マダニが犬に与える被害とは?愛犬を守るための予防方法もご紹介!|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

マダニが犬に与える被害とは?愛犬を守るための予防方法もご紹介!

愛犬を守るためには、マダニ対策をしっかりとおこなうことが大切です。マダニは、犬にさまざまな被害をもたらす危険があり、最悪の場合、命を落としてしまうのです。また、ときには飼い主にまで被害が及ぶこともあるのです。

この記事では、マダニが犬にもたらす被害や、愛犬を守るための方法について詳しくご説明します。この記事でご紹介する予防方法を試し、マダニから愛犬を守りましょう。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

マダニが犬にもたらす感染症の被害

マダニが犬にもたらす被害には、貧血や皮膚炎、感染症などがあります。とくに、感染症にかかると、命の危険に関わることもあるため、注意しなければなりません。ここでは、マダニがもたらす感染症の被害についてご紹介します。

バベシア症

バベシア症

バベシア症とは、”バベシア”という寄生虫がマダニを介して犬の体内に入り、赤血球を壊していく病気です。バベシア病にかかると、貧血症状や赤い尿の発生が起こります。ほかにも元気がなくなる、発熱などの症状が現れることがあり、重症化すると命を落とすこともあります。

ライム病

ライム病は、細菌の一種である”ボレリア菌”によって引き起こされる感染症です。ライム病に犬がかかった場合、無症状であることがほとんどなようです。しかし、まれに、元気がなくなる、うまく歩くことができなくなる、発熱、関節炎などの症状が現れることがあります。

日本紅斑病

日本紅斑病は、”リケッチア”という病原体によって引き起こされる病気で、関西より西の地域で多くみられる傾向にあります。犬に感染した場合、症状が現れるかどうかは明らかになっていないようです。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは、SFTSウイルスを持っているマダニに咬まれ、SFTSウイルスに感染する病気です。発症すると、食欲低下や嘔吐、下痢などの消化器症状や、発熱などの症状が起こります。

飼い主も注意すべき感染症

ここまでご紹介した感染症のうち、ライム病、日本紅斑病、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は人が感染するおそれもあります。これらの感染症に人間がかかると、犬が感染した場合とは、異なる症状が現れることがあります。人間が感染した場合に現れる症状について、以下にまとめました。

ライム病:発熱、食欲不振、けいれん、関節炎、筋肉痛、頭痛など
日本紅斑病:頭痛、発熱、発疹、倦怠感など
重症熱性血小板減少症候群(SFTS):発熱、消化器症状(食欲不振、嘔吐、下痢など)など

このうち、日本紅斑病と重症熱性血小板減少症候群については、命を落とす危険もあります。ご自身の身体を守るためにも、愛犬のマダニ対策をおこなうことは重要なのです。

マダニから愛犬を守る方法とは

ここからは、マダニの被害を予防する方法をご紹介します。マダニから愛犬を守るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

散歩後にマダニがついていないか確認

散歩後にマダニがついていないか確認

マダニは、山林や草むら、公園などに生息しているといわれています。愛犬と散歩に行くと、マダニが付着してしまうおそれがあるので、散歩から帰ってきたらマダニが付着していないかを確認しておきましょう。

なかには、「都心に住んでいるから大丈夫」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、マダニは都心部の公園や河川敷などにも生息しているといわれています。都心部の方であっても、愛犬にマダニがついていないか確認するようにしてください。

また、マダニは、頭、耳、目、鼻、お腹、足の指の間といった場所につきやすいといわれています。マダニがついていないか確認するときには、こうした場所を重点的に確認するとよいでしょう。

駆除薬を投与する

夏は、最もマダニが活動する時期だといわれているため、夏はとくにしっかりとマダニ対策をおこなわなければなりません。そのためには、定期的に駆除薬を投与するのがおすすめです。マダニの駆除薬は、動物病院でもらうことができるので、一度かかりつけの病院に相談に行ってみるとよいでしょう。

ちなみに、マダニの駆除薬は市販でも売られていますが、動物病院で処方してもらうもののほうが高い効果が期待できるといわれています。確実に効果を出すためにも、動物病院から処方してもらうことをおすすめします。

予防グッズを活用する

マダニ予防をおこなうためには、首輪やスプレーなどのマダニの予防グッズを活用するのもおすすめです。これらのグッズには、マダニの忌避効果のある成分が含まれているため、マダニを寄せ付けない効果を期待できるのです。

また、これらのグッズも、市販品よりも動物病院で販売されているもののほうが高い効果が期待できるといわれています。そのため、動物病院で販売されているものを選ぶことをおすすめします。

愛犬の症状に注意する

マダニに咬まれると、愛犬に以下のような症状が現れることがあります。

  • 元気がなくなる
  • うまく歩けなくなる
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 食欲低下

愛犬に気を配り、このような症状が現れていないかを確認しておきましょう。もしこのような症状が現れたときには、マダニに愛犬が咬まれたおそれがあるので、早急に動物病院を受診しましょう。

室内のマダニ予防もかかさずにしよう!

なかには、「愛犬を完全に室内で飼育しているからマダニの心配はない」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、室内で飼育している場合も、マダニに注意しなければなりません。

なぜなら、マダニは、人の衣服などについて室内に入ってくることがあるからです。室内の愛犬が被害を受けないためにも、室内に入るときには、衣服にマダニがついていないかしっかりと確認し、マダニを室内に持ち込まないようにしましょう。

もし、「登山やキャンプなどに行ったため、室内にマダニを持ち込んでしまったかもしれない」といった可能性があるときには、室内のマダニを駆除しましょう。マダニを駆除するためには、専用のスプレーを使う方法もありますが、業者に依頼したほうが確実です。

弊社では、マダニの駆除をおこなう業者をご紹介することが可能です。マダニの駆除にお困りの方は、弊社までご相談ください。

まとめ

マダニが犬にもたらす被害には、貧血や皮膚炎、感染症があります。マダニが原因で発症する感染症は、バベシア病・ライム病・日本紅斑病・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などがあります。

これらの被害からマダニを守るためには、散歩後にマダニがついていないかを確認したり、駆除薬や予防グッズを活用したりすることが大切です。さらに、愛犬に気を配ることも重要です。

また、マダニは衣服などに付着して、室内にも持ち込まれることがあります。もし「室内のマダニが心配」という方がいれば、弊社にご相談ください。弊社では、害虫駆除業者をご紹介します。

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!