シロアリ駆除の費用は自力でやれば安くなる!2つの方法と注意点|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

シロアリ駆除の費用は自力でやれば安くなる!2つの方法と注意点

シロアリ駆除費用は被害状況や工法の違いによって上下します。なるべく費用を抑えたいという方は、自力での駆除を検討するのもおすすめです。ただし、自分で点検したり駆除作業をおこなったりする中で、不備があればシロアリ再発のリスクがあることも知っておく必要があります。

そこで、当記事では自力での駆除とプロに依頼する場合、それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。シロアリ駆除を考えた際に、どちらが自分に合っているのか見極めてみてください。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

まずはシロアリの被害にあっているか確認!

シロアリは柱などを食い散らかし、大切な住宅をボロボロにしてしまうおそろしい生物です。「もしかしてシロアリ被害にあっているかも?」と不安に思っている方に向けて、自宅がシロアリ被害にあっているときに現れる症状をまとめました。これからお伝えする項目に思い当たりがある方はシロアリ駆除をおこなう必要があるかもしれません。

チェック1:床が不安定でないか

チェック1:床が不安定でないか

シロアリは床下をはじめとした風通しの悪い場所を好むため、床を支えている床下の木材に被害をおよぼすことが多いです。床下がシロアリ被害にあっていると、床が抜けそうに沈むことがあります。

しかし、床の沈みやきしみだけでは、シロアリ被害が原因になっていると断定できません。なぜなら、経年劣化やもともとの施工不良、地盤沈下などのシロアリ被害以外の原因も考えられるからです。

チェック2:壁を叩いてみて「コンコン」と音がしないか

壁や柱を軽く叩いてみてください。「コンコン」という空洞音がする場合、その部分がシロアリ被害にあっているかもしれません。いろいろな場所を叩いてみて、一部分だけこのような違う音がしたら危険信号です。

チェック3:水漏れしている箇所がないか

屋根裏がシロアリ被害にあうと、屋根を支える材料が弱ってしまうため、雨漏りをおこすことがあります。また、シロアリ被害は水漏れを引きおこすこともあるので、危険です。水回り付近がシロアリ被害にあっている場合、排水管を固定している木材がもろくなり、排水管が傾いて水漏れを引きおこします。

怪しいと思ったら点検を依頼しましょう

シロアリは繁殖力がものすごいので、あっという間に被害が広がってしまいます。「もしかしてシロアリかも?」と思ったら、シロアリ業者に点検を依頼することをおすすめします。シロアリの発見は早いに越したことがありません。被害が広がってしまってからですと、シロアリ駆除の費用がかさみますし、最悪の場合は木材を家がだめになってしまうおそれがあります。

「シロアリの被害にあっているかもしれない」とお悩みの方はお気軽に弊社までご連絡ください。シロアリの駆除だけでなく点検をおこなう業者をご紹介させていただきます。「費用がいくらかかるか心配」という方もご相談いただけたら、シロアリ業者に概算見積もりを依頼することが可能です。

シロアリを自力で駆除するメリット・デメリット

シロアリの点検の結果、シロアリ被害にあっていることが判明したら、すぐに駆除をおこないましょう。シロアリ被害は大きくなると駆除が大変になりますので、早いうちに食い止める必要があります。シロアリの駆除の費用を抑えたいという方は自分でおこなうのもよいかもしれません。

この章では、自分でシロアリ駆除をおこなうメリット・デメリットについてご紹介していきますので、ご参考にしてみてください。

自力で駆除するメリット

自力で駆除するメリット

自分で薬剤を購入してシロアリ駆除をすることは可能です。業者依頼するより費用を抑えられることが1番のメリットといえるでしょう。また、業者に依頼をすると長時間の作業が必要になった場合、その間在宅していなければなりません。自分でシロアリ駆除をおこなえば、都合のよいときに気軽に作業をおこなうことができます。

自力で駆除するデメリット

シロアリ駆除は完璧におこなわないと、再発のおそれがあります。自分でおこなったシロアリ駆除がうまくできていなくて再発してしまった場合、再びまたシロアリ駆除の作業が必要です。

そういった場合、これまでに作業をおこなった時間や、道具や薬剤にかけた費用が無駄になってしまいます。また、自分では手に負えない状態になってしまったら、業者に依頼するしかありません。

「はじめから業者に依頼しておけばよかった」と後悔する前に、シロアリ駆除に自信がない方は、弊社にご相談ください。シロアリ駆除は被害が進む前におこなうほうが費用を抑えられます。シロアリにお悩みの方に電話での対応は24時間365日受け付けております。

シロアリ駆除を自力でおこなう方法

シロアリ駆除の方法は大きく分けてふたつあります。毒エサを設置する「ベイト工法」と、柱などに直接的に薬剤を注入したり散布したりする「バリア工法」です。これらの方法は、薬剤を購入すれば、どちらも自力でおこなうことができます。「自力でシロアリ駆除をおこないたい」という方に向けて、それぞれのやり方を解説していきます。

ベイト工法のやり方

ベイト工法のやり方

「ベイト剤」というシロアリ駆除の薬剤が入ったエサを巣まで持ち帰らせて、巣ごと壊滅させる工法をベイト工法といいます。ベイト工法のやり方は以下の通りです。

1.ベイト剤を専用のいれものに入れます。(はじめから一体型になっているものもあります)

