スズメバチの種類を知って身を守ろう|見分け方と予防策を解説します|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

スズメバチの種類を知って身を守ろう|見分け方と予防策を解説します

スズメバチの種類を知って身を守ろう|見分け方と予防策を解説します

スズメバチは、危険なハチとして有名です。刺されてしまうと「アナフィラキシーショック」を起こすことがあり、命を落とすこともあります。しかし、スズメバチに刺されないためにはいったいどうしたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、スズメバチを中心とした危険なハチの見分け方やスズメバチの種類、対策についてご紹介していきます。ハチ被害で危険な目にあわないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

  • 累計問合せ210万件以上
  • 24時間365日・全国受付対応
0120-846-382
※ 弊社運営サイト全体の累計問合わせ件数

それって本当にスズメバチ?人を刺すハチの見分け方

スズメバチと思わしきハチを発見した場合、まずは人を刺すハチかどうかを確かめましょう。この章では、人を刺すハチの見分け方について解説します。

危険度MAX!スズメバチ

まずは「スズメバチ」についてです。ハチのなかでは最も巨大で、体長は40mmほど。ほかのハチと比べてとても大きいので、大きさで見分けることができるでしょう。

ご存知の方も多いかもしれませんが、スズメバチは日本で最も被害事例の多いとても危険なハチです。スズメバチは攻撃性がとても高く、巣を守るために攻撃します。スズメバチに刺されることで「アナフィラキシーショック」を起こすおそれもあり、毎年死者が出るほど危険な個体です。

また、スズメバチの針には毒があり、針から毒液を飛ばすこともあります。その毒がとても強力で、噴射された毒が目に入ると最悪の場合、失明するおそれがあるほどです。

また、噴射された毒は仲間を呼ぶ合図にもなります。そのため、「ハチに集中攻撃された……」なんてことにもなりかねません。そんな事態を避けるためにも、刺されないように注意する必要があるのです。

要注意!アシナガバチ

アシナガバチは、体長が26mm程度のハチです。特徴として、都心に巣をつくることが多いアシナガバチですが、庭の木やエアコンの室外機などにも巣をつくることがあります。

巣をつくった場合、巣が見つけにくかったり、撤去しても同じ場所に巣をつくったりするので駆除がとても難しいことで知られています。

アシナガバチは比較的おとなしいハチですが、油断してはいけません。アシナガバチは攻撃を受けると自分の身を守るために攻撃してくるのです。アシナガバチの毒はスズメバチの毒と同じように強力で、命を落とすこともあり、非常に危険です。

穏やかだけど侮れないミツバチ

ミツバチは、体長が20mmほどの穏やかなハチ。群れをつくって行動することが特徴です。

ミツバチの巣には多くのハチが存在し、何万匹ものハチがいます。そのため、巣を刺激した場合は大量のハチに襲われるリスクが高まり、被害も大きくなるので気をつけましょう。

また、ミツバチは匂いの強い毒液を出すことで知られています。皮膚に針が刺さったままになりほかのハチを誘引してしまう場合もありますので、刺されないように注意が必要です。

スズメバチの種類をさらに解説【特に危険な4種とは】

スズメバチの種類をさらに解説【特に危険な4種とは

前章では3種類のハチをご紹介してきましたが、ここでは、とくに危険度が高いスズメバチの種類についてご紹介していきます。

オオスズメバチ

オオスズメバチの体長は女王バチが40~45mm、働きバチが30~40mmとスズメバチのなかで最も大きいです。活動時期は5月~11月ですが、とくに夏から秋にかけてはオオスズメバチの被害が急増するので注意が必要です。秋口はエサとなる昆虫が少ないため、攻撃性が非常に高くなります。

また、巣は人の目につきにくい場所に存在します。たとえば、山間部や里山の木の根元の土中など。そのため、気づかない場合が多いです。巣の外側は覆われていますが、底はむき出しになっているのも特徴です。

オオスズメバチは縄張り意識が強く、非常に攻撃性が強いです。さらに、毒性も強いので、ハチのなかでも最も危険な種類であるといえるでしょう。

キイロスズメバチ

キイロスズメバチは、スズメバチのなかでは体長が小さめで、女王バチは25~28mm、働きバチは17~24mm程度です。活動時期は、オオスズメバチと同じ5月~11月です。

