています。引き渡しから10年目までは保証内容に基づいた定期点検を、10年目以降は5年ごとに定期点検をおこなっています。

参考元:スウェーデンハウスアフターサービスについて

大和ハウス

大和ハウスのシロアリ対策内容と保証は、以下のようになっています。

【対策内容】

ダイワハウスでは、基礎底部と立ち上がり部を一体構造とすることで、継ぎ目のないシームレス基礎を実現。シロアリの侵入する余地をなくしました。さらに、基礎の断熱材に防蟻薬剤を施し、建物内へのシロアリの侵入も予防します。また、防湿コンクリートの厚さをしっかりと確保し、地面からの湿気を遮断することで土台の木材の腐朽も防止。シロアリを寄せ付けず、長寿命な木造住宅を可能にします。

引用元:大和ハウスホームページ

【保証期間】

大和ハウスのシロアリ保証は10年間です。保証期間終了後は、有料メンテナンス工事の受診により、5年または10年間の保証延長が可能です。保証は最大60年まで延長でき、60年経過後も希望があれば診断・保証をしてもらうことが可能です。

参考元:大和ハウスアフターサービスについて

住友林業

住友林業のシロアリ対策内容と保証は、以下のようになっています。

【対策内容】

建物の周囲に埋設したパイプに薬剤を注入。外周からシロアリの侵入を阻止します。また、床下に薬剤を散布する一般的な防蟻処理と異なり、建物内部で薬剤処理しないのでシックハウスの心配がなく、安全性の高い施工方法です。

※お引渡時点では構造材に直接薬剤を塗布しています。パイプへは10年目以降に薬剤を注入します。

引用元:住友林業ホームページ

【保証期間】

住友林業のシロアリ保証期間は10年です。保証期間終了後は10年ごとの延長が可能で、最長60年まで延長可能です。

ただし60年延長保証は、引き渡しから3ヶ月、1年、2年、5年、10年、15年、20年、30年、40年、50年、60年合計12回の定期点検と、10年ごとの防蟻再施工が条件です。60年経過後も希望があればメンテナンスをおこなってもらえます。

参考元:住友林業アフターサービスについて

シロアリ被害に遭いにくい家の共通点

シロアリ被害のリスクを少しでも減らすためには、家づくりの段階でシロアリ被害に遭いにくい構造にすることが有効です。どんな家がシロアリ被害に遭いにくいのか見ていきましょう。

床下に十分な空間がある家

シロアリ対策 床下

床下に十分な空間がある家は、湿気がたまりにくく風通しもよいので、シロアリにとっては住みづらい環境です建築基準法施工令第22条第1項でも【床の高さは、直下の地面からその床の上面まで四十五センチメートル以上とすること】とあります。

床下が狭いとシロアリ点検の際に業者が入ることができず、作業に支障をきたすおそれもあります。建設業者としっかり相談して、床下に余裕をもたせた家づくりをしましょう。

床下の換気口が十分にある家

同建築基準法施工令の第22条第2項には【外壁の床下部分には、壁の長さ五メートル以下ごとに、面積三百平方センチメートル以上の換気孔を設け(中略)】とあり、床下には決められた数と大きさの換気口を設置しなければなりません。

きちんと換気口が設置されている家は、湿気が床下にこもらず乾燥した状態を維持することができるので、シロアリが発生しにくいです。換気口の数や大きさについても建設業者からしっかり説明を聞きましょう。

風通しと日当たりがよい家

シロアリは乾燥や日光に弱い生き物です。風通しと日当たりがよい場所に建つ家であれば、シロアリは住み着きづらくなります。土地探しや物件探しでは、できれば周りの環境もチェックするとよいですね。

逆に、川や田んぼの近くに建つ家は湿度が高くなりやすいので、シロアリ対策の観点で見れば避けたほうが無難です。

ベタ基礎構造の家

ベタ基礎

住宅の基礎構造は布基礎とベタ基礎の2種類あります。布基礎は地面に対して逆T字型に鉄筋コンクリートを打ち込む方法です。対するベタ基礎は床下全体を鉄筋コンクリートで覆う方法です。

シロアリ対策としては、床下全体を覆って侵入する隙間をなくしたベタ基礎構造の家のほうが効果が高く、現在はほとんどのハウスメーカーがベタ基礎を採用しています。

しかし、ベタ基礎構造でもシロアリが侵入することがあります。ベタ基礎は最初に全面にコンクリートを流したあとで、立ち上がりのコンクリート(床板と基礎の間に入れて通気を確保するための部材)を打ち込みます。そのとき、立ち上がりと基礎の間にわずかな隙間が発生してしまうのです。

このようなことから、ベタ基礎構造であってもシロアリ対策をするのが一般的です。対策の有無については、ハウスメーカーに問い合わせて確認してみるとよいですね。

住み始めてからもシロアリ対策は続けよう

建設時のシロアリ対策だけで、入居後もずっとシロアリを予防できるわけではありません。シロアリ対策は新居に住み始めてからも続けることが大切です。この章では普段からできるシロアリ対策をご紹介します。

・基礎周りにものを置かない

エアコンの室外機などは基礎周りに置かないようにしましょう。換気口がふさがって通気が悪くなったり、基礎周りの日当たりが悪くなったりして、シロアリが発生しやすくなります。

・木材を放置しない

部屋や庭のDIYで木材を使用することもあるかもしれません。そのとき出た木材の端切れや使わなかった木材は屋外に放置せず、家の中に片付けましょう。シロアリは木材に含まれるセルロースが大好物だからです。

・こまめに換気する

湿気がこもりやすい浴室などの水回りは、窓を開けたり換気扇を活用したりしてこまめに換気しましょう。押し入れやクローゼットも1日に1回程度扉を開けて空気を入れ替えることが大切です。こまめな換気はカビやダニの予防にも効果がありますよ。

早期発見のために知っておきたいシロアリ発生のサイン

シロアリが自然の中に存在する以上、どれだけ対策を徹底していても、シロアリ被害に遭うおそれがあります。しかし、シロアリの被害に早く気付くことができれば、被害を最小限に抑えることができます。以下の症状が見られたら、シロアリを疑って早めに業者に相談しましょう。

  • 床や畳の上を歩くときしむ/ふわふわする
  • 柱を叩くと「ポコポコ」と軽い音がする
  • 羽の付いたアリを見かけるようになった
  • 見慣れない羽がたくさん落ちている
  • 柱の近くに木くずのようなものがたくさん落ちている
  • 基礎周りに土が盛られたトンネルのようなものがある
  • 最近、扉やふすまの開け閉めがしにくい
  • 柱などに何者かに食べられたような痕がある

シロアリ駆除業者をお探しの際は弊社にお電話ください。全国に加盟店がございますので、お客様のご自宅の近くですぐに対応可能な業者をお探しすることができます。無料のご相談は年中無休で受け付けておりますので、ぜひ一度ご利用ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!