2.ベイト剤を設置していきます。家の壁にはテープなどで固定し、地面には埋め込みます。一定間隔を空けながら、屋外のシロアリの通り道に設置していきましょう。

3.ベイト剤を設置して約1~2ヶ月経過したら、ベイト剤が減っているかどうか確認しましょう。シロアリがたくさんベイト剤を食べていたら効果が発揮されている証拠です。効果が現れていないようでしたら、ベイト剤の位置を変えてみましょう。

ベイト工法ではシロアリ駆除の効果を発揮するのに時間がかかります。しかし、家の内部に直接薬剤をまく必要がないため、人間が薬剤による害を受ける心配がありません。

バリア工法のやり方

壁や柱に専用の薬剤を注入したり、土壌にまいたりしてシロアリを駆除する方法を「バリア工法」といいます。バリア工法のやり方は以下の通りです。

1.シロアリが発生している柱などの木材に電動ドリルを使用して穴を開けます。穴は貫通させず、木材の厚みの3分の2程度の位置で止めておきましょう。穴を開けすぎると建物の強度が落ちてしまいますので、30センチメートルくらいの間隔を空けるようにしましょう。

2.開けた穴にノズルを通して専用の薬剤を注入していきます。穴をあけっぱなしにすることが気になる方は、木栓でふさぎましょう。

3.土壌にも薬剤をまいていきます。土壌処理専用の薬剤を家の基礎部分に散布してください。シロアリの通り道や、水回りなどは、より重点的に散布しましょう。

バリア工法はベイト工法に比べて、効果の即効性があります。しかし、薬剤をまく作業には時間と踏力が必要です。また、人に害が少ない薬剤が販売されているものの、作業をおこなうときには、ゴーグルや作業服などでしっかり防護しないと身体に害がおよぶおそれがあります。

シロアリをすべて駆除するのは難しい……

シロアリの駆除はこれまでにご紹介した方法を自力でおこなうことも可能ですが、作業になれていない人が家の隅々まで侵入してくるシロアリを完全に駆除するのは困難でしょう。作業漏れがあると、そこに発生しているシロアリが増殖し、 再び被害の範囲を広げてしまいます。

シロアリの駆除は徹底的におこなわないと意味がありません。「シロアリの駆除を完璧におこなう自信がない」という方は、プロに依頼することを強くおすすめします。シロアリ被害にお困りの方に、弊社ではシロアリ駆除業者をご紹介しております。自力での作業に自信がない方は、まず弊社までご相談ください。

信頼できるシロアリ業者を選ぶためのポイント

シロアリ駆除の業者といってもさまざまなところがあり、費用の幅も広いです。一般的な一軒家(40坪程度)でシロアリ駆除をしてもらったときの費用相場は約24~40万円です。

高額な費用を支払っておこなう工事ですから、業者選びは絶対失敗したくないですよね。

「具体的によい業者の基準とはなにか」「少しでも安く、優良業者に依頼するにはどうしたらよいか」といった疑問をおもちの方に向けて、実際にシロアリ駆除を依頼するときに、優良業者を選ぶコツをお伝えしていきます。

ポイント【1】実績があるか

ポイント【1】実績があるか

作業件数が多い業者は、その分これまでにたくさんの人に選ばれている証拠です。また、インターネットで調べると、口コミなどを調べることができますので、髙評価を得ている業者を選ぶとよいです。

たくさんあるシロアリ駆除業者の中で、情報の少ないところをわざわざ選ぶ必要はないでしょう。信頼できる業者を選ぶために、実績をチェックしておくことは大切です。

ポイント【2】費用の内訳が明確であるか

パッと見た料金が安くても、「あとから追加料金がかかってしまった」といったケースがよくあります。見積りの際に費用の内訳が明確になっている業者は安心して依頼することができますよね。

よくわからない費用が加算されていたり、見積りのときから料金が変わったりする業者は信頼しづらいでしょう。不安に思うことや、わからないことは見積りの時点で質問してみるとよいです。よい業者でしたら丁寧に答えてくれるはずです。

ポイント【3】納得のいく保証内容であるか

シロアリはプロが駆除をおこなっても、再発してしまうことがまれにあります。そのようなときに、保証がついているかどうかはとても重要となってきます。シロアリ駆除の業者選びにおいて、「どのような保証がついているか」ということはとても大切です。

シロアリ工事を業者に依頼すると、シロアリ被害が再発してしまったときのために保証がついている場合がほとんどです。しかし、その内容にはばらつきがあります。「保証年数」「全額保証か一部保証か」といった内容をよく確認してから依頼しましょう。料金が安すぎる業者は保証が十分でないことが多いです。

ポイント【4】説明が丁寧であるか

シロアリ駆除を依頼する側はシロアリについて知識がなくて当然です。工事内容や費用について丁寧に説明してもらえると安心して依頼することができますよね。また、わからないことを質問したときに、親切に対応してくれることも大切です。せっかく費用をかけて依頼するのですから、不安になるような対応の業者には頼まないほうがよいでしょう。

このようにシロアリ駆除では業者選びが非常に大切ですが、「業者を選ぶのは大変そう」「たくさんの業者の中から選ぶのが面倒くさい」と思ってしまう方にもいるでしょう。そんな方に向けて、弊社はシロアリ被害にお困りの方のご希望にピッタリの業者をご紹介させていただいております。

上記のような優良である条件を満たした業者が弊社に加盟しているので、安心してご依頼いただくことが可能です。シロアリのことでお悩みの方はぜひご相談ください。

【コンテンツ作成時の情報です】

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!