キイロスズメバチは初期段階では屋根裏や壁の中などの閉鎖空間で巣をつくりますが、数が増えると引っ越します。その巣の形は特徴的で、ボール型をしておりスズメバチのなかでも巨大です。

見た目は、「キイロスズメバチ」という名前のとおり、全身が黄色です。強く黄色に発色しているのが特徴的なので、ほかのスズメバチと見分けやすいでしょう。キイロスズメバチは都会でも出現するハチで、あらゆる場所に巣をつくるので注意が必要です。また、敵だとみなされるとしつこく追い回されます。

モンスズメバチ

スズメバチの被害事例は、オオスズメバチかキイロスズメバチの2種類によるものが多いですが、この2種類以外にもスズメバチは生息しています。そのうちのひとつがモンスズメバチです。

モンスズメバチの体長は女王バチが28~30mm、働きバチが20~28mmで、腹部に黄色の模様があることが特徴的です。活動時期は5月~10月で、キイロスズメバチと同様、ハチの数が多くなってくると引っ越します。

また、多くのハチとは違い、モンスズメバチは夜でも活動します。灯火に集まってきたり、屋内に侵入したりすることもあります。運動能力や攻撃性も高いので、とても危険です。

ツマアカスズメバチ【外来種】

ツマアカスズメバチは、外来種のハチです。体長は、女王バチが30mm、働きバチが20mm程度で、活動時期は4月から12月までです。見た目は黒っぽく、腹部には赤褐色の波紋があります。

そんなツマアカスズメバチは、初期段階では木の茂みなどの低い場所に巣をつくるのですが、巣の規模が大きくなると高い場所に引越す習性があります。高層マンションのベランダやビルなどの人の生活圏内にも巣をつくることがあるのです。

ツマアカスズメバチは攻撃性が高く執拗に敵を追い回すので、巣を放置しておくと刺されてしまうおそれがあり危険です。そのため、できるだけ早く駆除しましょう。

さらに、ツマアカスズメバチは増加スピードがすさまじいことでも知られています。ヨーロッパやアジアのあらゆる場所にも広がっているので、海外でも被害事例が多くあります。

ハチの駆除は業者に依頼しましょう

ハチを家の周りで頻繁にみかける場合は、近くに巣があるおそれがありますので、放置するのは危険です。刺激していなくても、攻撃性の強いハチには刺されてしまうこともあります。

また、ご近所にも被害が出てしまう場合がありますので、トラブルを避けるためにもハチをみかけたらできるだけ早い対処が必要です。ただ、これまで説明したとおり、危険なハチも多いため自分で駆除するのはおすすめできません。ハチを駆除する場合は、業者に依頼するようにしましょう。

ハチの被害を受けないための予防策

ハチの被害を受けないための予防策

アウトドアで山に出かけるときなども、ハチには気をつけなくてはなりません。そこで、ここからはアウトドアに出かける際に参考にしたい、ハチ予防策をご説明します。

ハチから身を守るための3か条

まずは、ハチから身を守る予防策を3つご紹介します。

●匂いの強い香水やシャンプーなどは避ける

匂いの強い香水やシャンプーの中には、スズメバチが興奮する成分が入っています。スズメバチを刺激すると攻撃性が高くなって人を襲うこともありますので、アウトドアに出かける場合には匂いの強い香水やシャンプーは避けるようにしましょう。

●黒色のものはできるだけ身に着けない

ご存知の方も多いかもしれませんが、ハチは黒色に反応します。とくにスズメバチは黒いものに反応する傾向があり、ほかにも濃い色(赤、青など)にも反応します。ハチ対策としては、黄色やオレンジなどを着ると安心です。黄色やオレンジでなくても、なるべく薄い色を身につけることを心がけるようにしましょう。

●長袖などを着て肌の露出を減らす

アウトドアに出かけるときは、なるべくは肌の露出を控えるようにしましょう。長袖、長ズボンを身につけていれば、万が一ハチに刺されても被害が小さくて済むかもしれません。

