クロアリ駆除の方法や羽アリ対策!室内や室外に合わせて薬剤を選ぶ|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

クロアリ駆除の方法や羽アリ対策!室内や室外に合わせて薬剤を選ぶ

クロアリの駆除を効果的におこなうときにはまず、アリごとの特性を見極めましょう。なぜなら、アリの食性(食べるものや好み)を知ることで、アリに効果的な殺虫剤を選ぶことができるからです。また、巣を作られやすい場所を知っておくことで集中的に殺虫剤を使い、より効果的に対策をすることができます。

当記事では、クロアリの特性ごとの駆除方法や薬剤について解説しています。ぜひ、ご自分で駆除する際は、参考にしてみてください。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

クロアリ駆除の前に!【アリの種類から巣場所と食性を突き止める】

まずは、クロアリの種類を確認していきましょう。種類によって巣を作る場所が屋内なのか屋外なのかに傾向があります。それを把握しておくとで、選ぶべき殺虫剤や対策の方法が変わってくるのです。

屋内のアリの場合は、壁やコンクリートの割れ目などに巣を作ることがあります。しかし、アリの巣を特定することは素人では難しい場合があります。そういった場合は、ベイト剤の殺虫剤を使ってアリに毒エサを食べさせる方法がおすすめです。なぜなら、巣がわからない場合でも毒エサを巣に持ち帰らせれば、巣のアリも駆除することができるからです。

また屋外のアリの場合は、巣の場所がありそうな場所にスプレーを散布するのがおすすめです。侵入を防止したいときは、粉剤や粒剤を置いておくという方法も有効です。

代表的なクロアリ7種を紹介

代表的なクロアリ7種を紹介

代表的なクロアリの種類を7つご紹介していきます。各クロアリの特徴・食性・巣の場所について見ていきましょう。

・イエヒメアリ
イエヒメアリは体長が約1.5mm~2mmで、全体的に淡い黄色をしていて腹部の後ろが黒色をしているのが特徴です。雑食なので、いろんな食べ物をエサにしてしまいます。巣は、おもに押し入れや段ボールや壁の亀裂などに作ります。

・クロオオアリ
オオクロアリは体長が7mm~12mm程度(大きいものの場合)ある大きなアリで、日本最大のアリの一種です。オオクロアリは砂糖水やはちみつなど甘い蜜を好んで食べます。巣は、草木の少ない乾燥した場所に作ります。

・ムネアカオオアリ
ムネアカオオアリは、体長が10mmほどあり、オオクロアリと同じく日本最大のアリの一種といわれています。名前のとおり、胸部や腹部が赤くなっているのが特徴です。ムネアカオオアリは、アブラムシの出す甘い汁を好みます。巣は、朽ちた木や腐った木などに作ることが多いです。

・トビイロケアリ
トビイロケアリの体長は、働きアリの場合4mm、女王アリの場合は7mmほどです。屋内に侵入し、砂糖やお菓子などの糖分をエサにします。また、好物はアブラムシの甘い汁です。巣は、土の中や石の下などに作るといわれています。

・ルリアリ
ルリアリは体長が2mmで、体の色は黒くて光沢があります。また腹部は瑠璃色(濃い紫を帯びた青色)をしているアリです。機械の潤滑油を好むので、テレビやパソコンなどの電化製品に巣を作ることがあり、電化製品の故障の原因になることがあるようです。

・サクラアリ
サクラアリは1mm~1.5mmほどの大きさの小さなアリです。体の色は褐色をしていますが、体長が小さいので見分けるのが難しいかもしれません。甘いものを求めて、屋内に入ってくることがあります。また、アブラムシの甘い汁が好物です。巣は、床下や屋根裏に作ります。

・アルゼンチンアリ
アルゼンチンアリは、体長が約2.5mmでアルゼンチンやブラジルなどの南米が原産地のアリです。しかし南米以外にも分布が拡大しており、日本でも発見されています。また、集団で甘いものを求めて屋内に侵入してきます。巣は、植木鉢の下やコンクリートのすき間に作ります。

クロアリ駆除の手順を解説!【殺虫剤の種類ごとのおすすめの駆除方法】

クロアリ駆除をするときに必要な殺虫剤についてご紹介していきます。それぞれの殺虫剤の特徴を知っていきましょう。巣にいるアリに対しても効果がある場合とない場合があるので、状況に応じて使い分けてください。

代表的な殺虫剤を4種類紹介【使い方】

ゴキブリを駆除しよう!

