スズメバチを駆除できる条件とは?殺虫剤の駆除が可能か判断する方法|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

スズメバチを駆除できる条件とは?殺虫剤の駆除が可能か判断する方法

目の前にいる場合

「家の庭でスズメバチが飛んでいるのを見た!自宅に巣があるようだが、自分で駆除できるのだろうか?それとも業者に依頼したほうがよいのだろうか?」

一定の条件を満たせばスズメバチの巣を自分で駆除することは可能ですが、とても危険です。できるだけプロの蜂駆除業者に依頼するようにしましょう。

ここでは、スズメバチ駆除を自力でできるか判断するためのポイントをご紹介します。そのほか自力でスズメバチを駆除する方法、業者に依頼する場合の駆除費用についてもご紹介しますので、あわせてご覧ください。

今すぐスズメバチを駆除したいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。ご相談いただければ、すぐに蜂駆除業者をご紹介します。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

蜂駆除の前に!自力で駆除できるのか判断するポイント

スズメバチの性格は攻撃的で、時期によっては巣の周辺を人が通っただけで、集団で襲うこともあります。強力な毒をもっているため、刺されると最悪命にかかわります。そのため、スズメバチの駆除はとても危険な作業といえるでしょう。

ここでは、スズメバチを自力で駆除できるか判断するふたつのポイントを解説しています。そのポイントを読んで、自分で駆除できそうなら、【小さなスズメバチの巣を殺虫剤スプレーで駆除する方法】を参考にしてください。

危険度を判断する前に準備すること

危険度を判断する前に準備すること

先述しましたようにスズメバチは攻撃的な性格のため、巣に近づくと刺されるおそれがあります。刺されるとスズメバチの毒が体内にはいり、腫れや痛みなどの症状が起きます。

重症になるとアナフィラキシーショックで命を落とすこともあり、とても危険です。アナフィラキシーショックとは、アレルギー反応によって意識障害などのショック症状が起こることです。

このようにスズメバチはとても危険です。刺されないようにするためには肌を露出しないようにすることが必要です。巣に近づくときは次のものを準備するようにしましょう。

スズメバチの針の長さはおよそ6mmです。刺されても大丈夫なように、生地が6mmよりも厚い防護服を選ぶとよいでしょう。防護服・手袋・長靴などは、黒色のものは身につけないようにしてださい。スズメバチは黒いものを攻撃する習性があるからです。

また、巣に近づくときは、香水などにおいがするものを体につけないようにしてください。音もたてないようにしましょう。においや音で刺激するとスズメバチは襲い掛かってきます。

もしも自分でスズメバチの駆除をおこなうのであれば、まずはこれらのリスクを正しく認識し、万全な準備を整える必要があります。正しいスズメバチの知識をもったうえで、本当に自分でできそうか判断していきましょう。

判断ポイント【1】スズメバチの巣の場所

スズメバチの巣は作り始めの頃はお椀のような形ですが、完成すると球体またはとっくりをひっくり返したような形になります。大きいものだと60cmを超えるものもあり、基本的に茶色や薄い茶色のマーブル模様です。

そんな特徴をもつスズメバチの巣ですが、次のふたつの条件を満たす場所であれば比較的安全に駆除できます。

  • 開放的な場所(軒下・ベランダ・窓際・天井など)
  • はしごなどを使わなくても簡単に手が届く場所

反対に床下・屋根裏・壁のすき間といった閉鎖的な場所に巣があると、駆除するときに蜂が密集して襲ってきます。そのため刺される可能性が高くなりとても危険です。閉鎖的な場所に巣がある場合、プロの蜂駆除業者に依頼したほうが安全で確実といえるでしょう。

開放的な場所に巣があっても自分で駆除するのが無理そうだと感じたら、プロの蜂駆除業者に依頼することをおすすめします。その場合は蜂駆除業者を紹介するサービスをしている弊社に、ぜひご依頼ください。すぐに経験豊富な業者をご紹介いたします。

判断ポイント【2】スズメバチの巣の大きさ

直径15cm未満の巣は、自分で駆除できる可能性が高くなります。なぜなら、このような小さい巣はまだ作り始めであり、蜂の数が少ないからです。

それよりも大きくなると働き蜂の数が急激に増加します。駆除するときに襲ってくる数が桁違いに多くなり、とても危険です。

直径が15cmを超える巣は、プロの蜂駆除業者に依頼することをおすすめします。どの業者に依頼してよいかわからないという方は、ぜひ弊社にご依頼ください。

弊社には全国に多数の業者が加盟しています。ご依頼いただければ、弊社加盟の業者がすぐに駆け付けます。ぜひ一度お電話ください。

小さなスズメバチの巣を殺虫剤スプレーで駆除する方法

前の章を読んで大きさと場所から、自宅にできたスズメバチの巣が駆除可能か判断できたかと思います。巣を駆除するときに使うのは、基本的に殺虫剤スプレーです。

ここでは、小さなスズメバチの巣を殺虫剤スプレーで効果的に駆除する方法をご紹介いたします。自分で駆除しようと思っている方は、ぜひご参考ください。

注意点や用意するべきもの

注意点や用意するべきもの

スズメバチの巣を駆除する場合、以下のものを用意します。

〇身の安全を守るもの(肌の露出部分が刺されると毒が体内にはいるので危険)

