シロアリ駆除は必要ない?放置するリスクや予防のタイミングを解説|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

シロアリ駆除は必要ない?放置するリスクや予防のタイミングを解説

シロアリ駆除は必要ない?放置するリスクや予防のタイミングを解説

コンクリート造の家や、築年数の浅い新しい家に住んでいる方のなかには、「うちにシロアリ駆除は必要ない」と思っている方も多いでしょう。しかし、その考えは危険です。

シロアリはどのような家にも発生する可能性があります。シロアリ被害を放っておくと、駆除や修繕に高額な費用がかかったり、最悪の場合家が倒壊したりする危険性もあります。

まずはシロアリが発生している兆候がないかチェックしてみましょう。当記事ではシロアリ駆除の必要性や、駆除の費用相場などをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

シロアリの駆除と予防の違い

シロアリの対策方法には、「駆除」と「予防」があります。それぞれどのような作業をするのか、違いを知っておきましょう。

シロアリ駆除
・被害に遭っている場所を探す
・シロアリを駆除する
・被害に遭った場所やまだ被害を受けていない場所に薬剤を散布する
・必要であれば被害場所の修復工事をおこなう

シロアリ予防
・シロアリの被害に遭いやすい場所に薬剤を散布する

シロアリ予防は、「防除工事」と呼ばれることもあります。すでに被害に遭っている方は「駆除+予防」を、まだ被害に遭っていない方は「予防」をしましょう。予防の必要性は「新築から5年たったら予防は必要?」で詳しくご紹介しています。

シロアリ駆除の必要性

すでにシロアリの被害に遭っていても、「そのまま放置して問題ないのでは?」と思われているかもしれません。しかし、シロアリの被害は気付かないところで徐々に広がっています。シロアリの被害を放置するとどうなってしまうのか、順番にご紹介します。

コンクリートや鉄骨も被害に遭うおそれ

家の倒壊リスクが高まる

シロアリは木造住宅にしか被害を与えないと勘違いされやすいですが、じつはコンクリートや鉄骨の住宅でも被害に遭います。コンクリートや鉄骨の住宅にも木材が使用されている場所があるため、床下のわずかな隙間から入り込み、被害をもたらしてしまうのです。

また、ベタ基礎(床一面がコンクリートになっている住宅)の住宅でも安心してはいけません。ベタ基礎でも、床板の立ち上がりの部分にできた隙間や配管・配線の隙間、外壁の隙間などあらゆる場所からシロアリに侵入されるおそれがあります。

しろあり防除施工士の資格認定などをしている公益社団法人日本しろあり対策協会の公式サイトでも、鉄筋コンクリート造の建物や金属、コンクリート自体の被害が紹介されています。

木造住宅でなくてもシロアリの被害に遭うことはあるため、シロアリ発生が疑われるときは被害が広がる前にしっかり駆除・予防をしましょう。

家の倒壊リスクが高まる

シロアリはおもに床下に住み着き、柱などの木材を食べながら数を増やします。数が増えるにつれて被害範囲も徐々に広がっていくので、最終的には家の柱まで食べられてしまうこともあります。特に、地震や強風などで横揺れしたときに家を支える「筋交い」と呼ばれる部分が被害を受けると、耐震強度が落ちて家の倒壊リスクが高まります

駆除や修繕の費用が高くなる

シロアリ駆除費用は駆除の範囲によって変動します。シロアリ被害が拡大して駆除範囲が広くなってからだと、そのぶん費用も高額になってしまうのです。また、被害が大きいと追加工事が必要になる場合があり、修繕費用が別途かかることも考えられます。

費用を惜しんで先延ばしにするよりも、被害の少ないうちに駆除をしておいたほうが、結果として費用が安く済む場合があります。

他の害虫が寄ってくる

シロアリの数が多いと、シロアリを捕食するクモやクロアリまで寄ってくるかもしれません。特に一部のクロアリは、家電製品の内部に侵入して巣を作ったり、食品を食べ荒らしたりします。クロアリの駆除も必要になると、さらに負担が増えてしまいます。

ご紹介したように、シロアリの放置はあらゆる被害をもたらします。シロアリがいるとわかったら、被害が拡大してしまう前に駆除をしましょう。弊社では、シロアリ駆除のプロをご紹介しています。まずは被害の状態を確認するためにも、点検をご依頼ください。

こんな症状があったらシロアリに注意!

