ゴキブリの侵入を防ぐ対策は早めにするべき!侵入経路や対策方法を解説|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

ゴキブリの侵入を防ぐ対策は早めにするべき!侵入経路や対策方法を解説

ゴキブリは、必ずしも玄関から侵入してくるとは限りません。ゴキブリの侵入対策をするには、まず侵入経路を突き止めることが大切です。侵入経路がふさがれていなければ、1匹駆除できたとしても、またほかのゴキブリが侵入してくるおそれがあるのです。

当記事では、ゴキブリの侵入経路とそれぞれの対策方法などについて解説します。またゴキブリが出てしまったときの駆除方法についてもふれていますので、ぜひご覧ください。たとえ1匹のゴキブリでも、放置しておけば大量発生するおそれがあります。このためゴキブリが出た場合は、早めに駆除するようにしましょう。

もし、すぐにでもゴキブリを駆除したいということであれば、弊社をご利用ください。弊社では、ゴキブリの駆除をおこなうプロの業者を紹介しております。24時間365日受付に対応しておりますので、お気軽にご連絡ください。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

ゴキブリの侵入経路と対策方法

ゴキブリは数ミリの隙間さえあれば、さまざまな場所から侵入してきます。侵入経路となる場所があれば、徹底的にふさいでおくようにしましょう。ここでは、ゴキブリの侵入経路になりやすい場所を解説します。

侵入経路(1)玄関先

侵入経路(1)玄関先

玄関の扉は開けっぱなしを避けて、できるだけ閉めておくようにしましょう。とくに玄関周りにゴミなどを置いておくと、匂いに反応してゴキブリが寄ってきてしまうので注意が必要です。またマンションなどの場合は、共用部である玄関先の廊下がゴキブリの通り道になっていると、侵入してくるおそれがあります。

侵入経路(2)排水口

配管には排水トラップといわれるS字型に水がたまることで、下水からの臭いや害虫の侵入を防ぐ構造になっていることがほとんどです。しかしトラップがなく、配管がまっすぐになっている場合は、下水からゴキブリが侵入してくる可能性があります。キッチンのシンクや洗面台の下にある扉を開いて配管の構造を確認してみましょう。

排水口からゴキブリが侵入するのを防ぐには、常にフタをするかネットなどをかけておきましょう。また風呂場や洗濯機などの排水口は、配管のトラップを確認することができないため、隙間をふさぐか使用しない間だけでもフタなどをしておくとよいでしょう。

侵入経路(3)換気扇・通風孔

換気扇や通風孔に隙間がある場合も、ゴキブリの侵入経路のひとつになります。また経年劣化による影響や施工不良がある場合などは、隙間が生じることがあります。このため、換気扇などには、網目の細かい金網などを張ってゴキブリの侵入を予防しましょう。

賃貸住宅の場合、隙間の原因が設備の施工不良であれば、管理者に連絡をして無償で修理をおこなってくれることもあります。ただし、居住者の過失による破損などは、自己負担になる可能性が高いということも覚えておいてください。

侵入経路(4)ベランダ

ベランダで植物などを育てている場合、プランターの下などがゴキブリの温床になるおそれもあります。とくにプランターの底に隙間がある場合は、定期的に確認することも大切です。さらにマンションなど賃貸住宅の場合、ベランダは隣とつながっている構造が多くあります。ベランダをつたってゴキブリが侵入してくることもあるため注意しましょう。

侵入経路(5)エアコン周り

一般的にエアコンは、壁に丸い穴を設けたあと、配管を通して屋外の室外機につながっています。壁の内側と外側は、エアコンパテといわれる粘土状のもので隙間が埋められていることがほとんどです。しかし経年の劣化により隙間ができると、そこがゴキブリの侵入経路となってしまうため、新しくパテで埋め直すことが必要になります。

また室内機で結露した水を外に排出するためのドレンホースは、屋外の外気にさらされているため、風雨や紫外線によって劣化しやすくなります。劣化してホースが破損していると、ゴキブリの侵入経路になることもあるのです。

ホースが劣化して破損している場合には、配管テープなどで補修するか新しいホースに取り換えるなどして、ゴキブリの侵入を防ぐようにしましょう。またホースの先端に防虫キャップをつけることで、ホースからの侵入を防ぎやすくなります。防虫キャップやドレンホースは、ホームセンターなどで入手が可能です。

侵入経路(6)窓

ゴキブリは、部屋が2階以上であっても外壁をつたって侵入してくるので、高層階だからといって油断は禁物です。網戸は、必ず取り付けるようにしましょう。網戸がない場合は、できるだけ開けっぱなしにしないことが大切です。また扉や窓に隙間がある場合は、100円ショップなどで入手できる隙間テープなどを貼ってゴキブリの侵入を防ぎましょう。

侵入経路(7)天井など壁の亀裂や隙間

天井や壁に数ミリの亀裂があれば、天井裏や内壁などからゴキブリが侵入してくるおそれがあります。こうした隙間はシリコンやパテで埋めて、徹底的にゴキブリの侵入経路をふさぎましょう。