  • 防護服
  • ゴーグル
  • 手袋
  • 長靴

これらのものはネット通販などで購入できます。防護服を購入する場合の価格相場は約5万円~約8万円です。なかには10万円以上するものもあり、個人で購入するのはとても大きな負担となります。

自治体によっては防護服などの道具を無料で貸し出しているところもありますので、役所に問い合わせてみるとよいでしょう。

〇蜂を駆除する道具

  • 蜂駆除用の殺虫剤スプレー(ピレスロイド系のものを3本ほど用意)
  • 長い棒(蜂の巣をたたき落とせる長さのもの)
  • ゴミ袋(駆除した巣をいれて密封する)
  • 脚立
  • 懐中電灯(ライトに赤いセロファンを貼ったもの)

駆除の途中で殺虫剤スプレーが切れると、興奮した蜂が襲ってくるので危険です。念のため、3本ほど用意しておきましょう。

夜間に駆除する場合、懐中電灯の光をそのまま巣に当てるのも危険です。懐中電灯に向かって集まってくるため、刺される可能性が高くなります。スズメバチが光を認識しにくくするため、赤いセロファンをライトの部分に貼るようにしましょう。

〇駆除の時間帯
スズメバチの駆除に適した時間帯は日が沈む19時前後から早朝の6時くらいまでです。その時間帯はほとんどの働き蜂が巣に戻っているため、一気に駆除できます。また活動も鈍いため駆除しやすいです。

殺虫スプレーを使った駆除の手順

用意ができたら、次の手順でスズメバチを駆除していきます。

  1. 日が沈むのを待って作業開始
  2. 約2m離れたところから巣の入り口めがけて殺虫剤スプレーをかける
  3. 巣のなかにも殺虫剤スプレーを注入する
  4. 飛び回る蜂がいなくなったら巣を棒でたたき落とし、ごみ袋にいれる

作業が完了したら、巣は可燃ゴミとして処分します。死んだ蜂には触らないようにしてください。死んでいても触ると反射的に針が動いて刺されるおそれがあります。死んだ蜂はほうきでちりとりに集めるなどして、ごみ袋に密封しましょう。

駆除のあとは戻り蜂に注意!

戻り蜂とは駆除後、巣があった場所に戻ってくる蜂のことです。駆除しきれなかった蜂や駆除時に巣にいなかった蜂が戻り蜂になるケースが多いです。

戻り蜂は巣があった場所の周辺を1週間ほど飛び回ります。駆除したからといって巣があった場所にうっかり近づくと刺されるおそれがありますので注意してください。また、女王蜂を駆除できなかった場合、戻り蜂は同じ場所に再び巣を作る可能性が高くなります。

巣があった場所に殺虫剤をスプレーしておくと戻り蜂を予防できることがあります。しかし、戻り蜂の数が多く自分で対応できそうにないと感じたらプロの蜂駆除業者に相談するとよいでしょう。

その場合は、ぜひ弊社にご相談ください。ご相談いただければ、豊富な知識と経験をもつ蜂駆除業者をご紹介いたします。もちろん通話は無料です。ぜひ安心して、ご連絡ください。

蜂の巣は大きくなるほど駆除費用が高くなる

巣は大きくなるほど蜂の数も増え、駆除の難易度が高くなります。難易度が高くなると基本的に、業者に頼んだ場合の駆除費用も高くなる傾向にあります。

ここでは業者に蜂駆除を依頼するときの費用相場について解説いたします。そのほかに蜂駆除の費用を抑えるためのコツも解説いたしますので、あわせてご覧ください。

業者に蜂駆除を頼むときの費用相場

業者に蜂駆除を頼むときの費用相場

巣の大きさもそうですが、基本的に蜂の種類ごとに駆除の難易度が変わります。刺されると重傷を負う可能性が高いスズメバチですと、駆除費用が高くなることが多いです。

業者に蜂駆除を依頼するときの一般的な費用相場は以下のようになります。

スズメバチ:約1万5千円~約5万円
アシナガバチ:約9,000円~約2万円
ミツバチ:約8,000円~約4万円

巣の大きさによって追加料金も変わってきます。平均すると10cm大きくなるごとに約4,000円高くなるようです。

少しでも蜂駆除の費用を抑えたい場合は?

自治体によっては、申請すると蜂駆除の費用を一部負担してくれるところもあります。費用を抑えたいという方は役所に問い合わせてみるとよいでしょう。

ここまで読んで蜂駆除をプロの業者に依頼したいという方は、ぜひ弊社にご依頼ください。弊社では日本全国の加盟店のなかから蜂駆除業者をお探しすることが可能です。24時間365日いつでも受付可能ですので、お気軽にお電話ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!