「シロアリ駆除の必要性はわかったけど、今は特に症状もないから大丈夫」という方もいるかもしれません。しかし、それはシロアリが出すサインに気付いていないだけかもしれません……。

この章では、シロアリが発生した家で比較的初期の段階にあらわれる、特徴的な症状をご紹介します。症状に早く気付けば被害を最小限に抑えることができるので、チェックしてみましょう。

畳や床がフワフワ・ギシギシする

畳や床がフワフワ・ギシギシする

畳や床の上を歩いたときにフワフワしたり、ギシギシと音が聞こえたりしたら、シロアリが発生しているおそれがあります。畳に使われているわらや、床材に使われている木材がシロアリに食べられて内部がスカスカになっていることが考えられるからです。

また、ドアやふすま、雨戸などの開け閉めが突然しにくくなった場合も注意しましょう。柱や壁がシロアリに食べられて、歪みや傾きが生じているのかもしれないからです。

柱を叩くと空洞音がする

柱を叩いたときに「ポコポコ」と軽い空洞音が聞こえたら、シロアリを疑いましょう。柱の内部がシロアリに食べられて、スカスカの状態になってしまっていることが原因だと考えられます。

床に木くずが落ちている

柱などの木材のまわりに木くずのようなものが落ちていたら、それはシロアリがいるサインかもしれません。シロアリが木材から出てくるときに木くずが落ちるからです。また、一部のシロアリは食べた柱の近くにフンをします。粒のようなフンが大量に落ちているのを見つけたら、一度業者に連絡して調査してもらいましょう。

基礎部分に蟻道がある

蟻道(ぎどう)は、シロアリが地上と床下を移動するために作ったトンネルです。蟻道は土を盛って作られています。床下や基礎部分に茶色い土が不自然に盛り上がっている場所があったら、蟻道の可能性があります。

蟻道らしきものを発見したらむやみに崩さず、業者に相談するようにしましょう。蟻道を崩すとシロアリが逃げ出し、家中に散らばって駆除が難しくなってしまうからです。蟻道の見分け方や対処法をご確認ください。

ひとつでも該当したらまずは調査を!

シロアリ被害を最小限に抑えるためには、シロアリのサインに1日でも早く気付いて対処するのが重要です。ご紹介した症状にひとつでも当てはまる場合は、一度業者に調査してもらうことをおすすめします。

調査だけなら無料でしてくれる業者も多いので、調査したうえでシロアリが見つからなければ、出費は一切ありません。詳しくはシロアリ調査の費用と流れもご覧ください。

シロアリ調査のご依頼やシロアリ駆除のご相談は、ぜひ弊社までお問い合わせください。お客様からうかがったお話やご希望条件から、ぴったりなシロアリ駆除業者をお探しいたします。

シロアリを自分で駆除するのは難しい

調査の結果「シロアリがいる」とわかった場合、基本的には、調査を依頼した業者に駆除してもらうのがおすすめです。

シロアリを根絶するためには、目の前のものだけでなく巣から徹底的に駆除する必要があります。しかし、暗く狭い床下で、懐中電灯で照らしながら巣を探す作業はとても大変ですし、シロアリの生態に関する知識も必要です。このような理由から、シロアリ駆除は業者に依頼したほうがよいです。

この章では、シロアリ駆除業者の駆除費用の相場をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

シロアリ駆除の費用相場

シロアリ駆除の費用相場

業者がおこなうシロアリ駆除にはおもに2種類の方法があります。それぞれの内容や費用相場を参考にしていただき、ご自宅に適した方法を選択してください。

ベイト工法
ベイト剤という毒エサをシロアリの通り道に置きます。そして働きアリにエサを持ち帰らせ、巣の仲間ごと駆除する方法です。多くのベイト剤の薬剤は人や哺乳類には毒性がないので、小さなお子さんやペットがいる方も安心です。ただし、バリア工法より費用が高くなる点や、効果が出るまで時間がかかる点に注意しましょう。

◇料金:約6,500円/外周1メートル(30坪:外周40メートルで約30万円)

バリア工法
床下や基礎部分に薬剤を散布して駆除する方法です。ベイト工法より即効性があり費用も抑えられますが、家中に薬剤を散布してそれが残留するため、においなどによって人やペットにも悪影響が出るおそれもあります。

特に小さなお子さんやペットがいる方は、どのような薬剤が使われるのか注意して確認しましょう。不安がある場方には、ベイト工法をおすすめします。

◇料金:約6.300円/1坪(30坪で約20万円)

※戸建て住宅の平均的な広さ30坪を計算例としました。

新築から5年たったら予防は必要?