スズメバチの攻撃対象にならないようにする

スズメバチに「敵」だとみなされた場合、攻撃対象となります。では、敵だとみなされる場合とは、具体的にどういったものなのでしょうか。

【スズメバチの攻撃対象とは】

スズメバチが人間を攻撃する場合は、「餌場を荒らすと判断された場合」「巣に危害を加える場合」の2パターンがあります。スズメバチは、人間が巣や餌場に近づいたときに、餌場を荒らしたり、巣に危害を加えたりするものを敵とみなします。

匂いの強いものや黒いものを避けることは自分でも心がけることができますが、知らず知らずのうちにハチの巣や餌場の近くに入ってしまうこともあり得ます。その場合、どうしたらスズメバチの攻撃を避けることができるのでしょうか。以下でお伝えしていきます。

【カチカチ音に要注意】

スズメバチの攻撃対象とならないためには、「カチカチ音」に気をつけましょう。スズメバチは、巣に人などが近づくと「これ以上入ってくるな」という警告音を出します。それが「カチカチ」という音なのです。また、カチカチ音に加え、周囲を大きな弧を描いて飛び回る習性もあります。

その間にスズメバチの巣から離れないと、攻撃されるおそれがあります。そのため、カチカチ音を聞いた場合やスズメバチが大きな弧を描いて飛び回っている場合は、すぐにその場から離れるようにしましょう。

【豆知識】スズメバチが集まるヤブガラシとは

スズメバチが集まる「ヤブカラシ」という植物があります。この章では、ヤブカラシとスズメバチの関係についてご説明していきます。

ヤブガラシとは

ブドウ科・ヤブカラシ属のツル性植物で、全国のあらゆる場所に生えています。また、地下茎が広く張り巡らされていることが特徴で、とても生命力が強いです。茎が長く、ツル状となってほかの植物やフェンスに絡みつきます。

ヤブガラシにはスズメバチが集まる

ヤブカラシは、夏になると花を咲かせます。雄しべと花弁は脱落し、雌しべだけが残ります。この雌しべにはたくさんの蜜があることに加え、雄しべと花弁がないので蜜を吸いやすいことから、たくさんの昆虫が蜜を吸いにやってくるのです。そして、スズメバチも蜜を吸いに来る昆虫のひとつです。

ヤブガラシを除去するには

では、スズメバチを引き寄せてしまう「ヤブカラシ」が家の周りに生えていた場合、どう除去したらよいのでしょうか。ヤブカラシを除去するためには、「ほかの植物に巻き付いている茎の部分をほどき、地面に置く」という方法が有効です。

ヤブカラシはほかの植物に巻き付くことで生長するので、ほかの植物からほどけば生長をストップさせることができるのです。

雑草対策として手で引き抜く方もいるかもしれませんが、ヤブカラシは土の中に地下茎が広く張り巡らされていますので、引き抜いてもまたすぐに生えてきてしまいます。そのため、ヤブカラシを見かけたら「ほかの植物からほどく」という方法で除去するとよいでしょう。

まとめ

スズメバチは、ハチのなかでもとても危険なハチです。そのため、アウトドアなどに出かけるときにはしっかりと対策をすることが重要です。匂いの強いものや黒い服は、スズメバチが興奮してしまいますので、避けるようにしましょう。

また、攻撃対象とならないためにも、スズメバチの餌場や巣には近づかないようにしましょう。スズメバチがカチカチ音を出したり、大きな弧を描いて飛び回ったりしている場合、スズメバチの餌場や巣に近い合図ですので、すぐにその場を離れるようにしてください。

万が一家の周りでスズメバチを頻繁にみるようになったら、自分で駆除せず、専門的な知識を持った業者に依頼するようにしてくださいね。

【ハチ駆除・対策に関する記事はこちら】

スズメバチの冬の巣は自力駆除できる!手順・スズメバチの生態も解説
キイロスズメバチの生態を解説!危険度トップ!?「引越し」に要注意
クロスズメバチって危険なの?生態と毒の危険性について解説!
スズメバチの天敵|食べる、すみかを奪う、命を奪う動物を詳しく解説
スズメバチの巣は危険度MAX!身を守るために見分け方を知ろう

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!