・食毒剤(ベイト)
毒入りのエサを巣に持ち帰ることで、巣を全滅させる効果のある殺虫剤です。ジェル状と粒剤のタイプがありますが、ほとんどのベイト剤は即効性があるわけではなく、徐々に効き目があらわれてきます。クロアリの通り道にベイト剤を設置しましょう。

・液剤
液剤は、液体タイプの薬剤を噴射器などに入れてアリの巣や行列にまく殺虫剤です。液剤は時間がたってからどんどん効果が広がっていきます。そして、クロアリは仲間同士で体をなめ合う特徴があります。液剤がついたアリが巣に戻ることでほかのアリにも効果があります。

・エアゾール剤
エアゾール剤は即効性のある薬剤を使用しているので、目の前にクロアリがいるときはすばやく殺虫することができます。アリに直接スプレーするか、通路にスプレーしましょう。

ただ、巣の中のアリも駆除したいといった場合はエアゾール剤は向いていません。薬剤の効き目が広がっていくタイプではないので、巣の中のアリに対しての駆除効果がないからです。

・粉剤・粒剤
粉剤や粒剤は、家の周りのアリが侵入してきそうな場所にまいておくと侵入防止の効果があります。また、アリは仲間同士で体をなめ合うので薬剤のついたアリが、巣の中に戻ることで、ほかのアリも駆除することができます。しかし、雨に流れてしまうと効果が少なくなるというデメリットがあります。

4種類の殺虫剤についてご紹介しましたが、自分で殺虫剤を使った駆除が難しいと感じたときは、プロに相談することをおすすめします。弊社ではクロアリの駆除業者を紹介しており、ご相談を24時間365日お電話とメールにて受け付けております。クロアリでお困りの際はお気軽に弊社までご相談ください。

クロアリを駆除できた!その後の予防策【繁殖期にも要注意】

クロアリの羽アリが発生する時期は6~11月といわれています。羽アリは光に集まる習性があるので、カーテンを閉めて光を遮るようにしましょう。

家の中に入って来られないように、窓には網戸を使用しておきましょう。この章ではほかにも、クロアリを家に侵入させないための対策をご紹介していますので参考にしてみてください。

クロアリのエサとなるものを片付けよう

代表的な殺虫剤を4種類紹介【使い方】

クロアリはシロアリのように建物の木材を食べるといったことは基本的にはありません。しかし、人に対して噛んだり、家の中に侵入をしてきて食べ物に群がったりといった被害があります。

そのため、クロアリのエサになるような食べかすが落ちているときはすぐに掃除をすることが大切です。食品はタッパーなどの密閉容器に入れるなどして、クロアリのエサにならないようにしましょう。

そして、クロアリはシロアリを好んで食べるので、シロアリがいるところに追いかけて来るということがあります。そのため、シロアリのエサになるような枯れた木材などは放置せず、処分しておきましょう。

家の修繕は早めに対策を

クロアリが生息しやすい条件には、多湿や腐った木材があります。クロアリの侵入しそうな場所の木材が腐っている場合は、修繕をしておきましょう。壁にヒビがあるときは、そこから侵入してきて、壁の内部に巣を作る可能性があるので、早めに修復しておきましょう。

また、床下にも巣を作ることがあります。水回りや床下の木材を腐らせないためにも、換気をおこないましょう。

クロアリがまた発生してしまった……そんなときはプロに相談を

自分で殺虫剤を使って駆除を試みたが、クロアリがまた発生してしまったといった場合は害虫駆除のプロに相談をしましょう。

害虫駆除業者に依頼する

プロに依頼する【依頼先】

害虫駆除業者に依頼することで、徹底的にクロアリの駆除をすることが可能です。また、クロアリがどこから発生しているかわからないといった場合でも、業者に依頼することで巣の場所の特定をおこなってくれ、根本的な解決をしてくれるでしょう。

業者を選ぶ際には、再施工の保証があるかどうかの確認をしましょう。保証があれば、駆除作業後にまたクロアリが発生した場合、保証期間内であれば再度施工をおこなってもらうことができるからです。また、業者を選ぶときは最低でも3社ほどから見積りをとることをおすすめします。

弊社では、お客様からのクロアリ駆除に関するご相談を受け付けております。ご相談いただきましたら、お客様のご相談内容にそった業者の手配をしてまいります。お見積りは無料となっておりますのでお気軽にご相談ください。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!