多くの業者はシロアリ予防の保証期間を5年としているため、家を建ててから5年たつと、施工した業者から点検と予防のお知らせが届きます。シロアリ予防が5年ごとに必要なのは、日本しろあり対策協会が認定している薬剤は、基本的に有効期限が5年だからです。

5年を過ぎると徐々に性能が失われてしまうため、再び予防をする必要があります。一度薬剤を散布したから大丈夫というわけではないので、5年おきの予防をおすすめします。

自分でできるシロアリ予防

自分でできるシロアリ予防

直接的なシロアリ予防はプロでないとできないですが、自分でできるシロアリ予防もあります。日頃から、以下のことに注意してシロアリ被害を防ぎましょう。

エサとなるものを置かない
お庭や玄関、物置など家の周囲に使わない木材や枕木を放置していると、シロアリのエサになってしまいます。シロアリを呼び寄せ、家の中へ侵入されるきっかけになるおそれがあるのです。木材だけでなく、段ボールもシロアリが寄ってきてしまうため、外に置かないようにしましょう。

家の回りはすっきりさせておく
シロアリは、じめじめしている場所を好みます。建物の日当たりや風通しをよくするために、家の基礎や外壁周辺には極力荷物を置かないようにしましょう。特に通気口付近に植木鉢などを置いていると、床下に湿気が溜まってしまいます。

シロアリ対策についてより詳しくは、シロアリの発生条件と予防対策もご覧ください。

床下に潜り込んで直接薬剤を散布したいという方もいるかもしれませんが、知識がない状態でおこなうと、薬剤によって中毒になるおそれもあります。危険をともなう作業のため、本格的なシロアリ予防はプロに依頼しましょう。

弊社では、シロアリの駆除や予防ができる業者をご紹介しています。業者をお探しの方は、ぜひお電話にてご相談ください。

シロアリの駆除・予防業者の選び方

シロアリの駆除や予防は、業者に依頼をしてください。ただし、どのシロアリ業者に依頼をしたらいいのか迷われる方もいるかと思います。

そこで、シロアリ業者のおすすめの選び方をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

「しろあり防除施工士」の資格を持っている

しろあり防除施工士」とは、日本しろあり対策協会が定めた資格です。しろあり防除施工士の資格を持っている人は、日本しろあり対策協会のガイドラインに沿って安全に駆除をおこないます。シロアリの駆除は資格がなくてもできますが、しろあり防除施工士を持っていることは十分な知識や経験を持っている証明になるため、選ぶときの基準になります。

見積書の内訳が明確である

シロアリの駆除や予防を依頼する際は、見積りを依頼しましょう。見積書を提示してもらったら、何にいくらかかっているのか確認してください。内訳を確認せず合計の金額だけで依頼をすると、あとから追加で費用がかかるおそれがあるからです。

シロアリ駆除や予防の費用は依頼する業者によっても異なるため、納得のいく料金で依頼するためにも、複数の業者に見積りを取るようにしましょう

保証がしっかりしている業者である

駆除したあとにシロアリが再発する可能性はゼロではありません。だからこそ、シロアリ駆除はきちんと保証がついた業者に依頼しましょう。ほとんどの業者は5年保証となっており、保証期間内は無料で定期点検などの対応してくれます。

また、シロアリ再発したときに無料駆除をしてくれるか、シロアリが再発して被害を受けたときの修繕費用を補償してくれるか、などのポイントもチェックしましょう。万が一のときにご自身が困らないように、あらかじめしっかりと確認しておくことが大切です。

弊社は、優良なシロアリ駆除業者をご紹介しております。業者選びにお困りでしたらぜひお電話にてご相談ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!