ゴキブリを寄せ付けないための対策も大切

ゴキブリに侵入されないように経路をふさいだあとは、寄せ付けないようにするための対策しておくことも大切です。ここではゴキブリを寄せ付けないための方法について解説します。

対策方法(1)常に清潔な状態を保っておくこと

対策方法(1)常に清潔な状態を保っておくこと

基本的にゴキブリは不衛生な環境を好み、ホコリや人の髪の毛などの餌がある場所に寄ってくるようになります。このため、ゴキブリが住みつきにくい環境にするには、定期的に清掃をして清潔な状態を保つことがポイントになります。

ゴキブリを寄せ付けないようにするには、餌になるようなものを放置しておかないことです。食材などは、密閉できるケースにいれることをおすすめします。下水などを経由して侵入してきたゴキブリはサルモネラ菌やブドウ球菌などの病原菌をもっています。食材などに付着した細菌が人の体内に入ると感染症を引き起こすおそれがあるのです。

またキッチン周りのゴミなども放置せず、こまめに廃棄するようにしましょう。ほかにもダンボールや新聞紙などの紙類は、ゴキブリの温床になりやすいため早めに処分することをおすすめします。

対策方法(2)忌避剤を使用する

ゴキブリは、ミントなどのハーブや柑橘系の香りが苦手です。部屋にアロマオイルを焚いておくのも効果的ですし、スプレーボトルなどに詰め替えて侵入してきそうな場所に吹きかけておくのもよいでしょう。市販されているゴキブリ用の忌避剤なら、設置しておくだけで侵入を防ぐことができます。

もし部屋にゴキブリが出てしまったら

ゴキブリは繁殖スピードが早いため、1匹でもいれば大量発生につながる原因になります。このためゴキブリを見つけたときは、できるだけ早めに対処することが大切です。スリッパや新聞紙などでゴキブリを叩いて駆除する方法もありますが、死骸の後片付けなどが大変です。ここでは、薬剤などを使ったゴキブリの駆除方法について解説します。

駆除方法(1)殺虫剤

駆除方法(1)殺虫剤

ゴキブリを駆除する殺虫剤は、即効性の高いものがおすすめです。すばやい動きを止めるため、凍結させるタイプの殺虫剤も市販されています。ただし、ゴキブリに近づいて噴射することが必要なので、虫嫌いの方にとっては困難かもしれません。

駆除方法(2)ベイト剤

ベイト剤とは、毒餌のことをいいます。毒餌を食べたゴキブリが巣に戻って死んだあと、ほかのゴキブリがフンや死骸を食べることで巣ごと駆除することができます。

一般的なベイト剤にはホウ酸団子があげられますが、置き型やジェル状になっているものなどさまざまな種類が市販されています。中には、半年近く効果が持続するものもあるため、こまめに取り替えをすることなくゴキブリを駆除することができます。ただし、効果が目に見えない分不安は残ってしまうかもしれません。

駆除方法(3)捕獲シート

ゴキブリ駆除ができたかどうか効果を知りたいということであれば、粘着シートのついた捕獲タイプがおすすめです。捕獲シートもベイト剤と同じく置いておくだけで駆除できるので大変便利です。ただし、捕獲したあとのシートは自分で処分しなくてはいけません。

駆除方法(4)燻煙剤

燻煙剤は、家具の隙間にまで薬剤が行きわたり、ゴキブリだけでなくダニやノミなどの駆除もできるのが大きなメリットです。ただし、燻煙剤を使用している間は部屋を使用できないというデメリットもあります。

さらに燻煙剤の薬剤が、パソコンなどの精密機器にかかってしまうと故障の原因になる場合もあります。また、衣類や寝具に匂いが染み付いてしまうこともあるため、ほかの場所に移すかビニール袋などでおおうなど、防止策を立てることをおすすめします。

手に負えなくなったらプロの業者に依頼すべき

ゴキブリの侵入対策をしても効果があらわれない場合や自分で駆除することに抵抗があるようなら、プロの業者に駆除や対策の相談してみてはいかがでしょうか。業者であれば、調査や点検をおこないゴキブリの侵入経路を特定して、環境に応じた駆除をしてくれるでしょう。また誠実に対応してくれる業者なら、侵入の予防対策も提案してくれるはずです。

もしゴキブリなどの害虫被害でお悩みの場合は、ぜひ弊社にご連絡ださい。弊社では、ゴキブリの駆除をおこなうプロの業者を紹介しています。24時間365日受付対応しておりますので、スピーディーに駆けつけることが可能です。まずは、お気軽にご相談ください。

ゴキブリは放置しておくと、どんどん繁殖して被害を拡大させていく害虫です。快適な日常生活を過ごすためにも、できるだけ早く駆除しておきましょう。

関連記事

これでゴキブリともさよなら!おすすめのゴキブリ対策と予防方法!

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!